« 相馬野馬追祭③ | トップページ | コピペ問題とアサガオの観察日記 »

2014年8月 6日 (水)

Theピーズ×ダイナマイト☆ナオキ@下北沢Q

Theピーズ×ダイナマイト☆ナオキの対バンLIVE『はみ出し夏ノ陣!!忘れられないコンビニ事件!』を観に、東京・下北沢のclubQueへ行ってきました。

Img_3378_2
ビルの入口

お客層 男女比5:5 年齢層 平均すると40歳くらい? サンダル踏まれちゃうくらい混雑
個人的なことだけどTheピーズのLIVE行くの緊張した。とても緊張して、う~、行くのいやだな~、や~、観たいよな~、を振り子のように行ったり来たりしながらやっとたどり着いた。ふー。

ダイナマイト☆ナオキ(永遠の39歳ロックンローラー1人+ローディー・トーマスさん)
『挨拶ロック』『納豆ブルース』『痴漢撲滅キャンペーンソング』など? ダイナマイトさんお元気そうでなによりです。
そして伝説のフォーク・ミュージカル(25分くらいの大作?)も披露された。前回聴いたのはミエハルがミカエルになったところまでだったような気がするけど、今回はおじいちゃんまで登場した。ペロ助! おれ、ふだん誰とも話さないしぜんぜん笑わないから声が故障しているんだけど、急に笑ったもんだから大声になっちゃって周囲にメーワクになってしまうのでやっぱり笑いは堪えておいたほうがいいんだろうか(Queのフロアいっぱいでスタッフさんが「1歩ずつ奥に詰めてくださーい!」と言ってももうどこにも詰められない、みたいな混雑だった)。うーむ。それとも声の故障を修理したほうがいいんだろうか。どうやって修理したらいいんだ。工場……うーむ。って悩むぐらい笑った。たのしい。でもやっぱり中途で強制終了~。
最後は『チャリンコ暴走族のテーマ』
曲前に、自転車のベルをきちんと持参しているダイナマイト☆ナオキファンクラブ会員(?)のみなさんがすかさず「しゃららん♪ しゃららん♪」とベルを鳴らす(←準備OKの意)。Queのあちこちから風鈴のような音が可憐にひびく。涼しげで風流だった。でもその後、ダイナマイト氏がたくさんチャリベル+パフパフをお客さんに配ったため「リンリンリンリン!!!」という警戒音波にボリュームアップした。ロックだったね。


Queのチラシに「芸人!」って書かれていた。エクスクラメーションまで付いてしまって……ちゃんとした、愛すべき音楽家だよ! (←わざわざ強調するのもおかしいかー)

ダイナマイト☆「今日(Theピーズとの共演を)ほんとうに楽しみにしていたから、おわってしまうのがさみしい」って主旨の発言を最後にしていたけど、いままで観たLIVEより3倍くらい空回りしていたから、あー、ホントにたのしみにしていたんだろうなーと目を細めて観ていました。キュートなひとだよ。


Theピーズ(活動27周年の3人バンド)
Vo.Baハル「……サタデーナイト?」『サマー記念日』でスタート(だったかなー)。
『三度目のキネマ』『でいーね』『ハニー』『シャッター通り』『テロメタン』『生きのばし』『真空管』『幸せなボクら』など(だったかなー)。

ハル「だいすきな二位さんに捧げます。『底なし』」←clubQueの店長・にいさん

!!! 今、だいすきってゆった? おれのだいすきな二位さん、ってこと? それとも『底なし』をだいすきな二位さんに、ってこと? ……前者っぽいよな。ハルさんによる愛の告白だ。なんて無心! 無心にもほどがある。

こういうところが緊張するんだよなー、とおもった(←あくまで受け手=作者が腐った人格で悪意と破滅を司っているせい)。こんなに毒気のない人柄で、人間社会生きづらくないんだろうか。じー。いや、すごく愛されているし、大事にされているから問題ないか。じー。ハルさん、音楽家が天職だなー。じー。おれ、ちゃんと観に来れてよかったなー(活動27周年の音楽家をやっとちゃんと観たひと。CDとバンドTOMOVSKYではお世話になっているけど)。
ちなみにclubQue側は「勝手に彼らを伴侶と思ってる」byチラシ、だそうなので相思相愛☆ハッピーだ。

ハル「放射能に汚染されたチバラキの海に捧げます。『トロピカル』」(←ハルさんは千葉県・成田市出身)

……だいすきな二位さん、とトーンが一緒だった。ほんとに無心だなー。

『ロンパリンラビン』よかったな~。



G.Voアビコ「(ダイナマイト☆ナオキについて)……チャリンコ暴走族って……昭和? ……時間の都合で『タマキンロック』がなしになって、すごいリハーサルがんばっていたのに、おれ(Queに)着いてすぐ聴かされたのに……」
ハル「二位さん事前情報なさすぎ。(フォーク・ミュージカルについて)楽屋が1番盛り上がっていた……でも“つづきを聴きたいひとは代々木ザーザズーまで来るように”って、時間なんて気にしなくていいから最後までやっていいのに。オチが気になって、おれ、26日行っちゃうよ?」
客席の端からダイナマイト☆の声「ありがとうございます!!!」
ハル「ペロ助はどうなって……もしあれだったらおれがペロ助、引き取るよ?」
アビコ「…………」
ハルさんもアビコさんも鷹揚だなー。

この日、ボーダー柄Tシャツを着ていたアビコさんはハル「ウォーリー! ウォーリー! ウォーリーをさがせ! ドントウォーリー!」ってしつこく言われて、どうするのかなーとおもっていたらセンターのお立ち台(?)に乗って「iam……Wally!」と叫んでいた。……そうか、ハルさんも千葉のスットコドッコイなんだ。

ハッピーエンドが訪れますように。

出口でフリサトさん(もじゃもじゃ)たちがチラシを配っていた。(←大木兄弟がすき過ぎて共演の際におなかをこわしたひと)

Img_3379
もじゃもじゃキャラ愛らしい

« 相馬野馬追祭③ | トップページ | コピペ問題とアサガオの観察日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/56974170

この記事へのトラックバック一覧です: Theピーズ×ダイナマイト☆ナオキ@下北沢Q:

« 相馬野馬追祭③ | トップページ | コピペ問題とアサガオの観察日記 »

無料ブログはココログ