« 愛宕神社&NHK放送博物館 | トップページ | 新年一般参賀 »

2015年1月 8日 (木)

レッドアイ新年会

2014年夏に飲んだカゴメ・トマトジュースプレミアムがおいしゅうございましたので、2015年のひとり新年会はアイツでレッドアイ(トマトジュース×ビールのカクテル)を作って飲むべな、と考えていた。…………肝心のプレミアムは数量限定だったため11月には販売終了していたらしい……、、、あれ。まあいいか。

以前書いたビール好きな記事⇒
バラが似合うビール瓶しらべ
ビールで色遊び

1
しかたがないのでスタンダードなカゴメ・トマトジュースをご用意

新年のお屠蘇気分とトマト気分を盛り上げるために赤い布を背景にしてみました(画像が見づらいだけだった)。
レッドアイの作り方=トマトジュース1:ビール1
いじょう。では、さっそくカクテル☆


①ピルスナーの場合
3
お名前;ヴァルシュタイナー・プレミアムヴェールム
醸造所;ヴァルシュタイナー社
出身地;ドイツ・アルンスベルクの森
スタイル;ザウアーレンダー・ピルスナー ←スタイルとはビールの血液型みたいなものです
アルコール度数;4.8%
輸入代理店;兵庫・小西酒造

4
透明度が高くクセのない香りが端整なビールにトマトジュースをどぼどぼ

5
本日の主役

トマトジュース×ピルスナービール=予想通りのおいしいレッドアイ
作者はもともとトマトジュースもビールも好きなので、問題なし。これでおしまいでもいいんだけどせっかくなので、ふつうやらないピルスナー以外のビールもカクテルしちゃう☆


②スタウトの場合
7
お名前;オートミール・スタウト
醸造所;サミュエル・スミス社
出身地;イングランド・ヨークシャー
スタイル;スタウト
アルコール度数;5%
輸入代理店;東京・日本ビール株式会社

8
スタウト独特のチョコレートのような強い香りを打ち消すトマトジュース先輩のパンチ

トマトジュース×スタウトビール=まずくはないレッドアイ
トマト香、トマト味、底の方にかす~かにチョコレート香とシュワッと感、後味トマト。ほぼトマト。トマトってちょう主張の強い植物だったのね。うーむ。スタウトの深い味わいが……。


③ブロンドエールの場合
9
お名前;ブルッグスゾット・ブロンドエール
醸造所;ドゥハルヴマーン
出身地;ベルギー・ブルージュ
スタイル;ブロンドエール
アルコール度数;6%
輸入代理店;東京・ワールドリカーインポーターズ

10
急に量が少ないのは気のせいじゃないです

トマトジュース×ブロンドエールビール=まずくはないレッドアイ
ブルッグスゾットのはっっきりした味と香りをあっさり打ち消すトマトジュース先輩……う、うん。


④ヴァイツェンの場合
11
お名前;ツィラタール・ヴァイス
醸造所;ツィラタールビール
出身地;オーストリア・チロル地方
スタイル;ヘーフェヴァイスビア
アルコール度数;5%
輸入代理店;東京・有限会社Jena

12
余談ですが栓がプルタブです

13
小麦とバナナの甘い香りはどこへいった……

トマトジュース×ヴァイツェン=まずくはないレッドアイ
相変わらずまずくはないです、まずくはないんだけど、ビールはどこへいったんだ。自分でやっておいてだんだん最愛のビールたちが気の毒になってきました……。


⑤ランビックの場合
15
お名前;ブーン・グース
醸造所;ブーンブルワリー
出身地;ベルギー・ランビック地方
スタイル;ランビックエール ←酸っぱいことで有名な野性ビール
アルコール度数;7%
輸入代理店;兵庫・小西酒造

17
余談ですがコルク栓です

18
賞味期限は2033年です(※作者は酒屋さんに指摘されてはじめてビールの賞味期限を発見した! にぶい)

19
野性味あふれる酸味と苦みもなんのその……

トマトジュース×ランビック=レッドアイとは呼べないがまずくもない
こんなに強烈な個性を持つランビックですら、トマト味にしちゃうトマトジュース先輩。さいきょう。


⑥ホワイトエールの場合
21
お名前;水曜日のネコ
醸造所;ヤッホーブルーイング
出身地;長野県軽井沢
スタイル;ベルジャンホワイトエール
アルコール度数;4.5%

22_2
小麦とオレンジピールの香りはどこへいった……

トマトジュース×ホワイトエールビール=まずくはないレッドアイ
前から気付いているけど、小麦ビールは混ぜちゃダメだ。もったいないなり。

まとめ:丁寧に遠回りしたけど、やっぱり王道が正解
トマトジュース×ピルスナービールがレッドアイであります!

