« FC町田ゼルビアvs湘南ベルマーレ観戦 | トップページ | ベネッセスタードーム »

2012年11月16日 (金)

ギリシア神話まとめ3313神くらいまで

古代ギリシア神話には、たくさんの神々(と、その他)が登場する。ぜんぶをおぼえきるのはなかなか難しい。

そこで、神々その他の名前をわすれないように、紀元前700年頃の詩人ヘシオドスの『神統記』(テオゴニア)をもとに、落書きしながら数えてみることにしました。
4                         とりあえずカオス生まれる

カオスは神ではなさそうなので、ノーカウント。

原初のカオスから生まれたひとたち(神だけど)
11 14
エロス(愛)、ガイア(大地)、タルタロス(奈落の底)、      エレボス(幽冥)、ニュクス(夜)

①エロス=不死の神々の内でもきわめて美しく、思慮をすっ飛ばさせる。
②ガイア=胸の幅がきわめて広い
③タルタロス=ポジションはガイアの奥底。青銅の鉄床(かなとこ)が天から落下しつづけて9日9夜、10日目にガイア(大地)へ届く。その大地からさらに落下しつづけて9日9夜、10日目にやっとタルタロス(奈落の底)へたどりつくくらい暗くて深いところ
④エレボス=タルタロスにお住まい
⑤ニュクス=登場のたびに『暗い』『破滅の』という形容詞をつけられる

15_2                         ④エレボス(幽冥)×⑤ニュクス(夜)

エレボス(幽冥)×ニュクス(夜)から生まれたひとたち
16
⑥ヘーメラ(昼)、⑦アイテール(大空)

18_2                             ②ガイア(大地)
ガイア(大地)から生まれたひとたち
19 20
ウラノス(天空)、                               ポントス(海原)

⑧ウラノス=ガイアと同じ大きさ
⑨ポントス=不毛の海
この他にも高い山々を生んだらしいが、神格はないようだ

21                        ⑧ウラノス(天空)×②ガイア(大地)

ウラノス(天空)×ガイア(大地)から生まれたひとたち
22 23
⑩オーケアノス(太洋)、⑪コイオス、⑫クリオス、⑬ヒュペリオーン(高みを行く者)、⑭イーアペトス、⑮ティアー、⑯レイアー、⑰テミス(正義の掟)、⑱ムネーモシュネ―(記憶の女神)、⑲ポイベー(輝く女)、⑳テティス(水の女神)、㉑クロノス(農耕神)、㉒ブロンテ―ス、㉓ステロペース、㉔アルゲース

・ティーターン(巨人神族)=無頼な所業に気を張りつめて(ティノー)非道な悪事をやってのけたが、その報い(ティーシス)が後にやってくる、という呪いの綽名
オーケアノス=深渦を巻く太洋
ムネーモシュネ―=関係ないけどMNEMOSYNEニーモシネの読み方でマルマンがノートのシリーズを販売している
ポイベー=黄金の冠をつけている
テティス=愛らしい水の女神
クロノス=悪知恵に長けた恐るべきもの。強壮な父(ウラノス)を憎んでいる
※名前だけ羅列されたひとたちの詳細は不明

・キュクロープス(円い目)=額の真ん中に一つ目があることからついた綽名
ブロンテ―ス=不逞な肝をもっている
ステロペース=不逞な肝をもっている
アルゲース=頑なな心をもっている
のちに、ゼウスに雷鳴と雷電を造って贈ったひとたち

24
㉕コットス、㉖ブリアレオース、㉗ギュエース

・ヘカトンケイレス(百手巨人たち)=傲慢な息子たち
巨大な身体でその頑丈な四肢にはそれぞれ50の首、肩には100の腕が伸びていて豪胆で強力←千手観音のイメージ

ティーターンにはもうひとり、㉘ディオーネーという美しい女神がいたとかいないとか。

25_2                       ②ガイア(大地)めっちゃ激怒する

ウラノス(天空)は、上記の恐るべき子どもたちを憎み、生まれるとすぐにガイア(大地)の奥底へ隠したため、腹いっぱいに詰め込まれたガイア(大地)は呻き、その非道な仕業に激怒して復讐を企て、愛しい子どもたちに密計を語ったそうな。

