« めだかロスの悲嘆で狂歌を詠んだ | トップページ | バンドTOMOVSKY2015@渋谷WEST »

2015年3月 5日 (木)

働く貴方に贈る@国立能楽堂

『働く貴方に贈る』という普段よりちょっと遅めに開演する能楽を観に、東京・千駄ヶ谷にある国立能楽堂へ行ってきました。

1_2
夜の能楽堂は幻想的

2_2
定員は627席

《本日のプログラム》
実演解説『能に見る道具の扱い』 20分
解説/観世喜正(かんぜよしまさ・1970年生まれ)←時事ネタ・近江県を披露された
実演/味方玄(みかたしずか・1966年生まれ・京都市在住)←京都からわざわざいらして頂いてようこそ☆

大蔵流・狂言『文山立』ふみやまだち 20分
シテ山賊/大藏基誠(おおくらもとなり・1979年生まれ)←ソフトモヒカンのツーブロックヘア
アド山賊/善竹富太郎(ぜんちくとみたろう・1979年生まれ)←おそろいヘアスタイル

休憩20分

観世流・能『巴 替装束』ともえ かえしょうぞく 80分
前シテ女/後シテ巴御前の霊/片山九郎右衛門(かたやまくろうえもん・1964年生まれ)
ワキ旅僧/髙井松男(たかいまつお・1948年生まれ)
ワキツレ従僧/則久英志(のりひさひでし・1964年生まれ)
ワキツレ従僧/野口琢弘(のぐちたくひろ・1977年生まれ)
アイ里人/茂山良暢(しげやまよしのぶ・1982年生まれ・京都市在住)
笛/藤田次郎(ふじたじろう・1952年生まれ)
小鼓/古賀裕己(こがひろみ・1954年生まれ)
大鼓/髙野彰(たかのあきら・1959年生まれ)
後見/味方玄&分林道治(わけばやしみちはる・1967年生まれ)
地謡/小島英明(こじまひであき・1970年生まれ)&角当直隆(かくとうなおたか・1968年生まれ)&佐久間二郎(さくまじろう・1972年生まれ)&山崎正道(やまざきまさみち・1963年)&永島充(ながしまみつる・1968年生まれ)&観世喜正&野村昌司(のむらまさし・1970年生まれ)&遠藤喜久(えんどうよしひさ・1962年生まれ)

能舞台上(演者)の年齢を平均すると、1967年生まれ=48歳くらい。


舞台下のお客層 男女比5:5 年齢層 平均すると60代くらい?
“働く貴方”にお届けする企画公演だが一労働者というよりは、部長クラスより上層部および取締役といった年齢層であった。和装率もそれなりに高いが、仕事帰りっぽい若そうな方々もいらした(あくまで見た目判定)。2/3くらいが常連客、1/3くらいが初心者などライトユーザー(作者含む)かなー。ほぼ満席。

3_2
各席に字幕表示画面つきです

作者は能を観るとウトウトしちゃうのであんまり行かないのですが、
(以前書いた記事⇒第25回能楽研鑽会  第29回新宿御苑森の薪能『六地蔵』『井筒』
お正月に歌舞伎座で「女暫」を観てておもったんだけど
(1月に書いた記事⇒壽初春大歌舞伎
…………巴御前、ラブリーだな。
『巴 替装束』解説の段階で観世喜正さんも「実在したかどうか定かではありませんが……」と一言添えるくらい史実に紛れ込んだ空想キャラクター感ハンパない人ですが(巴御前の属性は源氏の武将・木曽義仲=源義仲の愛妾にして怪力無双の美女、という突き抜けたミラクル設定。いちおう背景は平安時代末期~鎌倉時代初期)、ちょう魅力的である。
そんなミラクル巴御前の演目なら、おれ、ウトウトしないんじゃなかろうかーとおもって観に行きました。結果、行って大正解☆ おれ秀逸♪

