« SPAC「マハーバーラタ」@KAAT | トップページ | かわさき宙と緑の科学館③ »

2014年9月29日 (月)

ボガンボローザ@下北沢251

ボガンボローザ(ボ・ガンボス&ローザ・ルクセンブルグの曲をやる)を観に、東京・下北沢のCLUB251へ行ってきました。ふだんよりだいぶ多めにハシャギました~。

1_2
黒板下の紙は「りょーめーさんは体調不良により出演キャンセルになりました」のお知らせ

もうずっと、どんとさんも休演だな、とおもった。

6月に「おれが来るべきLIVEじゃなかった」とか「パンドラの函」とかいろいろ文句(?)を言っていたのですが、作者は懲りないタイプなのでふたたび。今回こそノーダメージ☆ ノーめまい♪ おっけー!
6月の記事⇒LAST BAUS

お客層 男女比3:7 年齢層 平均すると40歳くらい?
前回よりぐっと年齢層がさがった、ような気がする。そもそもLIVEハウスに限らず、女性の年齢が見た目でよくわかんなくなってきました(アンダー25歳の服装がオーソドックスすぎるし、オーバー40代のキャピキャピ感がまぶしい)。

いちおうご存じないかたのために(作者も生で観たことない分際で)説明すると
ボ・ガンボス(1987~1995年解散)=VoALLどんと、B永井利充、KyDr.kyOn、Dr岡地曙裕
ローザルクセンブルグ(1985年~1987年解散)=VoALLどんと、B永井利充、G玉城宏志、Dr三原重夫
んで、VoALLどんとさん、B永井さん、Dr三原さんがいないので
+Vo&Gうつみようこ、Ba笠原直樹、Dr小関純匡でおもに6人編成。
ほかに玉響楽団、kyOnたまぶくろ、マルチダロドリゲス編成もあり。

あまちゃんのテーマで登場。『おいなり少年コン』でスタート。
『君の家は変な家だなあ』『助けて!!フラワーマン』『絶体絶命』『ダイナマイトに火をつけろ』『泥んこ道を二人』など。

それにしてもステージ上の帽子率がたかい。下手に中折れハット&サングラスのkyOnさん、上手に中折れハット&サングラスの玉城さん、っていうツインタワーがもう怪しい(しつれい)。さらに小関さんも中折れハット、笠原さんはハンチング&めがね、うつみようこさんはノー帽子・めがね、岡地さんはノー帽子・ノーめがねで白髭。登場と同時に威圧感がある。でも見た目だけじゃなくて、低音が濃厚で、指先がずっとビリビリしていた(←作者はちょう楽しんでおります)。玉城さんはこの日、ひどい風邪声で「このあたりのひとたちはあとでちゃんと手を洗うように」上手前方のお客さんたちに笑顔で指示していた。

ご存じないかたのためにさらに余計な説明をすると、ステージ上の平均年齢は友部正人(64)、柳原陽一郎(52)、TOMOVSKY(48)、kyOn(56)、玉城宏志(56)、岡地曙裕(56)、小関純匡(50)、うつみようこ(49)、笠原直樹(42)までで52,5歳である(歳ちがったら謝ります)。
そこに爆弾ジョニーのキョウスケ、小堀、タイチ、ロマンチック安田の4人が20歳とすると(無知ですみません)……42,5歳! 10歳も平均年齢さがる。爆弾効果すげぇ。
あ、1週間はやい岡地さんハッピーバースデー♪ もしました。

ゲスト;
爆弾ジョニー(お魚4匹) 『さかなごっこ』+1曲
柳原陽一郎 『けらいのひとりもいない王様』『フォークの神様』『さよなら人類』
友部正人 『かわりにおれは目を閉じてるよ』『ぼくは君を探しに来たんだ』ボブディラン『Like a Rolling Stone』友部さん訳(ちがったらどうしよう……)+1曲
TOMOVSKY (レッドトモフ)『さいあいあい』『橋の下』『バカボンの国のポンパラスの種』+1曲
さらに、『見返り不美人』女の子バージョンby長見順 withふたたびお魚4匹
アンコール『少女の夢』withふつうver.トモフ

もりだくさんすぎて、曲数と曲名とゲストの組み合わせが記憶ちがいになってしまっていたら謝ります(たぶんまちがっている)。

急遽りょーめー休演で登場したお魚姿の爆弾ジョニーたち(ボ・ガンボス活動ちゅうには、まだ生まれないものたち?)。一生懸命うたったり演奏したり踊ったり脱いだりしている姿を見ていると、だんだん好きになってきた。
そして、泰然自若たる友部さん、からの、ちょうハシャイでいるトモフ、という鮮烈なコントラストがよかった。どちらにしろ胸に迫るものがあって、直視できなかったんだけど。あと、トモフは待ち時間が長すぎたんだとおもうな。
友部「こんなにロックファンに優しくされたのは、はじめてだ」ようなことをおしまいに言っていた。
……! 友部さんロックファンにいぢわるされたのか……フォークだからってこと? なんてことを! めっ!

もりにもって22時すぎに終演(だったかなー)。
盆と正月が一緒にきていた。


『お蔵だし』はCDだけどカセットテープ

« SPAC「マハーバーラタ」@KAAT | トップページ | かわさき宙と緑の科学館③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/57402543

この記事へのトラックバック一覧です: ボガンボローザ@下北沢251:

« SPAC「マハーバーラタ」@KAAT | トップページ | かわさき宙と緑の科学館③ »

無料ブログはココログ