« 半七塚をさがしてみた | トップページ | 相模國一之宮寒川神社へ流鏑馬 »

2011年9月20日 (火)

グリーンフォークを買いに

ここ数年「なんとか女子」が流行っている。
大流行の「美ジョガー」(しょっぱなから”女子”でない)
NKKが専門の番組まではじめてしまった「山ガール」
本当に増加傾向にあるのかどうか疑念がぬぐい切れない「釣りガール」
文科系なら「カメラ女子」「腐女子」……えとせとら。

そして「ゴルフ女子」!!
とりあえず真の流行であるかどうかの検証は専門家におまかせして
「~女子」「~ガール」すべてに共通することがある。
ファッション!!
せっかくなので、もういちど言おう。
ファッション!!
(腐女子はナチュラル系ファッションの亜種です)

達成度を競うスポーツにおいてさえ……見栄え。
しかし、見栄え。されど、見栄え。なにはなくとも見栄え。
そのためなら彼女たちの信念は岩をも砕くであろう。
前置きが長くなったが作者がゴルフに興味を抱いた事実を白日の下に晒したい、というだけのことだ。
せっかくなので、さらにもういちど言おう。
ファッション!!

雑誌の特集記事で「ゴルフ女子のトータルコーディネート」まできたらなかなかのもんだとおもったのです。はい。
各ブランドもこぞって「ステキ無敵に見える」ゴルフウェアなるものを発売している。はい。
しかしファッションだけではゴルフは出来ないはずだ。はいはい。
ラウンドするとなるとお金も時間もけっこうかかるし、小物もいろいろ必要だ。
そしてどんな小物が必要なのか、「初心者ゴルフナビ」というサイトで調べてみた。
まずボール、グローブ、マーカー、ティー、スコアカウンター……そしてついにスゴイものを発見してしまった。

グリーンフォーク!

なんだそれは!
グリーンフォーク解説::グリーン上に残ったボールの落下跡を修復するために使う尖った小道具らしい。これを使ってディポット跡をきちんと直すと夏季なら数日で芝が回復するらしい。パターで表面を軽く叩いてなるべくフラットに戻すらしい。
……らしい。

グリーンフォーク!
なんて甘美な響き。カトラリーって心躍りますよね。様式美だからでしょうか。
だってフォークがポッケに入っているんですよ!
ウッズのポッケにも。遼くんのポッケにも。
おー。
しかも自分で自分のプレーの痕跡を消すなんて、なんてジェントリーなスポーツなんだ!(バンカーにもスレーキが必ず置いてあるらしい)
おー。
というわけで、買いに走る(走ったのはホントウ)
念のため、えー、作者はゴルフをやったことがありません。打ちっぱなしも未経験。
ささっ、行こう!グリーンフォークを買いに!

1
花が届いている オープンしたばかりのようだ

「大型スポーツ専門店」なら、グリーンフォークがこうズラーッと並んで……
と期待したのだが、並んでいない!
そしてイメージしていたのと違う!(実際はこんなの↓)


だいたい5ブランド、各3アイテムずつが棚にかかっていた。
こんなのフォークじゃない!フォークじゃないよ……
おとなりのマーカーのほうはもっと「戦国武将シリーズ」とか「ルパン」とかバリエーションが豊富なのに……
なんて地味なんだ!グリーンフォーク!

念のため店員さんにたずねてみる。
「すみません……グリーンフォークってこの棚だけですか?」
「え?グリーンポーク?」
グ、グリーンポーク!ぜんぜん違う!
グリーンポークって……「紅の豚」の続編なのかな……「碧の豚」……おっと、それはそれで斬新だっ!
いえいえ、その店員さんはゴルフ用品担当の方を連れてきてくれました。
「そうですね~、アイテムをご指定頂ければお取り寄せはできます」
という感じの回答を頂いた。

いえもっと「グリーン」っぽい、「フォーク」っぽいモノを探しているんです、とは言えなかった……

グリーンフォークを手作る
存在しないのならコネコネするしかねぇ!というわけで、やってきました100円ショップの雄「ダイソー」
2
※参考写真

えー、100円ショップの「ズラーッと商品が陳列されている風景」がすきで
店内でシャッターを切りまくっていたら(もちろん無断)
最近、作者が入店すると同時に「店内での撮影はご遠慮ください」というアナウンスが
流されるようになりました。
えー、勧告です。ワル目立ちの悪い方の例です。実力行使に訴えられる前に退散です。
「もうこの店で買い物できねぇな」とおもっております。はい。

そんなことはさておき
3
すばらしく緑色のねんど

「ふわっと軽いねんど」を購入しました。やっほー。

4
参考用にフォークも購入しました はさみは粘土の切断用

5 6
コネコネ

……なんか、ちがう!

8
コネコネコネコネ

……なんか、ぜんぜんちがう!
しっかりカタチにならないなー。うーむ。
そうだ!芯が必要だな。

9
じゃーん

なんで持っているのか思い出せない「アルミ針金」を取り出した。パカラぱっぱーぱー。

10 11
これをクルクルして あるいはこうクルクルして

12
肉付けすれば……

14

……やっぱり、ちがう!

15
なんかもう、怪獣の手?

16
せっかくなので肉球もつけてみた

あれ~?ぜんぜんちがうなー。
どうしよう。

17
気温25℃湿度72%の息苦しい室内でいったい何をしているんだろう……

そういえば昔、こういう造形の授業が大嫌いで、課題を一切つくらずに本を読んでいたら
教師に「出ていけ」と言われたりしたなー(出て行かなかったけど)
その時読んでいた本に「人はみな、自分自身の肌合いに最も自然であることを、最も巧みにやれるのである」by塩野七生「ローマ人の物語」
って書いてあったなー。本を読むことは肌合いにあっているんだけどねー。


そんな言い訳はさておき、

21
今度は針金をたくさん切断してみた

22 23
たくさんクルクルしてみた

これでしっかりするはずだ!

24
…………

フォローする言葉もない。こんなの石川遼プロのポッケに入っていたらイヤだな。

25
失敗作の山 もはやアルプスを形成しております

26
「くれ~なず~む町の~ひか~りと影の~なか~」

日没時刻をもちまして、今回の「苦手な造形克服大作戦」は終了いたしました。
またのご来店を心よりお待ちしております。

« 半七塚をさがしてみた | トップページ | 相模國一之宮寒川神社へ流鏑馬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/41853140

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンフォークを買いに:

« 半七塚をさがしてみた | トップページ | 相模國一之宮寒川神社へ流鏑馬 »

無料ブログはココログ