27_2                        「愛しい母上、わたくしが殺ってやります!」

尻込みする子どもたちのなかでただ一人、復讐に名乗りをあげた㉑クロノス(農耕神)に、ガイア(大地)は喜び、灰色の鋼鉄の族で大鎌をこしらえて、それを与えたそうな。おそろしや。

28 29
そんなことは露知らない⑧ウラノス(天空)が夜を率いてやって来たところを、バッサリ!!!

30                        ②ガイア(大地)が血痕をうけとめた「ビシャッ!」

その血痕から生まれたひとたち
31
エリーニュス(復讐の女神たち)、ギガンテス(巨人たち)、メリアイ(妖精たち)

エリーニュス=㉙アレークトー(止まない者)、㉚ティーシポネー(殺戮の復讐者)、㉛メガイラ(嫉妬する者)三人一組という説もあり蛇の髪の毛とか、目が血走っているとか、老女とかさんざんな言われよう。罪人をどこまでもどこまでも追いかけ、その耳に罪悪を囁き続けて狂気に追い込むらしい。ちょうコワい。
㉜ギガンテス=輝く鎧と長槍を身に着けている。でも人数は不明なので1。
㉝メリアイ=トネリコ(樹)の妖精たち。やっぱり人数は不明なのでカウントは1。

32                        陰部(仮)をバッサリやられちゃった方の⑧ウラノス(天空)。でも健在。

海原に投げ込まれたウラノス(天空)の陰部から生まれたひと
33 34_2
㉞アプロディテ(泡から生まれた女神)                 お伴には美しい①エロス(愛)と㉟ヒーメロス(欲望)

アプロディテ=別名キュテレイア。美しい乙女であり、海から陸に上がるとその優しい足元から草が萌え出たとか。彼女の持ち分(モイラ、特権)は甘い囁き、微笑み、快い欺瞞、情愛、優しさ。
このひとまでティーターン(巨人神族)に分類される。

35                            話はかわって⑤ニュクス(夜)

ニュクス(夜)から生まれたひとたち
36 37
㊱モロス(定業)、㊲ケール(凶運)、㊳タナトス(死)、㊴ヒュプノス(眠り)、㊵オネイロイ(夢)、㊶モーモス(非難)、㊷オイジュース(苦悩)、㊸ヘスペリデス(黄昏の娘たち)、㊹モイライ(運命の女神たち)、ケーレス(命運)、㊽ネメシス(義憤)、㊾アバテー(欺瞞)、㊿ピロテース(愛欲)、51ゲーラス(老齢)、52エリス(争い)

ヘスペリデス=黄金のリンゴの実をつけた樹木を守護している。何人か。
ケーレス=㊺クロート、㊻ラケシス、㊼アトロポスは人間どもに悪運と幸運を授ける。運命を逸脱した者への復讐は容赦ないらしい。ちょうコワい。
ネメシス=死すべき人間どもにとっての禍い
エリス=頑なな心をもっている

38                         そんな52エリス(争い)

エリス(争い)から生まれたひとたち
39 40
53ホノス(労苦)、54レテ(忘却)、55リーモス(飢餓)、56アルゴス(悲歎)、57ヒュスミーネー(戦闘)、58マケー(戦さ)、59ポノス(殺害)、60アンドロクタシア(殺人)、61ネイコス(闘争)、62プセウドス(嘘)、63アンピロギア(口争い)、64デュスノミア(不法)、65アアテ(破滅)、66ホルコス(誓い)

ホルコス=だれかが偽りの誓いを立てると人間どもを苦しめるんだとか

Img_5831                         話は⑨ポントス(海原)にもどる

ポントス(海原)から生まれたひと
Img_5941
67ネーレウス(老人)

