« アサガオの観察日記;4週目 | トップページ | 蔦ハウス・コレクション »

2012年8月26日 (日)

死に場所をもとめて

ある朝ふと目覚めたときに、もうなにもかも馬鹿馬鹿しいから、死んでしまおう。とおもった。
しかし、この仮住まいで死ぬわけにもいかないな、とベッドの上から殺風景な部屋のなかを見まわした。これ、借り物だもんな。

しかし、車や電車にとびこむにしても運転手が気の毒だし目撃者も気の毒だ。高いところから飛び降りるにしても、下をTHE BACK HORNでも歩いていて巻き添えにしてしまったらと考えると死んでも死にきれないし(だれであってもナシだが)。飛び降りにわざわざエッフェル塔まで行ったらフランス人に怒られるだろうな。山奥って言ったって国家領内であればどんな山にも所有者はいるだろうしメーワクって言われるだろうなーじぶんの遺体が発見されないようにじぶんに火をつけるとか……いんや山火事にでもなったらアレだ。川かー、でもうっかり飲み水にしているところに入っちゃうとねぇ。洞窟……海、海って入ったことないんだよね。しょっぱいのかな一番よさげなのは人食い鱶のハラん中かなーでもどこにいるのかわかんねぇし。肉食系に喰われるんなら猛禽類がいいなシロフクロウすきだなそうか南極は空白地帯だな空白地帯と言えば紛争……ラピュタか。

どこかにイイ死に場所はないだろうか。

まずは遺言書だ
死に場所は未定だが、まっとうに死すべく、とりあえず遺言書キットを購入した。

1_2
コクヨから文房具として発売されているLES-W101 遺言書キット(遺言書虎の巻ブック付き)

「遺言書 虎の巻」と題された説明書を読むと「遺言執行者」なる相手を指定しろ、とあった。
…………ゆいごんを頼めるくらいの相手がいるなら、自死する必要ないやんけ、とおもった。
なんか違うので、ゆいごんは書かないことにする。

つぎにロープを購入した

3
綿ロープ10m也

ちなみにコレで縊れるためではない。梁とかないし。

正しい使い方はこう↓
5
「警部殿! ソファミレミファレは横向きでたおれておりました」

いま仮住まいで孤独死した場合、こうなるのかー、としばしジッと見つめる。
リアル。サイズは作者の1/1。(つまり実際に横になってカラダのまわりにロープをめぐらせた)。たぶん警部は来ないけどな。要人じゃないから司法解剖もされないし。

10mではけっこう余るので作者の1/1サイズにロープを調整してみた。

ほかにもバリエーションを検討してみる↓
6
「警部殿! ソファミレミファレはVサインで息絶えておりました」

ピースで斃れた場合、こうなるのかー。しばしジッと見つめる。

もっと検討してみる↓
7
「警部殿! ソファミレミファレは壁にはりついて事切れておりました」

イモリかヤモリのようにペッタリ貼りついて……地球の引力にケンカを売る死にざまだ。

もっとなんかないだろうか↓
8
「警部殿! ソファミレミファレの心臓がのこされていました」

厚紙をハート型に切って赤く塗りました。うん、急にかわいくなったな。ラブリー♪

もっとなんかないか↓
9
「警部殿! ソファミレミファレはベッドの上で息をひきとりました」

うーん、ベッドはなかなか生々しいので却下。

もっといい感じにないか↓
10
「警部殿! ソファミレミファレは腰掛けたままいけなくなりました」

いつも座っているのに、死んでまで座っていたくないなー。

もっとらく~な感じがいいか↓
11
「警部殿! ソファミレミファレはラグマットの上で没しました」

うん。やっぱり寝ころぶかんじがいいよね。出来ればやわらかいところで。
それから静かでおおきな樹なんかがあるといいよね。風通しもいいといいな。月も見れる場所がいいな。

そんなわけで、死に場所をもとめておもてへ出かけてみよう。

13 14
「警部殿! ソファミレミファレは公園のハトたちに見守られながら卒しました」
Photo_3                               走馬灯


15 16
「警部殿! ソファミレミファレは河川の護岸でこっそり生涯を閉じました」
1                               走馬灯
              


17 18
「警部殿! ソファミレミファレは桜の咲いていない桜並木で瞑目しました」
2                                 走馬灯

走馬灯のようにめぐる景色とともに思い出したことば。

その1;軽妙洒脱にあこがれを持つ層へおくる言葉
「死にたい死にたいといふ人の、死にたがった例はねへ。死んで見たら、また生きたがるだらう」

式亭三馬「浮世風呂」

その2;インテリ気取りたちへおくる言葉
「名誉と知識と幸福がわたしのものでないのなら、そんなものは他人にくれてやろう。わたしの場所は地獄であってもよいから、天国を存在せしめよ。わたしは凌辱され滅ぼされようとかまわない。しかし一瞬によって、ある存在によって、『あなたの』広大な図書館の存在は正当化されなければならないのだ」

J.L.ボルヘス伝奇集「バベルの図書館」

その3;2011年3月11日演奏会のため東京にいた英国出身指揮者ダニエル・ハーディングが後日インタビューで答えた言葉(意訳)
「こういうときに大切なのは、ひとりきりでいないことだ」


その4;ずいぶん前に雑誌「音楽と人」に書いてあった言葉
「じぶんのことを、いい奴じゃない、なんて言うやつはたいてい、いい奴だよ」


もう疲れたから、おれ寝る。


本日のループソング:J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」

« アサガオの観察日記;4週目 | トップページ | 蔦ハウス・コレクション »

コメント

始めまして。こんばんは。
Ukiと申します。
死に場所を求めるべく、フラリとググったら貴方のブログに着きました。
何だか少し気持ちがほっこりしました。
遺言書のくだりと、走馬灯の挟み込みには笑わせて頂きました。

どうもありがとう。
おやすみなさい。

死に場所を探していたらたどり着きました
泣きながら探してたのに記事よんでニヤリとしてしまいまだ大丈夫かなと思えました。ありがとう。
他にも面白そうな記事がたくさん。
少しずつ全部読んでみたいと思います。

簡単に死ねたらいいのに。

本当…迷惑がかからない場所 どこかなぁ子どもが病気辛いです 主人や長女、周りの人悲しむのごめんなさい。

先程書き込みましたが、本当に投稿されると思わなかったですsweat01
生きるしかないので頑張ります。

よかった

死に場所で検索したら、あなたのサイトへ。思わず笑いました。あぁまだわらえるんだ。もう少し生きてみます

死に場所を探していたらここへ…同じような人は多いものですねw

私も悲観的な気分で死に場所を検索してここに辿り着きました。
(今すぐどうこうとまでは思い詰めていませんが)

記事を読んで楽しい気分になりました。
この世もそう捨てたものではないですね。

それではお目汚し失礼しました。
ごきげんよう。

生きるのに疲れました

生まれたことも、何もかもリセットしたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/46519085

この記事へのトラックバック一覧です: 死に場所をもとめて:

« アサガオの観察日記;4週目 | トップページ | 蔦ハウス・コレクション »

無料ブログはココログ