« 小谷ショック | トップページ | 1月2日の町田 »

2013年12月27日 (金)

岡上さんぽ

神奈川県川崎市には飛び地がある。
川崎市麻生区岡上(読み方;おかがみ)地区だ。新宿~小田原をつなぐ小田急線をご存じなら、鶴川駅(駅の住所は東京都町田市)付近の線路沿いから南側1.45k㎡くらいの範囲です。

日本最古の甘柿こと“禅寺丸柿”の原木があることで有名な柿生地区(地域と業界では有名。原木の所在地は川崎市麻生区王禅寺)とのゆかりが深いことから、紆余曲折を経て明治中期におとなりの三輪村や能ヶ谷村が三多摩移管されて東京都町田市になったり、昭和初期におとなりの奈良村や恩田町が神奈川県横浜市青葉区になったりしても、淡々と川崎市でありつづけた地区だ。農家の誇り! と、いろいろ実質的な事情。

とにかく立派な飛び地がここにある。
で、作者は岡上の地を踏んだことがなかったので、踏んできました!
(※小田急線の線路は岡上地区を横切っているため、鶴川駅を列車で通過したことのあるひとはもれなく岡上の地を踏んでおります。上りでも下りでも。さらに東京都道神奈川県道139号も岡上を通っているため、作者は電車や自動車ですでにバリバリ踏んでいました)

スタート:鶴川駅南口

1
1日平均乗降人員68185人の鶴川駅南口

駅前ロータリーは北側にあるため南口はこじんまりとした無人自動改札。でも利用客はけっこう多い。

みどころ①鶴見川

3 4
南口を出ると鶴見川(東京都町田市北部源流で神奈川から東京湾までつづく一級河川) 緑の繁殖羽が凛々しいマガモ(♂)

みどころ②標識の署名

5 6_3 7
で、橋を渡ると「麻生警察署・川崎市」の署名       川崎市は道路の主張がパワフル

やった! 祝・岡上! 初・飛び地! (※徒歩では)

9 10
川ぞいをくだると今度は「町田市・東京都南多摩建設事務所」署名 河川管理境界はフェンス素材の境い目でもあります!

みどころ③ごみ捨て場

とくに河川そのものが境界ラインではないので、歩いていると東京と神奈川をいったりきたりできます。イージー☆
行政の境界付近にお住まいでない方や興味のない方は実感ないとおもいますが、行政の境界は生活の境い目であります。法律ちがうから。

11 12
川崎市のごみ捨て場はケージ型 分別は「普通ごみ・プラスチック製容器包装・ミックスペーパー・空き缶・空き瓶・ペットボトル・小物金属」などシンプルだ

13 14
ちなみに町田市は有料ごみ袋で分別は「燃やせるゴミ・燃やせないゴミ・瓶カン・スプレー缶・乾電池・蛍光管・水銀体温計・古紙・古着・ペットボトル・剪定枝」など。さらにあとで登場する横浜市青葉区は組み立てフェンス型で分別は「燃やすごみ・燃えないごみ・スプレー缶・乾電池・瓶カン・ペットボトル・小さな金属類・プラスチック製容器包装・古布・古紙」などでそれぞれ粗大ごみは要申し込み。

お住まいがおとなり同士でも、行政区分がちがえば回収する先の清掃工場の規模や機能や人員がちがうため結構差がでる(町田市はそもそもゴミを減量してほしいため回収が有料で複雑。バカと貧乏人はゴミ出せないのであります!←作者のこと)。
住所でお家賃の相場が変わるのはべつにブランドってわけじゃない。たとえば川崎市岡上在住だと、最寄駅の鶴川駅前図書館は町田市立なので利用できないわけである(実際は開館と同時にはじまった相互提携により利用できます)。みんな適当に扱っているだろうけど、住所ってだいじなんだぜ。
ちなみに行政の境い目あたりで携帯電話から110番や119番通報するときは、市外局番をつけて通報しないと管轄外の警察署や消防署につながってしまい初動が遅れて生死の境い目になる可能性もなくもないので、あたまに市外局番をつけてね♡ 急いでいる時こそ冷静に☆

みどころ④東京都道神奈川県道139号線

15 16
東京都道神奈川県道139号真光寺長津田線の脚      こちらは139号から見下ろした小田急線路

このへんは岡上内です。

17 18
外周さんぽではないので鶴見川ぞいをてくてく    川崎市の市章(三重丸みたいな「川」の字)付き境界標が点々と設置

19 20
このあたり鶴見川にかかる橋は神奈川県の管轄              岡上橋!

