« 動物GIFコレクション@横浜ズーラシア | トップページ | CRAZY☆DISCO@代々木ZhertheZOO »

2014年3月29日 (土)

小谷ショック②

テレビ東京系列で平日23時台放送ちゅうの経済情報番組「WBS」(読み方・ワールドビジネスサテライト)のメインキャスター・小谷真生子女史が28日金曜日の放送をもって16年間の担当から卒業された。(卒業って表現イマイチすきになれない)
年末に書いた記事⇒小谷ショック
このときは、降板説よりも小谷さんが40代であることにいまさら驚いていた作者だった(まちがい)。

で、今夜の放送は国家戦略特区のニュース等と、コメンテーターのフェルドマン氏と日本経済の“失われた20年”を振り返るという内容だ。小谷さん番組初登場の回(16年前)、メイクと髪型がちょうバブル・ファッションだった。あれ、こんな感じだったっけ……? ショック。やっぱり振り返ると色々あり過ぎだ。未来のひとたちは「失われた20年」ではなく、「激動と失意の20年」と呼ぶかも。
いつも通り、トレたまコーナーやアメリカ経済ニュースも滞りなく(滞っては困る)進行し、番組の最後になにか、ご挨拶があるのかな~とのん気に見ていたら、、、
小谷さん、ちょう泣いていた。ショック!
でも、たぶん進藤さんがわるい(進藤キャスターは、森本アナが美味しいモノを食べる取材のときに「いいな~」としれっと発言するような方である。こんな素直なおじさん見たことがない!)。べつに悪くないけど、わるい。
そして森本アナは番組就任まで経済に興味がなかったらしい。そうだったのか!(森本アナは“スミスの本棚”というゲストに愛読書をすすめてもらうコーナー担当で、それぞれのゲストが脈絡なくすすめる難解だったり、ぶ厚かったり、絵本だったりする本を毎回ちゃんと読む担当。飛び抜けた本好き? 本好きじゃなくて担当していたら、それはそれでえらい。個人的には“日本一ボウタイブラウスが似合うアナウンサー”に認定している)

現在のエンディングテーマ・小田和正先生の『やさしい夜』に合わせて、スタッフさんが製作した小谷真生子16年間のベストショット(?)ショートVTRがよかった。
最後の映像はいちばん最近のマレーシア取材のもの(たしか)。イスラム圏では女性が礼拝堂に入る時(ほんとは普段も)、スカーフで髪を隠すのが礼儀なのだが、入口でスカーフを上手く巻けないでいる小谷さんを見かねた現地の女性たちにキレイに巻いてもらったのだ。その時も小谷さん涙ぐんでいた。
でも現地の自動車メーカーが「ここから先は企業秘密で……」ってお茶を濁そうとしたら「わたしは見てもいいですよね?」と勝手に椅子をもってきて担当者がひ~ってなっているのをかわしてパーテーションの上に乗り出して、ほほぅって見て、「新車がありましたよ☆」ってカメラにニッコリ報告した小谷さんがパンク(?)でだいすきだぜ。

番組は続くけど、なくなってしまった。

小谷真生子女史⇒BSジャパン『日経プラス10』
進藤隆富キャスター⇒6月以降NY支局へ
森本智子アナ⇒夕方のニュース『ニュースアンサー』

マーケット担当の豊島さんやトレたま担当の相内さん、コメンテーター・フェルドマン氏は続投だそうだ。じつは先月ちゅうにコメンテーター・御立氏も卒業(ほかの言い方がしたい)されていたりするけど。けっこうテセウスの船。

ぼんやりした視聴者(作者のこと)でも、それなりの喪失感があるので、せめて視聴率があがるといいとおもう。

Img_2229
当日の日経新聞テレビ欄「自分がメーンじゃない。ニュースがメーン。」by小谷真生子

小谷さんなら、そう言うとおもった。

« 動物GIFコレクション@横浜ズーラシア | トップページ | CRAZY☆DISCO@代々木ZhertheZOO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/55556851

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷ショック②:

« 動物GIFコレクション@横浜ズーラシア | トップページ | CRAZY☆DISCO@代々木ZhertheZOO »

無料ブログはココログ