『巴』は能の演目分類カテゴリーの“神男女狂鬼”において“男”=修羅物における唯一の女主人公、というレア演目です(今後だれかが作らなければ)。
修羅物は“男”=武者の霊が主人公の夢幻能(ワキ方の見る夢や幻でした~というやつ)で、霊が生前の合戦や死後の苦しみ(修羅道に堕とされてしまっているため)を語る、というか舞うのが基本らしいです。
便利なサイトとか読んでください⇒the能ドットコム

ワキ旅僧(信濃=長野県出身)が都見物の旅の途中、近江=滋賀県の琵琶湖のほとり粟津(今の大津市?)で里の女(実は死んだ巴御前の仮の姿)が宇佐八幡宮の神前で泣いているのに遭遇、というのがプロローグ。
で、いろいろあって(ざっくり)、ワキ旅僧はアイ里人にこの地での巴御前(女武者として戦にお供した)の戦模様や木曽義仲の最期を聴かされる。
ワキ旅僧が回向のために読経していると長刀をもった巴御前の霊が現れて、大勢の敵との果敢な戦や討たれた木曽義仲の自害の様について再現する(あくまでひとりで)。
兜と甲冑(に見立てた烏帽子と表衣)を脱いで、やっぱりひとりで木曽へ落ちのびてゆくのがエピローグ。

『巴 替装束』なので装束に注目すると、前場では“里の女”らしく淡いペールグリーンのチェック柄の小袖(たぶん)に斜めに散らした草花文様がさとび(? いや、豪華なんだけどね)な着流しのお衣裳。意外にも可憐な表情の小面(こおもて。ごく一般的に様々な演目で使われる若い女面)……だったかなー。とにかく可憐だった。
※さとび=里び。いなかじみていること。田舎風。みやびの対義語。
後場では金の地模様が入った白(クリーム色に見えたのは照明のせいだろうか)の下衣に大口袴、オレンジ色の軍配柄(?)が勇ましくみやびな上衣を重ねたお衣裳に着替え、さきほどの小面と烏帽子。手には長刀。
※みやび=雅。優美、風流、上品なこと。さとびの対義語。

やっぱり笛の強烈で切ない音色と巴ちゃんの大立ち回りがかなしくてよかった。←巴ちゃんが追っ手を蹴散らしているあいだに瀕死の木曽義仲は自害してしまう
この地で今際の際となった木曽義仲(ちょう重症)が「巴も一緒に自害します~」ってもちろん巴ちゃんは寄り添ったのに「汝は女なり、忍ぶ便りもあるべし~」(←おまえは女だからひとり生き残ってくれ、これは主命だ、の意)とか、いま? いまさら? そういうことは出陣前に言えよ! ということを言われてむせび泣く場面とかをはじめ、面が表情豊かで心打たれた。←面そのものは漆塗りの木彫りなのでもちろん不動

能面師さんが「面は能楽師さんが身につけて舞うための道具であって、壁に飾る美術品じゃない」と言っていたことに、おれも賛成。
面を身につける能、それに人形を操る文楽の最大の魅力は、演者をどんなにジロジロ見つめても絶対に視線が返ってこない安心感と不可侵性にあるとおもう。

とくに8人がかりの地謡が「/巴泣く泣く賜はりて、死骸に御暇申しつつ、行けども悲しや行きやらぬ/」のところとか、切ない。
もう死んでいる木曽義仲(主君にして恋人)の死骸にわざわざお暇を……! いいよ、そんなことしなくて、巴ちゃん……!! とおもった。ちょっと歩き出したけど、思いきれなくて戻ってきちゃうし。ううぅ。←シテ方がひとりで演じておりますので舞台上は木曽義仲の死骸とか転がってはないです。ぜんぶイメージ。

巴ちゃんLOVE♡

4_2
ロッカーは10円(コインを返却しないタイプ)という謎の金額設定

« めだかロスの悲嘆で狂歌を詠んだ | トップページ | バンドTOMOVSKY2015@渋谷WEST »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/59094684

この記事へのトラックバック一覧です: 働く貴方に贈る@国立能楽堂:

« めだかロスの悲嘆で狂歌を詠んだ | トップページ | バンドTOMOVSKY2015@渋谷WEST »

無料ブログはココログ