ネーレウス=ポントスの長子。誠実で優しく、正義と思慮深さをそなえているため老人と呼ばれている。もちろん属性は海。

Img_5833                       ②ガイア(大地)×⑨ポントス(海原)

ガイア(大地)×ポントス(海原)から生まれたひとたち
Img_5834
68タウマス、69ポルキュス、70ケートー(海の怪物)、71エウリュピエー(海の女神)

ポルキュス=物静かな入り江や浜辺に住んでいる
ケートー=頬美しい女神
エウリュピエー=鋼鉄の肝を持っている

Img_5942_2                       72ドーリス(海の女神)×67ネーレウス(老人)

ドーリス=オーケアノス(太洋)の娘で豊かな髪をもっている

ドーリス(海の女神)×ネーレウス(老人)から生まれた51人の娘たち(ネーレーイス)Photo

73プロート―、74エウクランテー、75サオー、76アンピートリーテー、77エウドーレー、78テティス、79ガレーネー、80グラウケー、81キューモトエー、82スペイオー、83トエー、84ハリエー、85パーシテエー、86エラトー、87エウニーケー、88メリテー、89エウリメネー、90アガウエー、91ドートー、92ネーメルテース、93ペルーサ、94デューナメネー、95ネーサイエー、96アクタイエー、97プロートメディア、98ドーリス、99パノペイア、100ガラティア、101ヒッポトエー、102ヒッポノエー、103キューモドケー、104キューマトレーゲー、105アンピトリーテー、106キューモー、107エーイオネー、108ハリメーデー、109グラウコノメー、110ポントポレイア、111レーアゴレー、112エウアゴレー、113ラーオメディア、114プーリュノエー、115アウトノエー、116リューシアナッサ、117エウアルネー、118プサマテー、119メニッペー、120ネーソー、121エウポンペー、122テミストー、123プロノエー

娘たちの特徴=女神にも劣らない容色をもっている、つまり不死なる神々ではない。手仕事に秀でていた。

Img_5840                      124エーレクトレー(オーケアノス太洋の娘)×68タウマス

エーレクトレー(太洋の娘)×タウマスから生まれたひとたち
Img_5955
125イーリス(虹)、126アエルローと127オーキューペテース(旋風)

イーリス=娘。脚がはやく風や鳥のようにいろいろな知らせをもたらす
アエルロー・オーキュペテース=髪が豊かですばやい

Img_5841                      少し戻って69ポルキュス×70ケートー(ガイア×ポントスの子)

ポルキュス×ケートーから生まれたひと&その子たち
Img_5843
グライアイ、ペンプレードー、エニューオー、ステンノー、エウリュアレー、メドゥーサ

128グライアイ=灰色の髪の持ち主

・グライアイの子たち
129ペンプレードー=みごとな衣を着ていた
130エニューオー=クロッカス色の衣をまとっていた
131ステンノー、132エウリュアレー、133メドゥーサはゴルゴン(恐ろしい怪物)=太洋の彼方、夜(ニュクス)の娘であるヘスペリデス(黄昏の娘たち)の憩うあたり、夜との境目に棲む生きもの。ちなみにメドゥーサだけ不死でなく、頭髪が毒蛇、見たものを石に変える力あり

Img_5956                        134ペルセウスが133メドゥーサの首をはねた!

