« TOMOVSKY晩秋ディナーショー | トップページ | 皇居乾通り② »

2014年12月 3日 (水)

羊毛フェルトで猫をつくりたかった

最近めっきり老けこんで、楽隠居をきめこんでいる。

正確にはべつに楽じゃないし、隠居じゃないし(働いている)でウソなんだけど、あんまし外出もしないでウキウキ安楽にしている(人間に会わないのがいちばんラク)ので、やっぱり安楽隠居か片足を棺桶につっこんでひとりウキウキすごしている、のはホントウ。実際に「ヨボヨボ」とか「ダラダラ」とか「ゴロゴロ」とか声に出してヨボヨボダラダラゴロゴロしている。

なんだか、このひと(じぶん)が心配になったので手仕事の課題でも与えてみることにした。おまえ、しっかりしろ。

手仕事課題;羊毛フェルトでsox猫をつくる

《sox猫の説明》

過日、購入したTOMOVSKYトートバッグの猫がたいへん胸キュン(? 使い方がわからない)である。

1
ラブリー♡

で、もともとこのひと(猫だけど)はアルバム『いい星じゃんか!』収録曲『sox』に登場する黒猫のカラバリ兄弟猫である、とおもう……ちがっても責任とれないけど。


歌詞「黒猫が寄ってきた♪ つま先だけが白い猫、名前はsox! かって~につけた♪」

2
拡大してもラブリー♡

以上がsox猫の全容である。ここで羊毛の出番だ。


《課題作成》

3
芯になるもあもあちゃん

4
ボディのパーツをざっくり決める

5
チクチクする(手に乗せて撮影していますが、指にサクッと刺さるのでほんとは作業台の上でやります)

6
なんとなく形になった

7
黒いウールを巻きつける

8
さらにチクチクする

9
脚~が1本あったとさ~♪

10
脚~が2本あったとさ~♪

11
脚~が3本あったとさ~♪

12
脚~が4本あったとさ~♪

13
……どう考えても脚パーツまで芯をつなげて作ったほうがよかった。

14
目の代わりにボタンをつけてみた……似てないな……(目などのパーツは先に縫いつけることをおすすめします)

不気味カワイイ☆ とか言えば気持ちだけでもなんとかなるかとおもったんだけど、カワイイ要素ゼロだ。ブキミ度100%! コワい☆ あと、なぜか犬っぽいな。うーむ。

15
背面にキルトピンをぶっすり☆

16
ま、ウールの塊ですから。

17
こういう感じでトートバッグにつけてお出かけしようとおも……似ても似つかないうえにブキミなのでよしましょう☆

まとめ;工作はずっと苦手
工作は、というか工作も、だけど。ちょう苦手。ちょう。羊毛フェルトはちょうど2年前にどくさいスイッチをつくって以来、この「犬に見える猫?」が2作目である。じゃあきっと3作目にとりかかるのは、2016年の年末だな。いま気付いたけど、どくさいスイッチのころも衆院選挙やっていたらしい。衆院解散すると羊毛フェルトの売れ行きが伸びる法則! 羊毛フェルト・マーケティング☆
ま、気長にやろう。

補足;猫がちゃんと猫らしく完成していたら、お出かけしたかった場所

20 21
コサギちゃんのねぐらチェック!                      この白いのはぜんぶ(15羽くらい?)コサギ!

19
sox猫とのお出かけは月夜が基本

« TOMOVSKY晩秋ディナーショー | トップページ | 皇居乾通り② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/58159283

この記事へのトラックバック一覧です: 羊毛フェルトで猫をつくりたかった:

« TOMOVSKY晩秋ディナーショー | トップページ | 皇居乾通り② »

無料ブログはココログ