21 22
「困っています!フンと尿」は川崎市オリジナルデザイン  6駅先の向ヶ丘遊園駅ふきん(川崎市多摩区)を歩いたときも同画だった!

離れていても、おそろい!

みどころ⑤開戸親水ひろば

23 24
真光寺川×鶴見川の合流地点が親水ひろばになっていた    でもベンチとテーブルには「死」の文字

25 26
地図上だとこのあたりに境界がある(河川管理はすでに神奈川県)   飛び石てきなアトラクション

27 28
セグロセキレイ……いや、ハクセキレイかな。番い。            きゃ♡ コサギ!

Photo
コサギは足指が黄色くて小柄な体型をしています(サギのなかでは)寝ている時以外はたいていおひとり様

みどころ⑥岡上神社

それでは鶴見川から坂をのぼって岡上神社方面(南)へGO!

29 30
139号線ぞいに細長い立地  明治42年の合併とともに当時岡上村にあった5社をまとめて岡上神社とした、と由来       

31 32
ご本殿(拝殿?)には鳳凰と龍と獅子                  門かぶりの松の木

鶴見川から坂をだいぶのぼってきたので眺めがよい。
道沿いもあきらかに旧家っぽい門構えと植栽のお宅が並んでいた。

みどころ⑦岡上営農団地

33 34
営農団地は岡上の名物(?)                       たぶん桜並木

この日も農家の方々が作業ちゅうでラジオがばんばん聞こえてきた。のどか。
開発ちゅうの町田シルクメロン、このへんかしら~。

35 36
縞柄の地面                            立て札は「JAセレサ川崎」署名

37 38
ここにもハクセキレイがテクテク                      これも桜かな

みどころ⑧3つめの行政境界=横浜市青葉区

39 40
ここは横浜市とTBS緑山スタジオの私有地             「青葉警察署」署名になった
     
41
岡上さんは市街化調整区域(開発抑制)としてがんばっております

43 44
50段モノの階段をのぼる                          踊り場の先

45 46
ずいぶん山道に出た!                           眺めよい!

フェンスの向こうから金管楽器の演奏(練習?)が響いていたので、作者は大学の縁沿いの山道を歩いている!……つもりだった(ちがうことが後で判明する)。

山道を進んでゆくと急に「めぇ~めぇ~」という物悲しい鳴き声が聞こえ、ヒツジくさくなった。
ちかくに羊がいるな~とおもって見回すと、

47 48
ヤギだった                               まっすぐ凝視される作者

立ちあがって「めぇ~めぇ~」と鳴き続け、なにかを訴えているようす。
そして作者が移動すると目でじーっと追ってくる。ホーミング!
とにかく大学の農学部の真横を通る道路なのだな、とおもった(ちがうことが後で判明する)。

みどころ⑨ロストin大学

ヤギに別れを告げ山道を進むと、大きな建物に囲まれた五叉路くらいの場所に出てしまった。
…………ここは、大学の敷地内では!? (?じゃなくて、そう)
ちょうどよく通りかかった警備員さんを呼びとめて、ここがどこなのか質問する。
鶴川駅へは抜けられません、と言われた。え! どこで間違えたんだ!
小田急線なら玉川学園前駅はそっちだと言われた……うん、それ鶴川駅の隣の駅だね☆
おもったより進路が西寄りすぎたようだ。
警備員さんにこどもの国から来たんですか? 家がそっちなんですか? と聞かれたので正直にイイエと答えてしまった。ここは嘘でよかった気がする(さんぽの途中で迷いました、と正直に答えてしまった)。
不審だ。でもカメラは持っているけど、ナイフは持っていないので問題ない!
道に迷うのはなにもおかしなことではない! (オフライン生活がおかしいと言われたら返す言葉もない)

