« パティ・スミスand her band JAPAN TOUR 2013 | トップページ | サイレント番犬にもっともっと仲間がふえました »

2013年1月31日 (木)

ひとりTOMOVSKY@高円寺HIGH

TOMOVSKYのひとりトモフ・ワンマンLIVEを観に東京・高円寺HIGHへ行ってきました。
個人的に初・ひとりトモフ。祝・ひとり。

Img_7524
中央線快速は高円寺駅を土休日は通過することをしらなかった。はじめて行くところだからな~とおもって駅に到着してみたら……おれ、ここ来たことあるな。

Img_7527
えへへ

男女比 3:7
年齢層 30代?

駅チカだけど高円寺中央公園に面した通りで静かだった。建物の地下2階分をつかったLIVEハウスでキレイだなー、すごく新しそうだなー、とおもったら今年5周年らしい。スタッフの方が綺麗好きなのかもしれない。オールスタンディングで300人くらい。

登場とともに「もととれ~!」と言ってさっそくトモフ氏は客席乱入ハイタッチ。(チケット代分のもとをとれ、の意) さわれず。くっ。もととれなかった。
『歌う47歳』からはじまる。
ストライプ柄のボタンダウンシャツ。衿のボタンは外してナロータイ。ボトムはタイトな色落ちデニム。足元見えなかったけどスニーカーか。
ギター弾き語りと打ち込み(「カラオケ」と呼ばれる)のイメージで勝手にきちゃったけど、手前にバスドラム。うしろにマーシャルアンプ。
ずっと真っ赤な照明だった。なにかを隠していたのかもしれない。顔色とか。ただの好みかもしれない。高揚とか。
それにしても。こっちからはっきりくっきり見えるってことは向こうからもはっきりくっきり見えている可能性もあるということで……そこに思い至ると……ぎゃ! となります。
せっかくなのでもう一度いおう。ぎゃ! いつも思うけどLIVEハウスせまいと嬉しいけど、うれしくない。忘れよう。

今夜は8年前の1月26日にアルバム『39』が発売された記念日だったらしい。「いいふろの日は11月26日!」

なので『疎遠』『5時のチャイム』『イキツギ』


『サンタクロースを待ってる2月に』よかった~。

『マーライオンの口は今日も開いたまんま~ボーイング787バージョン~』『最高の錯覚』『ほめてよ』『星ラップ』『sox』『人間』『明日、君に会うのか』『今日に与えよ』『月にきいた』など。

「今日ピーズのLIVEとどっちにしようか迷ったひとはよかったね。前橋はいまごろ雪で……ハル、帰りどうしようか」アビさんの物まねをはじめる。
「今日は二人ピーズ? …(客席から回答)…ええ! シンちゃんとふたり!? アビコいないの! すごいな、チャットモンチーみたい。いろんな編成でLIVEやるのはじめたの、おれだからね。ああ、おれ、アビコのものまねしたのに……290円!」
「今日はやく帰って月みようとおもって酒のんでないんだよ。もう飲まなくても脳はとろっとろなのさ~♪」
「忘れもしない11月11日の南青山MANDALA! ぜんぜん声出なくて…その日の午前中までがんばっていたから…ご褒美くれるどころか…(斜め上を見上げる)パンツ見えるぞ!」

舞台奥にスクリーンがおろされ10年前のトモフスキー2号が登場。まるで昨日撮影したかのようなかわりばえのない可愛さ。息ぴったり。「おれは見えてないんだからね。みんな縦に揺れてくれるといい」

トモフが3月発売を目指してぜっさん制作ちゅうのニューアルバム『日付変更線(仮)』より未定の新曲もたっぷりやってくれました。ねむらな~い♪『2つめの太陽』『岡本夏生のしあわせを願う歌』など。なつき。
「きょうはじめて来たひとはせっかくCD買って予習してきたのに知らない曲ばっかやって……でもやるのもこっちのほうが大変で……客席も大変で、じゃあいいか」

20:00ころ第一部終了。トイレが混雑し客が地べたにぺったりし始めると、それに気付いた? トモフがさくっと戻っていらした。18:00の開場時間からきっちり居るメンツは計2時間以上(そのまえに電車で移動したり仕事していたら多分もっと)立ちっぱで、うっ、てなる頃合いか。「18時開場なのは開演まで1時間のあいだに酒飲んでもらおうという事情で……アメリカだと始まる前からできあがっているんだけど、ここ日本だからだれも飲んでない」

「3月じゃなくて6月にニューアルバム出せば取材してくれるっていう話があって、みんな取材されたトモさん見たい?」即座に、みたーい♡、という無邪気な声が届く。
「ん~そうか、そうか♪」この日一番の甘い声。

アンコールのあと客席がまったりしていた「7時29分みたい。もうすぐ10時の時間帯にふさわしいノリをおれにくれ!」。たしかにさらに3時間くらい聴きたそうな雰囲気になってきた。なぜだ。第一部、休憩、第二部、アンコールまでやってすでに22:00近い時刻にもかかわらず空気がしっとりしている。酒か。やっと回ったのか。サッカロミセス・セレビシエの仕業か。もしあと3時間うたってくれたら、トモフはさだまさしだ。そしてトモフ・ファンはさだファンだ! (ちがう)
3時間でも名残惜しそうな華奢でタフなトモフ・ファンたちをのこしてトモフはおかえりになりました。のどとハートだいじょうぶかな。首都圏はずっと乾燥注意とインフル警戒ちゅう。

『我に返る 小声バージョン』

Img_7525
高円寺の月。トモフは「あしたが満月」って言っていたけど、今夜じゃないのか満月、とおもた。(正確には27日の14時点が満月だった。作者まちがい。地球からみえないだけで毎日満月と言えなくもないからいいかな)

「ニューヨークへ行きたいか~?」「アメリカに行きたいか~?」「ハルもあめ舐めながら歌ったらいい」「怒髪天、武道館やるんでしょ?…(客席から回答)…来年? ピーズも30周年で武道館やるでしょ………………」

「今夜の月もいいけど、明け方の月も見て。花札みたいだから。月を見たらトモさんを思い出して」

『いい星じゃんか』

« パティ・スミスand her band JAPAN TOUR 2013 | トップページ | サイレント番犬にもっともっと仲間がふえました »

コメント

トモフ?私はよくわからないけど聞いてみたいです。YouTubeとかで聞けるかなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/48977848

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりTOMOVSKY@高円寺HIGH:

« パティ・スミスand her band JAPAN TOUR 2013 | トップページ | サイレント番犬にもっともっと仲間がふえました »

無料ブログはココログ