« おかしのカラダ | トップページ | バンドTOMOVSKY2012@渋谷O-WEST »

2012年5月19日 (土)

かわさき宙と緑の科学館

先月リニューアルオープンした、神奈川県川崎市・生田緑地内にあるかわさき宙と緑の科学館へプラネタリウムを観に行ってきました。

リニューアル前の仮設ドームへ行ったときの浮かれた記事はコチラ⇒川崎市青少年科学館プラネタリウムへ行ってきた:ついでに岡本太郎美術館も

1 2
小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩15分             ドラえもん先輩ほんじつも輝いております

3 4
「川崎発、宇宙行き。」のポスター                     真新しい科学館の建物

5 6
混雑状況を表示する映画館の入口みたいになっていた         2Fテラスがいい感じ


いい感じのテラスで聞こえる鳥の声

「全席自由当日券のみ」なので団体様とかリニューアルフィーバーとかの可能性を考慮し、
チケット発売開始時刻(朝9:30)を目安に到着すると、既にちらほら人がいました。
平日の開館特別投影プログラムに関しては人気はあるけどフィーバーしていませんでした。定員202名がほどほど埋まらないくらい。

7 8
ウグイス色じゃないウグイス先輩!                        グリーンアイ!

プラネタリウムは有料ですが、科学館じたいはFREEでたのしめます。川崎地域にくらす鳥標本が充実していました。作者はけっきょく1時間いじょうウロウロし続けました。エンジョイ。

9 10
オシャレ雑貨店のごとくに並べられた木の実             ヒマラヤスギの実さわれます

11 12
プラネタリウムへGO                     最新メガスターはかっこうの被写体

名物解説員のおじいちゃんが引退してしまったわけですが、今回は若い女性でした。
内容は「川崎発、宇宙行き。」。豪華なかんじ。
プラネタリウムは照明を落としてふだん見えない星空を映した瞬間の浮遊感がなんともいえませんな。

13
特筆はパイプ椅子から大出世を遂げたリクライニングシート


14 15
せっかくなので枡形山にものぼった                        展望台

あきらかに黒い、きな臭い雲がモクモクしているなぁ、とおもっていたら、雷雨にあたりました。鳥の声を採取しようと録音していたレコーダーに雷がとれたので良かったらおたのしみください。遠足のちびっこたちがキャー言ってます。

傘を杖代わりに歩いていたのではじめのうち結構うるさいですが

まとめ:やっぱり生田緑地サイコー。

« おかしのカラダ | トップページ | バンドTOMOVSKY2012@渋谷O-WEST »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/45313152

この記事へのトラックバック一覧です: かわさき宙と緑の科学館:

« おかしのカラダ | トップページ | バンドTOMOVSKY2012@渋谷O-WEST »

無料ブログはココログ