ペルセウス=アクリシオスの娘ダナエの息子。父親は黄金に変じたゼウスらしい。セリーポス王ポリュデクテースにゴルゴンの首を所望され……この話は長くなるからやめとこう。

メドゥーサの血から生まれたひとたち
3
135クリューサーオール(黄金の剣)、136ペガサス(有翼の馬、意味は泉のほとり)

クリューサーオールとペガサスの父親は海神ポセイドンだとか。

Img_5963                                                      137カルリロエー(太洋の娘)×135クリューサーオール(黄金の剣)

カルリロエー(太洋の娘)×クリューサーオール(黄金の剣)から生まれたひと
Img_5964
138エキドナ、139ゲーリュオネウス

エキドナ=半神は瞳きらめく美しい女精、半神は大蛇。洞穴に住み生肉を喰う。不老不死身。
ゲーリュオネウス=3つの首を持つ

Photo_2                        のちに139ゲーリュオネウスは3313ヘラクレスに弓で退治されてしまう

ヘラクレス=ミュケーナイの王女アルクメーネーとゼウスの息子。イーピクレースは異父兄弟。身体は六尺、眼から火が輝いていたとか。訳あって12の労役をしたうちのひとつ。

Img_5970                       138エキドナ×140テュパオーン

テュパオーン=乱暴で無法者

エキドナ×テュパオーンから生まれたひとたち
Img_5971
141オルトス(牧犬)、142ケルベロス(冥府の番犬)、143ヒュドレー(水蛇)

オルトス=ゲーリュオネウスに従う犬
ケルベロス=生肉を喰らう冥界の番犬。50の首を持ち、残忍な性格
ヒュドレー=ヘラに育てられた水蛇。やっぱりヘラクレスに殺される。

Img_5972                           そんな143ヒュドレーが!

Img_5973
144キマイラを生んだ!

キマイラ=恐るべき怪物。巨大な体躯に速い脚しかも剛力。獅子の首、牝山羊の首、竜の首の3つ首。燃え盛る火をすさまじく吐く。でもメス。やっぱり退治されちゃう。

Img_5976                           144キマイラ×141オルトス

キマイラ×オルトスから生まれたひとたち
Img_5977
145ネメアの獅子、146ピックス

ネメアの獅子=人間どもの厄災としてヘラによって育てられた。ネメアの山峡に棲み人間を食い殺す。ちょうコワい。でもヘラクレスにやられちゃう。
ピックス=のちにカドモス人たちを破滅させる原因となる。ちょうコワい。

Img_5841                         話はもどって69ポルキュス×70ケートー

ポルキュス×ケートーから生まれたひと
Img_5979
黄金のリンゴを守る147蛇

蛇=暗い大地の奥底で黄金のリンゴをとぐろを巻いて見張っている。神……かな。

Img_5980                       かなり戻って⑳テティス(水の女神)×⑩オーケアノス(太洋)

テティス(水の女神)×オーケアノス(太洋)から生まれたひとたち
2
3000人の娘(みんな湖)! おおいよ!

まずは息子(湧き音たてて流れる諸河)
148ネイロス、149アルペイオス、150エーリダノス、151ストリューモーン、152マイアンドロス、153イストロス、154パーシス、155レーソス、156アケローイオス、157ネッソス、158ロディオス、159ハリアクモーン、160ヘプタポロス、161グレーニーコス、162アイセーポス、163シモエイス、164ペーネイオス、165ヘルモス、166カイーコス、167サンガリオス、168ラドーン、169パルテニオス、170エウエーノス、171アルデースコス、172スカマンドロス、

つぎに娘(大地と湖の深みを司る)
173ペイトー、174アドメーテー、175イアンテー、124エーレクトレー、72ドーリス、176プリュムノー、177ウーラニエー、178ヒッポー、179クリュメネー、180ロデイア、137カルリロエー、181ゼウクソー、182クリュテイエー、183イデュイア、184パーシトエー、185プレークサウレー、186ガラクサウレー、187ディオーネー、188メーロポシス、189トエー、190ポリュドーレー、191ケルケーイス、192プルートー、193ペルセーイス、194イアネイラ、195アカステー、196クサンテー、197ペトライエー、198メネストー、199エウローペー、200メーティス、201エウリュノメー、202テレストー、203クリュセーイス、204アシエー、205カリュプソー、206エウドーレー、207テュケー、208アンピロー、209オキュロエー、210ステュクス

で、このほかに3000人! 211~3211まで! (名前はあるけど人間にはおぼえきれないそうな)

