« 働く貴方に贈る@国立能楽堂 | トップページ | ダイナマイト☆ナオキ@代々木ザーザズー »

2015年3月 8日 (日)

バンドTOMOVSKY2015@渋谷WEST

バンドTOMOVSKY『春のワンマン』LIVEを観に、東京・渋谷のツタヤO-WESTへ行ってきました。TOMOVSKY東京圏ワンマンでは久しぶりに平日夜開催だったようで、終演後の出口でお客さんたちは口々に「来てよかった!」「お得だった!」を連呼していました~(背景に苦労あり?)。

1
ネーミングライツによる“ツタヤ”冠

2
えへへ

お客層 男女比 2:8 年齢層 平均すると40歳
トモフのお客さんは大人のひとが多いので平日夜は都合がつかなくて(お仕事とかお子ちゃんとか介護とか)……ちょっと少なめなんじゃないかしら? ニヤリ☆ 狙い目だ!
とかおもって行ったんだけど、そうでもなかった。あれ? もういっそファミリーシートとか作っちゃえばいいとおもう。

開場ちゅうのSEはなぜか『ピーターと狼』。Tiny Tots Concert?

テーマソング『君の瞳に恋してる』&客席手拍子でバンドTOMOVSKYの5人囃子が登場。
ご存じない方のために説明すると(作者もよくご存じないけど)TOMOVSKY=トモフ=大木知之さんVo&ALLはひとり音楽家です。“バンド”冠がつくと、ハルさんB&Cho(TheピーズVo&B・トモフと同い年のご兄弟)、はかまださんG&Cho(サードクラス)、大塚さんKy&Cho(サードクラス)、クメムラさんDr&Cho(サードクラス)の4人がサポートで演奏および歓談されます。

『ハッピーバースデイ・大塚嬢』でスタート。
大塚さんは演奏のまにまに、ご自身で用意されたというキャンディー(か、なにかお菓子)を客席にパァっとまかれた。すてきなひな祭りのはじまりだ♪ ←あと5時間しかないけど
トモフはグレーのTシャツにストライプ柄シャツを羽織りカーゴパンツ姿。ハルさんは黒ロンTにカーゴパンツ(アンコール後はポール半袖Tにお色直し。黒だけど)、はかまださんはエルボーパッチつきボーダー柄長袖シャツ、大塚嬢は和柄キャスケット&バストギャザーチュニック、クメムラ嬢は桃の節句色プルオーバーだった、かな。
横浜とちがってよく見えてステージって便利~☆ とおもった。⇒バンドTOMOVSKY@横浜リザード
今夜のご兄弟おそろいポイント
①カーゴパンツ←アイテムは別
②飴の食べ方←世の中のたいていのひともおそろい

この日、トモフはWESTスタッフさんに客席(椅子ないので床だけど)ガラガラだってよほど脅されて登場したらしい。たしかに直前まで「きょうはゆったり快適かな~ニヤリ☆」と作者もおもっていたが、ちがった。職場から駆けつけると食事がキビしいよね、ギリ狙いでしょうな。
トモフ「もうBBSの書き込みで“平日だから行けません!”宣言をされて……おれ、これからLIVEなのに……なんて返信したらいいの? みんなかわりに“偽トモフ本人”って返信してくれていいよ……」←トモフの可愛いお顔がショボショボに……!
ハル「(大きく頷いて)いらない」←即答
ご兄弟、うたれ弱え。って一瞬おもったけど、まちがい。トモフスキーHPのBBSをこっそりROMすると(デジタルネイティブ世代の若人どもはROMなんて言葉知らないかも)、トモフはちゃんとしている。いろんな謎の書き込みに対してちゃんと応えている。まず“トモフ本人”がゴーストライターの可能性もあるけど、同時に匿名の書き込みもフィクションかもしれないのに(ネット上で犠牲者ぶるのって楽しいよね♪)。結果的にちゃんとしているのに、その手前で傷ついている過程を自分からみんなに晒しちゃうってゆーのは、強いんじゃないの? ちゃんと忍耐強いのに自分ではあんま気付いてないっぽい。スットコドッコイでラブリー♡
それにしても、甘い毒にしろ苦い毒にしろ、言葉って毒だ。今ココにいないひとの文字によってトモフのお顔をこんなにもショボショボにできちゃう悪影響力……! いいな~、おれもおれの毒を盛ってトモフをコネコネしたい……!

