« ひとりでLIVEハウスへ行こう | トップページ | 上を向いて歩こう »

2011年8月10日 (水)

うつむいて歩こう

「上を向いて歩こう」
オバケじゃないほうのQちゃんがそんな歌をうたっているらしい。

しかしなかには天邪鬼の御仁もいるとおもう。
「右と言われたら左」
「西と言われたら東」
その体で行くと
「上と言われたら……うつむく!」

はい。できました。

女の子にフラれた、とか。
テストで赤点とった、とか。
うつむきたい気分の時もおおかろう。
そうじゃろう。そうじゃそう。

Img_1088 Img_1089
フロアランプ。作者の分身。

ポケットに小銭しかない時(いままさに作者の状況)、とかもそうだ。
ちょっとホントに、ひとり帰宅難民になるんじゃなかろかと不安でいっぱいです。
そうなったら「東京ヒッチ・ハイク」に遊びを変更します。

では、気をとりなおして、うつむいて歩こう。

Img_0422
歩道橋の上のアヒル隊長「準備はいいかっ!」イエッサー!

Img_0539
こどもの落書きを発見する 写っていないがかなり自由奔放なワイルドサイズ
Img_1026
よくわからない物体 ……ハロハロ?

Img_1033
電車の車内でうつむく けっこう柄が細かい けっこう汚れが目立つ

Img_1034
駅のホームでもうつむく けっこう電車との隙間があいている

Img_1054
東京都の道界プレート発見 スパイの暗号?ではないらしい

Img_1059
銀杏模様のプレート タイルの上に落ちる木漏れ陽がキレイ

Img_1097
排水溝のなかの植物園 元気いっぱい 雨水で溝が溢れても凹まない

Img_1123
スパイの暗号その② 読売アイツの陰謀だろうか

Img_1128
美術館への道筋をそのままプレートにした意欲作 踏まれても凹まず道案内します

Img_1099
月齢9.91の宵月⇒よいづき⇒良い月!


月がキレイだったので、うっかり空を見上げてしまった。
しまった!!

じつはこの道のプロフェッショナルがすでにいる。
アメリカのプロスケーターおよびアーティスト:ボビー・プーリオ(Bobby Puleo)である。
道に落ちているモノを集めてインスタレーションを作っているそうです。
道に落ちているモノをうつむいて拾っていると、待ち合わせ場所に着く、そうです。

プロフェッショナル!!

28人へのインタビュー

※前向きな方はコチラ⇒上を向いて歩こう

« ひとりでLIVEハウスへ行こう | トップページ | 上を向いて歩こう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/41162004

この記事へのトラックバック一覧です: うつむいて歩こう:

« ひとりでLIVEハウスへ行こう | トップページ | 上を向いて歩こう »

無料ブログはココログ