Img_5996              話は戻って⑬ヒュペリオーン(高みを行く者)×⑮ティアー(ウラノス×ガイアの娘)

ヒュペリオーン×ティアーから生まれたひとたち
Img_5998
3212ヘリオス(大いなる太陽)、3213セレネ(輝く月)、3214エーオース(光もたらす曙の女神)

Img_6034             ⑫クリオス(ウラノス×ガイアの息子)×71エウリュピエー(ガイア×ポントスから生まれた海の女神)

⑫クリオス×71エウリュピエーから生まれたひとたち
Img_6035
3215アストライオス(星空)、3216パラス・アテネ(女神のなかの女神)、3217ペルセース(なぜか人間でも賢い)

Img_6036                  3215アストライオス(星空)×3214エーオース(曙)

アストライオス×エーオースから生まれたひとたち
Img_6037 Img_6038
3218ゼピュロス(西風)、3219ボレアース(北風)、3220ノトス(南風)、3221エーオスポロス(暁の明星)、星座←ノーカウント

Img_6039              3216パラス・アテネ(女神)×210ステュクス(オーケアノス×テティスの娘)

Img_6040
3222ゼーロス(得意)、3223ニケ(勝利)、3224クラトス(威力)、3225ピエー(暴力)

ステュクス=のちにゼウスがティーターン神族との戦いに与するよう神々に呼びかけたさい、まっさきに子どもたちを引き連れてオリュンポス山へと馳せた(オーケアノスの指示)。なので、ニケ(勝利)をはじめとする子どもたちも、常にゼウスとともにあることになったそうな。ちゃっかり。

Img_6041       話は戻って⑪コイオス(ウラノス×ガイアから生まれた巨人神族)×⑲ポイベー(輝く女)

コイオス×ポイベーから生まれたひとたち
Img_6042
3226レト(黒衣の柔和な女神)、3227アステリエ(星の女神)

Img_6043                     3227アステリエ×3217ペルセース

アステリエ×ペルセースから生まれたひと
Img_6044
3228ヘカテ―(遠くまで力およぶもの)

ヘカテ―=大地、海、天空にそれぞれ領分があり、誉高き特権を持つ女神

Img_6045                  ⑯レイアー(ウラノス×ガイアから生まれた巨人神族)×㉑クロノス(農耕神)

レイアー×クロノスから生まれたひとたち
Img_6046 Img_6047
3229ヘスティア(炉の女神)、3230デメテル(穀物の女神)、3231ヘラ(貞節の女神)、3232アイデース(冥府の神)、3233エンノシガイオス(大地震わす神)、3234ゼウス(雷神)

ヘラ=黄金の靴をはいている
アイデース=冷酷な心をもち地下の館(冥界)に住む。のちの冥王プルートーン。強い。アイテムは隠れ兜。
エンノシガイオス=地震を司る神。のちの海神ポセイドン。黒髪。ちょう強い。アイテムは三叉の鉾。
ゼウス=末弟。全宇宙を司る雷神。神々と人間どもの父。アイコンは鷲。最強。アイテムは鎌と神楯アイギス。

Img_6048                        両親(②ガイアと⑧ウラノス)に相談する⑯レイアー

⑯レイアー「夫㉑クロノスが自分の玉座を奪われないように、子どもたちを呑み込んでしまうのよ~汗」
②ガイア「じゃ、産着をまいた石を代わりに呑み込ませればいいじゃない。それでもってゼウスくんはリュクトスでこっそり育てあげましょ。そうしましょ♪」
⑧ウラノス「……クロノスの気持ちわかるな~、おれもそうだったもん。うんうん」

Img_6049       すくすく成長した3234ゼウスが、幽閉されていた㉒㉓㉔キュクロープスたちを解き放つ!!

