« 『驚愕の谷』東京芸術劇場 | トップページ | 羊毛フェルトで猫をつくりたかった »

2014年11月29日 (土)

TOMOVSKY晩秋ディナーショー

ひとりTOMOVSKYの『晩秋ディナーショー’14』を観に、東京・南青山のマンダラへ行ってきました。

1
この建物の地下

3 4
ディナーショーは往復はがきで応募・抽選するシステムが採用されています(左画=ある回の当選はがき、右画=別の回の落選はがき)←振込口座番号などは白塗りでつぶしました

作者はいまのところ3度応募して2回当選したことがあるので当確率は66.7%ですが、サンプル数が少なすぎるので参考にはならない。もう何十回(ざっくりで申し訳ない)も開催している大人気イベントです。

おおまかな流れ
①当選はがきをチケットに引き換える
②18時頃からディナー(お弁当)を堪能する←いつ来場してもいい
③19時頃からTOMOVSKYを堪能する
今回は22時頃までたっぷり3時間TOMOVSKYづくしであった。豪華ちらしトモフ☆

お客層 男女比 1:9 年齢層 平均すると40歳くらい?
なにしろ人気イベントなのでテーブル&チェアと通路は省スペースである。食事、ドリンク注文、トイレ、グッズ購入に適切なタイミングを見計らうみなさん。さらに、ぶつかったり、あやまったり、痛くないふりや気付かないふりをしたりするみなさん。見た目年齢はおれには判断できないけど、スルースキルの高さを考えるとちゃんとした大人であることは間違いない。譲り合い精神年齢の高さで言えば仏レベル。物慣れているし、人品おだやか。なので若気の至りじゃないはずだ。ってことは四十路?

5 6
省スペースでも汁物つき! (ひっつみ美味しかったけど手が震えた)         ここはイーハトーブ(理想郷)!

※この時点で、栗ごはんの栗の配置がオリオン座になっていることに気付いたひとは習熟度たかい。

今夜のトモフはストライプ柄シャツにブラックタイ、ウォッシュドデニム、レースアップブーツ格好。寒いのかコート&グローブを身につけて登場し脱ぐ。
ギター、バスドラム、キーボード! ←鍵盤トモフのリクエストにこたえての登場。
…………気のせいか、もうじゅうぶん細いのにLIVE毎にどんどん痩せてゆくトモフ。心なしか服がゆるそ……タバコってこわいな。←こないだまで禁酒していた作者が言うことではない。
トモフ「前髪ともみあげを切っていて7時をすぎてしまった」という話からショーがはじまったんだけど、後頭部に1束の外ハネがあった……寝ぐせトモフ、キュートだな。

たぶんやった曲;
『うたう48歳』『冬の48歳』『両想い』『最高の錯覚』『光をあつめて』『忘却toハピネス』『ひとりに戻るんだ』『チーム』『冬になっちゃえ』『ほうき』『人間』『魔法』『あのハナシのつづき』『明日、君に会うのか』『都合のいいジャンプ』『我に返るスキマを埋めろ』『ワルクナイヨワクナイ』『こころ動け』『スポンジマン』『スピード』途中からの『疎遠』『いい星じゃんか』『映画の中』『無計画とゆう名の壮大な計画』『タイクツカラ』『コインランドリーデート』こころ動けと間違えちゃう『脳』『ほめてよ』

お腹いっぱいでウトウトしながら聴いた『光をあつめて』よかったな~。
トモフが「ナイス・パーカッション!」とほめてくれた『ワルクナイヨワクナイ』たのしかったな~。←客席は途切れることなくンパッパッ・ンパッパッの手拍子
『都合のいいジャンプ』ではトモフ指導のもと、上パートのコーラスを練習したけどもう思い出せないな~。

今夜のトモフの名言①
伊豆からいらしたというお客さんに“波”の効果音を担当してもらったところ
トモフ「おれより上手い!」

今夜のトモフの名言②
LIVEちゅうに時刻を確認したお客さんを見つけて
トモフ「デートちゅうに時間を気にする女きらいじゃないよ」

今夜のトモフの名言③
引用元ふめいの呪文(?)をトモフがとなえた結果、客席が無反応だったとき
トモフ「ハルならすぐわかってくれるのに!」

ハルさんじゃないからムリ。むしろハルさんじゃないとムリじゃないかな。習熟度がぜんぜんたりない。

※ハルさん=TheピーズVo&B。トモフと同い年のご兄弟。現在バンドTOMOVSKYではサポートベースを弾いておられる。宇宙でいちばんトモさんを溺愛している男性(作者が勝手に認定)。

今夜のトモフのカワイイ発言;
トモフ「(お客さんに)話したいことはたくさんある。たくさんあるけど、そのなかに必要なことはあるかな?」
じぶんの頭をぐりぐりして悩む。
トモフ「ない!」

あまりの可愛さにこれはマボロシなのかな、とおもった。

2015年トモフの目標発表;年間50本LIVEやる(12月に50歳になるから)
2015年お客さんの責務公表;年間10本くらいトモフスキーLIVEに行く

賢治ぴょんのイーハトーブは港区に現存していた。

7
会場はsox猫だらけでした(ラブリー♡)

« 『驚愕の谷』東京芸術劇場 | トップページ | 羊毛フェルトで猫をつくりたかった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/58115159

この記事へのトラックバック一覧です: TOMOVSKY晩秋ディナーショー:

« 『驚愕の谷』東京芸術劇場 | トップページ | 羊毛フェルトで猫をつくりたかった »

無料ブログはココログ