« 鶴見川源流の泉 | トップページ | オカピのレイラさん死去@横浜ズーラシア »

2014年2月 7日 (金)

町田在住の鳥コレクション

鳥がすきだ。
正確には鳥に限らず、たいていの動植物がすきだ。鳥や植物はおれのことなんかすきじゃないだろうけど。
それは、さておき。
町田在住の鳥をコレクションしました。体長=嘴から尾羽までの長さ。


アトリ科

カワラヒワ;留鳥 体長15㎝ 鳴き声「きゅりりり」 ←4月追記

Img_2175 Img_2174
短いクチバシに翼と尾の端が黄色


ウ科


カワウ;留鳥 体長81㎝ 鳴き声「ぐるるる、こあこあ」

Photo_20
川を泳いでいる(?)姿を見ることが多いが、この日は電線にいらした。


カモ科

マガモ;留鳥か冬鳥 体長59㎝ 鳴き声「があがあがあ、くあくあくあ」

Photo_24
マガモ♂冬羽 冬のカモ科たちは春に向けてパートナーと仲睦まじい。リア充。


オナガカモ;冬鳥 体長♂75㎝ ♀53㎝ 鳴き声「かっかっかっかっかっ」

1 2
オナガカモ♂その1は茶色め                   オナガカモ♂その2は色黒


コガモ;冬鳥 体長38㎝ 鳴き声「ぴ、ぴ、ぴ、ぴ、ぴ」

Photo_25 Photo_26
コガモ♂冬羽                                 コガモ♀

Photo_27
コガモ♂♀お食事ちゅう


カルガモ;留鳥 体長61㎝ 鳴き声「ぐあぐあぐあ」

Photo_28 Kamo
カルガモは♂♀お揃い色なので判別不能               お食事ちゅう.gif


カラス科

ハシブトガラス;留鳥 体長57㎝ 鳴き声「かあ、かあ、かあ」

Img_7284
嘴がハシボソガラスより太くて曲がっているとハシブト、らしいのだがハシボソ(すこし小柄)をじっくり見たことないので判別びみょう。


オナガ;留鳥 体長37㎝ 鳴き声「ぎえーい、げー、げー」←6月追記

Img_2749 Img_2750
ぎー、ぎー、さわがしいな~とおもったら                  大群でいらした!


カワセミ科

カワセミ;留鳥 体長17㎝ 鳴き声「ぴぴぴぴぴ、ぴー、ぴ、ぴ」

2_2 Photo_4
嘴が黒いのでカワセミ♂

Photo_5 Photo_6
下嘴が赤いのでカワセミ♀                       お食事をゲットしたもよう?


キツツキ科

コゲラ;留鳥 体長15㎝ 鳴き声「ぎー、(かつんかつんかつん)、ぎー、(かかかかか)」

Photo_11
元気にクラッタリングちゅう


サギ科

コサギ;留鳥 体長61㎝ 鳴き声「くあくあくあくあくあ、くるるる、くあ」

2 Photo
カメラ目線のコサギ                                無造作ヘアのコサギ

4 3
あ、エサ!                                        むしゃー!


アオサギ;留鳥 体長93㎝ 鳴き声「ぐぁん、………ぐぁ、…………、ぐぁ、………」

3_2 Photo_2
仁王立ちのアオサギ                          アティチュードのアオサギ


ダイサギ;留鳥 体長90㎝ 鳴き声「ぐあー、ぐあー、ぐあー」

Photo_3
チュウサギにしては嘴が大きすぎるので冬羽のダイサギか……(遠目すぎて自信ない)。長い首をS字に折り曲げるのはダイサギの仕草。 夏羽は飾り羽が派手で、嘴黒、目元青、なのでわかりやすいらしい。