それまで②ガイアが大地の奥底に隠していた雷鳴・雷電・閃光を、㉒㉓㉔キュクロープスが3234ゼウスにお礼にと持ってきたことで、ゼウスが不死の神々のうちでも最強になったのら

Img_6050   ところで⑭イーアペトス(ウラノス×ガイアから生まれた巨人神族)×179クリュメネー(テティス×オーケアノスの娘)

イーアペトス×クリュメネーから生まれたひとたち
Img_6051
3235アトラス(天空)、3236プロメテウス(先見の明もつ者)、3237エピメテウス(浅慮)、3238メノイティオス(傲慢)

プロメテウス=その老獪さでゼウスを幾度も謀にかけたため、めっちゃ痛めつけられる
エピメテウス=その浅慮からゼウスから贈られた災厄・パンドラを受け入れてしまう

Img_6053       天を支える3235アトラスは㊸ヘスペリデス(黄昏の娘たち)の面前が居場所。なかよし?

Img_6054傲岸不遜な態度に怒った3234ゼウスによって3238メノイティオスは④エレボスへ落とされた! エレボス「いらっしゃいませ」

Photo3234ゼウスの怒りに触れた3236プロメテウスは足枷つけられ、不滅の肝臓を鷲によって永遠に貪り食われるというムゴい事態に!

Img_6065       ところで3313ヘラクレスは3239アルクメーネー(王女)と3234ゼウスの息子である

Img_6066                     3313ヘラクレスが鷲を退治してくれた! やったね!

それでも懲りずに3236プロメテウスがゼウスのもとから、火を盗んだため、ゼウスは人間のための厄災を造ることにした。それがこちら⇒
Img_6071     3240ヘーパイストス(工芸神)が土くれから3241パンドラ(運命の女)をこねこね!

パンドラ=彼女から女の族が生まれた。カロン・カコン(美しい悪いもの)として人間どもに大きな禍いをもたらす。テオゴニアには『結婚や女どもの引き起こす悲惨なこと』と書いてあるのだが、紀元前700年ころのヘシオドス(詩人)の過去になにがあったのかの方が気になるところ。

Img_6074                                           ②ガイアが3234ゼウスに言うには……

Img_6075ヘカトンケイレス(傲慢な息子たち㉕コットス㉖ブリアレオース㉗ギュエース)を大地の奥底から連れ戻してやれ、とのこと。

Photo   巨人神族ティーターンvsゼウス側オリュンポス神々の戦い(ティータノマキアー)がまる10年つづいていた
※オーケアノス(太洋)は不参加

ヘカトンケイレスの剛力で戦いはいっそう激しさを増したが、ガイアの予言通りゼウス勝利!

Img_6086 Img_6087 Img_6088           結果、タルタロス(奈落の底)に追いやられたティーターンがいっぱい!
※オーケアノスは除く。

Img_6089                    いっぽう、㉞アプロディテの手引きで②ガイア×③タルタロス

ガイア×タルタロスから生まれたひと
Img_6090
3242テュポーエウス

テュポーエウス=肩から100の竜の頭が生えていて、眼から火が出る。100の言葉尽くせぬ声を放つ。最恐。つぎの世界の治者かとおもわれたが……

Img_6091                      3234ゼウスがさっそく気付き雷電で猛攻撃

Img_6092                    3242テュポーエウスが③タルタロスへ投げ込まれてしまった!

Img_6093
投げ込まれた時の風で、3243、3244、3245三柱の風神が生まれる

三柱の風神=湿っていて荒々しい。ちょうヤバい。颯や嵐となって船乗りたちを滅ぼす。また、地上では作物を台無しにする。

こうして訪れた、オリュンポスの神々(おもにゼウス)の天下!

Img_6210                      さっそく200メティス(オーケアノスの娘)を娶る3234ゼウス

Photoしかし、3246トリートゲネイア・アテネ出産直前に母子ともども呑み込んだ!! ゼウスむごい!!