敷地入口の小屋に気が付いて、途中で引き返すべきであった(なんか古い小屋あるな~とはおもったが理解していなかった)。

49
あとで写真を見返したらちゃんと撮っていた

みどころ⑩ふりだしにもどるのに遠回りし過ぎた風景の数々

せっかく(?)なので小田急線のトンネルを横目に見ながら大学の敷地を出て、団地へ寄り道したのがいけなかった。

51 52
夕陽に照らされた奈良北団地を眺めたり          刈り入れ後の土橋谷戸を眺めたり

こんなことしていたら、再び1本通りをまちがえてしまった。

53 54
TBS緑山スタジオとか、さっきも来たね☆             岡上営農団地もさっき来たね☆

55
1時間前に通ったときは夕陽じゃなかったけどさ……

57 58
「自治会&青葉警察署&麻生警察署」連名             なんだかすごい森

住宅街のなかにある1時間前にも通った階段をふたたびのぼった。不審者ってオレのことだな、とおもった。でもカメラは所持しているけど、ナイフは持っていないので無害!
そもそも、ここから北に向かいたかったのだ。

みどころ⑪岡上西町の崖上

59 60
「川崎市麻生区岡上」署名! ここは岡上だ! 道まちがえていない! あんしん!

ところで北へ向かう道も山道だった。西側が崖になっているらしく、ずらっと並んだ住宅がどれも2階に玄関のある建物だった。

61 62
というか、屋根が見えるから3階の高さから下って2階の玄関へ入るのか……猫は2匹! どちらも作者に興味なし!

崖だ! 日当たりよくって風当たりつよそうだ~、階段ずきとしてはこういう立地は大好物であります! 住みたい!

63 64
「急傾斜地崩壊危険区域」の文字! おもった以上に急傾斜だった!  お向かいは自然保護区域。

65 66
管轄は「麻生消防署」       マンホールはツツジを囲むツバキ7輪(川崎市の7区を表現しているらしい)

67 68
お、標高が高いからか丹沢山地がよく見えるぞ!         大山(おおやま)がちょう近い! ※錯覚

69
住宅が建て込んでいると町田市(鶴川駅)はもうすぐだ! (町田市は市街化がさかん)

71 72
とんでもない細道にでたけど……私道? 通ってもいいのかな、いいのかな、と迷いながらとにかく坂をくだる

正面からバイクが来てしまい、作者が路肩の落ち葉に落ちないとすれ違えなかった。

73 74
無事、鶴見川に生還しました!  岡上地区住民×和光大学生のリアルフェイスブック「かわせみ通信」という掲示板があった

ゴール:鶴川駅南口

75
すっかり暗くなってしまった

まとめ:岡上は名前に恥じない岡の上だった
せまい範囲に川とか崖とか大学とかTBS(←横浜市青葉区)とか大忙しだ。農業のつながりで飛び地になったという話ですが、じっさい物理的に断絶された地区だから距離感よりも交流=心理的距離感のほうを優先して選択したんだろうな~とおもいました。
それか、ごみ分別がラクだから! (ちがう)

ほんとうは、「みどころ⑫かじのや納豆本社」だったんだけど、暗くなってしまった。しっぱい! 工場直売店でお買い物するはずだった(小田急電鉄系スーパーでも売っているけど)。

Img_7926 Img_7929
だれも興味ないとおもいますが、作者の愛食は“北海道大粒”納豆です。2パック入りでちょうど食べきれてよい。

岡上はおさんぽに最適なところでした。

« 小谷ショック | トップページ | 1月2日の町田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/54337035

この記事へのトラックバック一覧です: 岡上さんぽ:

« 小谷ショック | トップページ | 1月2日の町田 »

無料ブログはココログ