« 舞台『グスコーブドリの伝記』@SPAC | トップページ | TOMOVSKY&ポントチョフ@高円寺HIGH »

2015年1月30日 (金)

バンドTOMOVSKY2015@横浜リザード

バンドTOMOVSKYのワンマンLIVEを観に、神奈川県・横浜港にあるclubリザードへ行ってきました。

Img_4475
入口が混雑していた

お客層 男女比 3:7 年齢層 平均すると40歳くらい
この日は開場~開演まで30分間バージョン。天気は晴れときどき曇り。おもては寒くて乾燥&鼻水。

『歌う49歳、横浜の49歳』でスタート(だったかー?)。
トモフ「バンドトモフの新年会へようこそ☆ ……見えずらいんだろ~?」
客床「見えな~い♪」
トモフ「今日は男3人は赤いビールケースに乗ってやります」
客床よろこぶ。
お、今日は肩から上部が見えるぞ。←バンドトモフの紅二点である大塚さん(Key&Cho)は帽子のみ、クメムラさん(Dr&Cho)は見えない。しかたない、とおもったら公演ちゅう一瞬だけ見えた。お二人ともちょうどニコッとされていた。きゃ☆ 印象的だ。
トモフ(Vo&ALL)はブラックタイドアップのストライプ柄シャツ、ハルさん(Ba&Cho)は黒い半袖Tシャツ、はかまださん(G&Cho)はボーダー柄長袖シャツ姿、だったかなー。
ハル「(トモフの足元を見て)……冬でもサンダル?」←作者の位置からは見えない
トモフ「(サンダルじゃないと“開放されない”という主旨)……おれ、けっこう細いからブーツインにするとウネウネして見えるんだよね、ほんとはウネウネしていないのに、それで太いやつにして……」←作者の位置からはボトムスも見えない
トモフ「トモフの衣裳、パッとしないとおもっているひといるかもしれないけど……くれ!」

いちおうご存じないかたのために説明すると、TOMOVSKYは大木知之さんひとり音楽家です。変則的なバンド形態でのLIVE時に出演者名が“バンドTOMOVSKY”に変化。ハルさん=TheピーズVo&B・トモフと同い年のご兄弟、大塚さん・クメムラさん・はかまださん=サードクラス、です。

トモフ「(先月誕生日を迎えてハル&トモが49歳になった解説の流れで)大木兄弟は次男と三男で、もうひとり○○○ってゆう長男がいて……」
客床から笑い声。
ハル「? ……なんでいま、名前を笑ったの?」
トモフ「! ほんとだ! なんで笑ったんだ! ○○○じゃダメなのかよ! おまえの兄ちゃん、なんてゆうんだよ!! なに、関係ない顔してんの!?」
ハルさんに指摘されて突如やさぐれてモメるトモフ。かわいいなー。次男ハルユキ、三男トモユキだけどお兄さんは○○ユキでおそろいではないのかー、という意味? ←作者は1/300客なので不確か

東京方面からだとお出かけ感(?)のある横浜駅のさらに先の元町中華街やマリンタワーや山下公園の近くにあるココでは、ふだん人品おだやかなトモフスキーのお客さんたちがテンションばりばりだ。ヤッホー感があふれている。いや、ぜんいん地元の可能性もあるけど。
トモフ「? お客さん、変わった? (総入れ替え? の意)」
トモフも驚くハジケッぷり。きっとふだんはトモフをドン引きさせないようにパワーダウン&我慢しているんだろうな。気遣いのかずかず。

それとも単純にパフォーマンスがよかったせいかも。

作者はこの日、左耳がぜっさん故障ちゅうだったのですが、音がすごくよく聴こえた。気のせいかな。人間のカラダ半分イカレているくらいがちょうどい……いや、ポンコツ・ボディは毎日つらい☆ ノーモア・ポンコツ! ノーサンキュー・ポンコツ!
機材、変わった? 総入れ替え? 逆に、なにか壊れていたとか? (ほめて大丈夫だろうか)気温や湿度も関係しているのかなー。いや~よかった♡

本編終了後のアンコール手拍子もウキウキがつづく。
タバコ片手に再登場したトモフ「作戦会議するから(がんばって手拍子しなくていい、という話)……タバコは失礼か」再退場。
トモフと入れ替わりでひとり登場したハルさん「バンドトモフは3人ほどタバコを吸うやつがいて、最近タバコも高くなったから根元まで吸ってから……ね。ぼくは40歳で禁煙したんですが……お兄さん、ですから! うちの三男はいつになったら禁煙できるのかねー」
ハルさんによるサービス・トークのかずかず。純粋すぎて直視できない。まぶしー。

アンコールでは、トモフのリクにより用意しておいたというメガネをかけてフラワーカンパニーズ・竹安堅一さん(G)のモノマネをするはかまださん。なぜかサイケな音をつま弾いている。
トモフ「? そんなニューウェイブな音楽じゃないよ」
はかまだ「家でほんとに使っているメガネをコンタクトに重ねてしまったのでフレットが見えない」という。コンタクトレンズ×メガネの両刀使い! ←“タケヤスさん”って聴こえたけど、そもそも竹安さんのモノマネじゃなかったら謝ります

作者はふだん人間としゃべらないせいか急に笑ったり大声だしたりし過ぎて帰路はけっこうな腹痛だった。なにがそんなに楽しかったのか忘れないように、こうやって文字に起こしてみたんだけど……文字にしちゃうと自分でもなにをそんなに笑ったのか不明。うーむ。

今夜のトモフの名言:「みんな今年はいいことあるぞ~☆」

まとめ:公演時間170分くらい たぶんやった曲数30曲くらい
『歌う49歳、横浜の49歳』『スピード』『カンチガイの海』『骨』『脳』『ほうき』『ワルクナイヨワクナイ』『乗れ!』『両想い』『ひとりに戻るんだ』『タイクツカラ』『星ラップ』『ほめてよ』『たりる』『文句いわない』『世界は終わってなかった』『GO!GO!GO!』『人間』『こころ動け』『我に返るスキマを埋めろ』『SKIP』『映画の中』『人生は無限だ』『都合のいいジャンプ』『最高の錯覚』『無計画とゆう名の壮大な計画』『過去のドレイだ、生きた化石だ』『秒針SKA』『長すぎる冬』『スポンジマン』/出血大サービス“君の瞳に恋してる”他
※本編およびアンコールぐちゃぐちゃ&記憶ちがいあったら謝ります




« 舞台『グスコーブドリの伝記』@SPAC | トップページ | TOMOVSKY&ポントチョフ@高円寺HIGH »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/58702755

この記事へのトラックバック一覧です: バンドTOMOVSKY2015@横浜リザード:

« 舞台『グスコーブドリの伝記』@SPAC | トップページ | TOMOVSKY&ポントチョフ@高円寺HIGH »

無料ブログはココログ