Img_6214                            3234ゼウス×⑰テミス(ティーターン神族)

Img_6215 Img_6216
3247ホーライ、3248エウノミエー(秩序)、3249ディケー(正義)、3250エイレーネー(平和)、㊺クロート、㊻ラケシス、㊼アトロポス

ホーライ=季節たち。でも人数は不明。そのあとの3神のことをさすのかも。
クロート、ラケシス、アトロポス=モイライたち(運命)。ニュクス(夜)から生まれたひとたちとの違いは不明。なので同じ番号。

Img_6217                     201エウリュノメー(オーケアノスの娘)×3234ゼウス

201エウリュノメー(オーケアノスの娘)×3234ゼウスから生まれたひとたち
Img_6218
3251アグライエ―、3252エウプロシュネー、3253タレイエー

カリテス(優美)たち=彼女たちが目くばせすると①エロス(愛)が流れ出すとか。

Img_6219                      3230デメテル(穀物の女神)×3234ゼウス

3230デメテル(穀物の女神)×3234ゼウスから生まれたひと
Img_6220
3254ペルセポネ=3232アイデース(冥王)に連れ去られ冥府に住まう

Img_6221                     ⑱ムネーモシュネ―(記憶の女神)×3234ゼウス

⑱ムネーモシュネ―(記憶の女神)×3234ゼウスから生まれたひとたち
Img_6222
ムーサイ(詩歌の女神)が9人!

・ムーサイ=黄金の冠つき。饗宴と歌のたのしみを愛でる。作者のヘシオドスやホメロスにもついていたとか。カリテス(優美)たち(3251アグライエ―、3252エウプロシュネー、3253タレイエー)と㉟ヒーメロス(欲望)がそのかたわらに住んでいるとか。
3255クレイオー
3256エウテルペー
3257タレイア
3258メルポメネー
3259テルピュシコレー
3260エラトー
3261ポリュームニアー
3262ウーラニエー
3263カリオペー=このなかで第一等位にある

Img_6223                           3226レト(黒衣)×3234ゼウス

3226レト(黒衣)×3234ゼウスから生まれたひとたち
Img_6224
3264アポロン、3265アルテミス

Img_6225                          3231ヘラ(貞節の女神)×3234ゼウス

3231ヘラ(貞節の女神)×3234ゼウスから生まれたひとたち
Img_6226
3266へーべー、3267アレース、3268エイレイテュイア

アレース=軍神。戦争による残酷な狂乱で街を荒廃させるもの。唯一3232アイデース(冥府の王)となかよし。なぜなら冥府に死者をおくりこんで人口を増やすから!

Img_6227            ずいぶん前に呑み込んだ3246トリートゲネイア・アテネが3234ゼウスの頭から生まれた!

トリートゲネイア・アテネ=戦いの女神。輝く眼をもつもの。軍勢を導き合戦をたのしむ、疲れ知らずの女王。ゼウスのアイテムである神楯アイギスを唯一、拝借? できる神。まじ強い。

Img_6228                   3231ヘラ(貞節の女神)が3240ヘーパイストス(工芸神)を生んだ!

ヘーパイストス=両脚が曲がっている。工芸の守護神。

Img_6229                      話変わって76アンピトリーテー(ネーレウスの娘)×3233エンノシガイオス(海神ポセイドン)

76アンピトリーテー×3233エンノシガイオスから生まれたひと
Img_6230
3269トリートーン(半神は魚?)

Img_6231                        ㉞アプロディテ×3267アレース(軍神)

㉞アプロディテ×3267アレースから生まれたひとたち
Img_6232
3270ポボス(狼狽)、3271デイモス(恐慌)、3272ハルモニエー(調和)

Img_6233                       211プレーイオネー(オーケアノスの娘)×3235アトラス(天空)

211プレーイオネー×3235アトラスから生まれたプレイアデス(昴)7人姉妹たち
Img_6234_2
3273マイエー、3274エーレクトラー、3275ターユゲテー、3276アルキュオネー、3277ケライノー、3278アステロペー、3279メロペー

