« 閉店した黄金劇場 | トップページ | 鶴見川源流の泉 »

2014年1月25日 (土)

マモル&TheDAViES×バンドTOMOVSKY@下北沢シェルター

ワタナベマモル生誕50周年『マディーウォーター』発売ツアーの対バンLIVE、MAMORU&TheDAViES×バンドTOMOVSKYを観に下北沢SHELTERへ行ってきました。

Img_1912_2
地下化は完了したもののまだまだ工事ちゅうの下北沢駅

Img_1914_2
シェルター入口

お客層 男女比 1:99 年齢層 40代?
女の子いっぱいなのにキャピキャピ感ゼロの落ち着いた空間が広がっていた。なので女の子じゃなくて、おんなの人たちだったとおもわれる。ゆるやかで静か。

バンドTOMOVSKY:ご存じない方のためにしつこく復習すると、TOMOVSKY本人とTheピーズのベース・ハルさん(トモフと同い年の兄)、サードクラスのギター・はかまださん、キーボード・大塚さん、ドラム・クメムラさんによるバンドです。

ネコサンタTシャツの上に、ボア付きパーカーを羽織ったトモフが1人ふわっと登場。
トモフ「プレイガイドの関係で5分押しでって言われたんだけど、プレイガイドのひとが間違えてチケットに19:35スタートって印刷しちゃったってこと?」と言いながらドラムセットまわりをウロウロする。
トモフ「スティックがない! トモさんにドラム叩かれちゃうから、クメムラがスティックを隠した!」
よくわからないけど、オンタイムでスタートできないことがお気に召さずドラムを叩こうとしたらスティックがなかった、ということらしい。ウロウロするトモフ、かわいい。

4人も登場し、『歌う48歳、冬の48歳』からスタート(ほんとか?)。
世界初LIVEお披露目(?)だった『手のひら』と久しぶりの演奏という(おれは初LIVE)『秒針SKA』が嬉しかったはずなのに、トモフによる暴言「(お客に対して)メスブタどもめ~」のパンチ力により記憶が上書きされてしまった。なぜ……でも、不要不急のバイオレンスはトモフご機嫌の証、とおもわれるので(ご機嫌ナナメだと沈黙するのだろうか。見たことないから知らないけど)、どのみち嬉しいからいいか、とおもう。気に入ったのか、メスブタ発言を繰り返すトモフもラブリー♡

『人生は無限だ』おわりで「だったら、いいな~」と言い始めるトモフ。
トモフ「ぼくは○○だったら、いいな~ということばかりを歌にしています。ハルは知らないけど」
ハル「……おれは、○○でした~。が多い。マモルくんは?」
トモフ「マモルくんは、まぼろしばっかり歌にしている!」
音楽家本人による自己分析(?)。おもしろい。こっちの印象とぜんぜんちがう。ここはサードクラスの話も聞きたかった!

今夜のハル兄さんの失言「(トモフが最近ゲットした天体望遠鏡で木星の縞模様を観た自慢話ちゅう、それを手短に切り上げさせようとして)……でも、どうせ天王星のわっかとかは見えないんでしょ?(否定されつつも、さらに火星の話などに花を咲かせるトモフ)……しまった……!」
ハルさんは弟さんに極甘。



MAMORU&TheDAViES

『へいわのHEY!!』プレートを掲げる以外は「都知事選の投票に行くように」という話くらいで、しずかにまじめに演奏がつづく(もちろん演奏はしずかじゃない!)。さっきのバンドと対照的だ。アンコールも、手拍子はじまりとSEが流れ始めた途端に再登場し、はやっ! とお客の方がざわついていた。すてき。
『キャデラック6号』『夕日がオレを呼んでるゼ』『おいらの部屋へおいでよ』よかった~。(←おれ体調不良な上に酒をのんでしまったため曲ちがうかも。でも自分の不具合で気持ち悪かったけど、気持ち良かったのです)



両耳ふさいで聴く音楽もいいけど、LIVEのが胸が痛くていいよね(不具合)。


« 閉店した黄金劇場 | トップページ | 鶴見川源流の泉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/54733711

この記事へのトラックバック一覧です: マモル&TheDAViES×バンドTOMOVSKY@下北沢シェルター:

« 閉店した黄金劇場 | トップページ | 鶴見川源流の泉 »

無料ブログはココログ