シギ科

イソシギ;留鳥または漂鳥 体長20㎝ 鳴き声「ぴゅーい、ぴゅぴぃ」 ←2015年4月追記

2 1
やけに色の薄い、尾の短いハクセキレイいるなー、とおもったら別人だった。尾を上下に降って歩く姿が似ていた。はじめて見たのでちがったら謝ります。


シジュウカラ科

シジュウカラ;留鳥 体長15㎝ 鳴き声「つーつーぴい、つーつーぴい、つぴつぴつぴつぴ」

Photo_19 2_8
「ネクタイ」と呼ばれる首元の黒筋                          枝の先のほうにいることが多い


セキレイ科

ハクセキレイ;留鳥 体長21㎝ 鳴き声「ぴぴ、ぴ、ぴ、ぴゅい、ぴ、ぴ、ぴゅい」

Photo_10
目元が白いのがハクセキレイ。尾を上下にフリフリ、走るのがちょうはやい。


セグロセキレイ;留鳥 21㎝ 鳴き声「ぴ、ぴ、ぴゅいぴゅい、ぴ、ぴ、ぴゅいぴゅい」

Photo_7 Photo
目元まで黒くて白眉毛あるのがセグロセキレイ。尾を上下にフリフリ、走るのがちょうはやい。(←似ているけど、頬が黒いのがセグロセキレイ、頬が白いのがハクセキレイ)


キセキレイ;留鳥 体長20㎝ 鳴き声「ちち、ちちん、ちちちちち、ちち、ちち、ちちん」

Photo_8 3_3
腹&尻が黄色いので目立つ。尾を上下にフリフ(以下同)。


ツグミ科

ツグミ;冬鳥 体長24㎝ 鳴き声「きゅきゅきゅ」

2 1
けっこうな早足で地面を走り回っていた(古い辞書に「肉は美味」って記載あった。え!)


ジョウビタキ;冬鳥 体長14㎝ 鳴き声「ひっ、ひっ、ぴゅぴゅぴゅちちち」

Photo_12
ジョウビタキ♂ ちょうイケメンだけど、1回しか会えていない。作者的にはレアキャラ。


ツバメ科

ツバメ;夏鳥 体長17㎝ 鳴き声「きゅきゅきゅ、じじじ、きゅきゅきゅ、じじじ」

3_4 2_4
かなり高速なので、飛んでいる雄姿は撮れなかった


ハタオリドリ科(スズメ科?)

スズメ;留鳥 体長14㎝ 鳴き声「ちゅん」

Photo_14
個人的にはスズメがいちばん撮影しづらい(だれよりも逃げるタイミングがはやい)


ハト科

ドバト;外国由来の留鳥 体長30㎝ 鳴き声「くるっくー」

Photo_23 3_5
対してハトはまったく逃げない、どころか寄ってくる。鳥とはおもえない撮影のしやすさ。この寛ぎっぷり!


キジバト;留鳥 体長33㎝ 鳴き声「ぽーぽーぽぽー」 ←4月追記

Img_2104 Img_2103
首にシマシマがあるとキジバト                       仲良く番い(?)で行動していた


ヒヨドリ科

ヒヨドリ;留鳥 体長28㎝ 鳴き声「ひ、ひ、ぴーよ、ひ、ひ、ぴーよ」

Photo_21 Photo_22
神経質な鳴き声があまりかわいくない。木の実がすき。お尻はモノトーンのジオメトリック柄。モード。


メジロ科

メジロ;留鳥 体長12㎝ 鳴き声「ちちちちちぃ、ちょ、ちゅい、ちちちちちぃ」

Photo_15 2_5
初夏の元気いっぱいなメジロ                     真冬に震えていたメジロ


ムクドリ科

ムクドリ;留鳥 体長24㎝ 鳴き声「ぎゅーぎゅぎゅ」

Photo_17 2_6
砂浴びをしたのか砂まみれのムクドリ               水浴びをしたのかスッキリしたムクドリ

2_7 Photo_18
電線にムクドリの大群                        柿の木にムクドリ×メジロの大群


まとめ;勝手に期待している
町田あたりはそこそこ人類が多いため鳥の住環境良好! とはいえない。それでもたくましく生きている鳥たちには、いっそ人類を絶滅させる勢いで元気に繁殖していただきたいとおもう。

Img_1905
河川はそこそこ白濁しています


参考図書;


« 鶴見川源流の泉 | トップページ | オカピのレイラさん死去@横浜ズーラシア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/54741806

この記事へのトラックバック一覧です: 町田在住の鳥コレクション:

« 鶴見川源流の泉 | トップページ | オカピのレイラさん死去@横浜ズーラシア »

無料ブログはココログ