Img_6235                        3234ゼウス×3273マイエー

3234ゼウス×3273マイエーから生まれたひと
Img_6236
3280ヘルメース(旅人・泥棒・羊飼いの守護神でありオリュンポス神々の伝令)

Img_6237                         3281セメレー(月)×3234ゼウス

3281セメレー×3234ゼウスから生まれたひと
Img_6238
3282ディオニューソス(葡萄酒の神)

Img_6239                       3251アグライエ―(優美)×3240ヘーパイストス(工芸神)

Img_6240                     3266へーべー(ヘラの娘)×3313ヘラクレス

Img_6242                        3283アリアドネ(クレーテー王女)×3282ディオニューソス(葡萄酒の神)

Img_6243                    193ペルセーイス(オーケアノスの娘)×3212ヘリオス(太陽)

193ペルセーイス×3212ヘリオス(太陽)から生まれたひとたち
Img_6244
3284キルケ(魔女?)、3285アイエーテース(コルキス王)

Img_6245                      3285アイエーテース×183イデュイア(オーケアノスの娘)

3285アイエーテース×183イデュイアから生まれたひと
Img_6246
3286メーディア

ここから先は女神と英雄のはなし。

Img_6270                       3230デメテル(穀物の女神)×3287英雄イーアシオーン(エレクトラとゼウスの息子)

3230デメテル(穀物の女神)×3287イーアシオーンから生まれたひと
Img_6271
3288プルートス(優しい)

Img_6272                         3289カドモス(テーバイの始祖)×3272ハルモニエー(調和)

3289カドモス×3272ハルモニエーから生まれたひとたち
Img_6273
3290イーノー、3291アガウエー、3292アウトノエー、3293ポリュドーロス、3281セメレー(月)

Img_6274                      3214エーオース(曙)×3294ティートーノス(トロイア王子)

3214エーオース(曙)×3294ティートーノスから生まれたひとたち
Img_6275
3295メムノーン(アイティオプス王)、3296エーマティオーン(エティオピア王)

Img_6276                     3214エーオース(曙)×3297ケパロス(ポーキス王デーイーオーンの子)

3214エーオース(曙)×3297ケパロスから生まれたひと
Photo
3298パエトーン(美少年)、が! アプロティテにさらわれた! あ~

Img_6282                      3299イアーソーン(悲劇の英雄)×3286メーディア

3299イアーソーン×3286メーディアから生まれたひと
Img_6283
3300メーディオス

Img_6284                      118プサマテー(ネーレウスの娘)×3301アイアコス(アイギーナ×ゼウスの子)

Img_6286
3302ポーコス

Img_6287                        ⑳テティス(水の女神)×3303ペーレウス

Img_6288
3304アキレウス

Img_6289                     ㉞アプロディテ×3305アンキーセース

Img_6290
3306アイネイアース

Img_6291                       3307オデュッセウス×3284キルケ

Img_6292
3308アグリオス、3309ラティーノス、3310テーレゴノス

Img_6293                      205カリュプソー(オーケアノスの娘)×3307オデュッセウス

Img_6294
3311ナウシトオオス、3312ナウシノオオス

※現存するテオゴニアはこのあたりまで。このあと『さあ今度は女たちの族をうたえ~』と文章は続くが、現存するのはここまでなので、数えるのもここまでにしたい。ここまでで本当によかった。ゼウスの子だくさんを追いかけるのは大変だし、英雄とか王女とかまだまだいっぱい出てくるでござる。

個人的に好きなのは⑭イーアペトスくんです。なんの神さまかハッキリしないけど。


参考資料





« FC町田ゼルビアvs湘南ベルマーレ観戦 | トップページ | ベネッセスタードーム »

コメント

エルフィネスという女神又は神様は居ますか。居たら何の神様ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/47597545

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシア神話まとめ3313神くらいまで:

« FC町田ゼルビアvs湘南ベルマーレ観戦 | トップページ | ベネッセスタードーム »

無料ブログはココログ