« 3年目のコウモリ撮影会 | トップページ | 七夕の明治神宮 »

2013年6月25日 (火)

愛宕の千日詣り

東京都港区、東京タワー近くにある愛宕神社へ千日詣りに行ってきました。
この日に参詣すれば、1000日分のご利益が受けられるという6月23・24両縁日「千日詣り」。メインイベントは茅の輪くぐり&ほおづき市です(江戸趣味のみなさんにはお馴染みの由緒あるあるイベント)。夏越しの祓えとも。

2年前の記事⇒愛宕の千日詣り

1回のご参詣で1000日分ということは1回行けば、軽く3年近くはもう訪れなくてもいいんじゃ……、とは打算しつつ2年ぶりで行ってきました。

神信心ってガラではぜんぜんないんだけども。半七が呼んでいるから! (幻聴)
愛宕山は江戸庶民のスカイツリーだったんだぜ! ネズミーランドだったんだぜ!(たぶん)
行かなきゃ! 湯屋熊が呼んでいるから! (ぜんぜん呼んでない)


現代の東京で江戸の残り香をもとめて彷徨うための必読書

1 2
ココは東京タワー&増上寺の北側                 ビルの谷間の緑が濃い

いまでこそビルの谷間感ありますが、れっきとした山です。NHKラジオ放送もここから始まりました。

3 4
昼なお薄暗い「出世の石段」を安全運転でのぼる           ちょっとした崖です

そういえば以前にもランニングウェアで駆け上っているおいちゃんを見かけたけど、今回も駆け上っている男性がいらした。なぜ? あぶないよ! この石段は野心をくすぐるのかもしれない。(江戸時代に曲垣平九郎は家光公の命で馬にのったままこの石段を上り、梅を手折り、馬に乗ったまま下りてきて花枝を公に献上したことから出世したそうだ。霊験あらたか)

5 6
境内に綿アメ屋さんが……!                   こちらが茅の輪でござる!

時間帯がよかったのか、あまり並んでいない。5人くらい。数分で茅の輪くぐりもお参りもできた。男女比は3:7くらい。

7 8
「招き石」はみんながナデナデしていく                ※2年前の「招き石」アーカイブ画像

みんながナデナデした結果、どんどんお痩せに……! 人間のナデナデおそるべし。あと、2年前のほうがおぜぜがたっぷり。

11 12
ほおづき市も緑が濃い                       今年はまだたくさんあった!

境内はこじんまりしているので(そこが愛宕神社の愛くるしいところです!)ほおづき市も浅草寺みたいなドバーっとしたのじゃないため(由緒はこちらのが古い)、2年前は時間が遅すぎたのも相まって完売していた。が、今年はあった。うれしや。

13 14
あじさいも池の鯉も涼しげ                  集団から離れて泳ぐ一匹狼てきな一匹鯉

たしかに木陰でお池もあっていいんだけど、この日はムシムシ汗ばむ空気でした。

15gif
錦鯉も錦じゃない鯉もみんな元気いっぱい

17 18
裏手に屋台が出ていたけどヒマそう。夜になってから混むのかしら。ほおづきはビニールに包んでくれる。

ほおづき1鉢2000円はプラスαとして御本社でのお祓いもしてくれます。
「お祓いをどうぞ……」って言われてから思い出したけど、おれ。近所のコンビニにアイス買いに来ました! みたいな恰好だった……もう遅いのであきらめてお祓いしてもらった。
本社の中には縦1.5mくらいの特大絵馬がいくつも奉納されていました。ちゃんとお馬にまたがって石段をのぼる曲垣平九郎がモチーフ。みんな出世したかな。

19
「御本社銅板屋根葺き替え事業/御奉賛のお願い」が入口に掲げられている。一口5000円。目標額8000万円……明朗会計だけど、銅の高騰ぶりパねぇ!

« 3年目のコウモリ撮影会 | トップページ | 七夕の明治神宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/52165109

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕の千日詣り:

« 3年目のコウモリ撮影会 | トップページ | 七夕の明治神宮 »

無料ブログはココログ