余談:とくにクラフトビール派でもワールドビール派でもない
今年、日本のクラフトビール業界が正念場をむかえているらしい。へー。大手ビールメーカーもクラフトビールに色気を出しているらしい。ん? 日本では大手メーカー5社以外の醸造所のビールを“クラフト”って呼んでいるのだとおもっていた。ちがうのか。
その昔、作者がビール好きになったばかりのころ、店選びのポイントは自称グルメたちによる口コミではなくエーデルピルスを扱っているかどうかであった。
※エーデルピルス=サッポロビールが製造しているピルスナータイプの香り高いビール。基本的に業務用樽のみ。
とりあえず飲むのはハイネケンなので安定した品質と安心価格がだいじだって知っている。
※ハイネケン=世界シェア3位のオランダ・大手ビールメーカーおよび商品名。日本ではキリンビールがライセンス生産と輸入・販売をしている。
大手ビールメーカーが続けてきた「ラガータイプだけがビール」っていう半分ウソの宣伝広告も、「第3のビール」とかいうブサイクな作品も(歴史上、戦争のために酒税法の基礎をつくった明治政府ふぁっく!)、「プリン体ゼロ・ビール」とかいう意味不明な商品も(ビールはそもそもプリン体が多く含まれていない)、そうやってじぶんたちで“ビール”の価値を積極的に押し下げてきた挙句、出荷量減の理由を「昨今の健康志向」とか「アルコールの多様化」とか「若者の○○離れ」ってちゃっかりヒトのせいにしちゃって失礼だぞ。ちゃんとしたビールの安定供給・流通・宣伝の資本を持っているのに宝の持ち腐れじゃないの? 各社マーケッターが血迷っているとしか思えない。しっかりしろ。
いま啓蒙すべきことは以下の2点じゃなかろうか。
①お気に入りのビールを1日1グラスまで←健康志向のみなさん向け
細胞の再生回数に限界があるように、人間が一生で飲める酒量には限界がある。だからビールでもウォッカでも日本酒でも、酒好きの気持ちからするとごく少量をゆっくり飲むのが肝臓にとっては“百薬の長”。酒飲みどもは、ほぼ全員飲みすぎ。おつまみも食べすぎ。酒量が決まっていれば、逆に1グラス2000円でもオッケーの可能性が出てくる。利益確保。
②瓶ビールは横倒しにしちゃダメ←小売店向け
専門店じゃないスーパーとかで瓶ビール買うと、ワインと勘違いしているのかレジで横倒しにされる率がけっこうたかい。ワインのコルク栓とちがってビールは王冠だから液体が瓶口に触れないほうがいいし、ビール本体も空気に触れる面積が増えると酸化しちゃうしで、いいことナシ。とにかく横倒しにした回数だけまずくなることは確実。「炭酸ふっちゃダメ!」と同レベルくらいで「瓶ビール横倒しにしちゃダメ!」って浸透しないと、いくら醸造所でおいしくても、リーファー・コンテナで冷温輸送しても、「期待していた(値段)ほどおいしくないな…」みたいな結果になってんじゃないか。
いや、めんどくさいことを言ってしまった。


気をとりなおして、稀代の酒好きが1937年に邦訳した詩を紹介しよう。

勧酒 于武陵(うぶりょう。唐代の詩人)原作
コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

今年も全世界のトマトジュース&ビール作り手たちがおいしいトマトジュース&ビールをつくってくれますように。

23
東京の辺境では元日、昼過ぎから雪が舞った

25
そしてうっかり積もった☆


« 愛宕神社&NHK放送博物館 | トップページ | 新年一般参賀 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/58495508

この記事へのトラックバック一覧です: レッドアイ新年会:

« 愛宕神社&NHK放送博物館 | トップページ | 新年一般参賀 »

無料ブログはココログ