トモフからの業務連絡①;BBSに「LIVEに行けません!」宣言を書き込まないこと。禁止☆

本編はじまってすぐのこと
ハル「……だれかチューニング狂ってる。ちゃんとしよう」
言われて素直にギターをチェックするギタリスト2人。
ハル「今年からそういうのも、言ってくからっ!」←精一杯きびしくしているつもりらしい
ハルさん極甘発動。“だれか”ではなく“トモ”と言いたかったっぽい。そこ我慢したにしても、今年からいまさら言っていく宣言なんて、ハルさんのトモフに対する49億年越しの恋になにか進展でもあったんだろうか。……ないよね。恋ったって片想いじゃなくて、ずっと両想いだし。←ひとりTOMOVSKYライブ時にトモフは100%ハルさんの話をする
でも今まで、なにか言いかけてやめたり、マイクのないところで喋ったり、至近距離でトモフを見ないフリしたりしていたのになー。
※至近距離で見ないフリをするのは猫社会においては重要なコミュニケーションツールです。
なにか言いたそうにしてやめちゃうハルさんはそれはそれでセクシーでしたが。
なんかいいことあったのかな♪ ハルさん嬉しそうだと嬉しいなー。
…………ん? 「だれひとり口笛の音程が合っていないのはいいの?」「もっと練習したほうがいいと思うよ」「(トモフのおしゃべりを止めて次の曲に行かせようとして)ちゃんと好かれるようにやんないと!」とか、けっこう今までも色々言ってたの思い出した。採用されなかったのかなー。けなげ☆ ハルさんの恋心が報われますように♡

トモフからの業務連絡②;トモフの陰茎はクリスタルガラスでできているので、トモフが陰茎の話をしても、それは「下ネタじゃない!」そうです。←トモフ・ボディはチェコ製?

トモフ「おたのしみタイム!」
と言って、なにかお楽しみなことをしたトモフ…………今ぜんぜん思い出せない。うーむ。この直後の破壊力とトキメキが抜群だったので、おれの記録装置が忘れちゃったらしい。むねん。
トモフ「おれらも何するか知らないんだけど……」と言って、はかまだ弾き語りタイムに突入。
はかまだ「ぼくは……していたんだなぁ~」
と急に口調が変わったので、山下清のモノマネ? とおもったらオリジナル曲『道玄坂のラッセン』だった。←渋谷ご当地ソング(曲名は今作者が勝手につけたものです)

※クリスチャン・ラッセン=米画家。1956年生まれ。幻想的な海とイルカの絵で有名。日本では代理店による強引なシルクスクリーン絵画商法でも有名。

抜群の破壊力だった。びっくりした。
ハル「……つらい歌だ~。そんなつらいことわざわざ音楽にしなくてもいいんじゃないの?」
トモフ「それを言っちゃあ……」
(内容は)しんどくて楽しいフォークソングでした。
トモフ「次はバンドトモフではあんまし前に出ないふたりに……」と言って、リズム隊シングアソングタイムに突入。大塚嬢が前奏を弾きはじめた段階でお客さんがキャ☆ となった『赤いスイートピー』を披露。1番をハルさんが苦みばしった歌い方で歌い上げ、2番はクメムラ嬢によるスウィートクリアボイス…………やだ☆ かわいい! きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください ←この日1番のメロメロ
苦甘味のバランスが抜群だった!

『無計画とゆう名の壮大な計画』では船長がお腹を壊したため急遽代理が指名された。
バンドトモフ号船長代理・キッチン担当おおつかシェフによる重大発表「(抜粋)みなさんには隠していましたが、この船は50年。祝50年! 船の寿命は30年。もう船はボロボロだし、船長もヨボヨボです!」
お雛様=大塚嬢が1番男前だ。

今夜のトモフの名言;「トモフのフは、(インター)ネットのネ!」

まとめ:公演時間190分超 やった曲数33曲くらい?=本編25曲+アンコール5曲+Wアンコール3曲くらい
『ハッピーバースデイ大塚嬢』『今日に与えよ~大塚に与えよver.』『脳』『巨大なダムのありんこの穴』『ムカシミタイニはアソベナイ』『星ラップ』『sox』『いい星じゃんか』『こころ動け』『SKIP』『スピード』『過去のドレイだ、生きた化石だ』『たりる』『長すぎる冬』『我に返るスキマを埋めろ』『ガン告知はいらない』『乗れ!』『その2つ以外は』『人生は無限だ』『都合のいいジャンプ』『映画の中』『世界は終わってなかった』『無計画とゆう名の壮大な計画』『ほめてよ』『スポンジマン』『歌う49歳』『秒針SKA』×3回
おたのしみタイム☆はかまだ卓・弾き語り『道玄坂のラッセン』、リズム隊2人が歌う『赤いスイートピー』など?


おれは公演ちゅうずっと、3年前にココではじめてバンドTOMOVSKYを観たときと同じく、天国ってココのことかな、とおもっていた。

3
ツタヤのレンタル無料券配布

« 働く貴方に贈る@国立能楽堂 | トップページ | ダイナマイト☆ナオキ@代々木ザーザズー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/59153947

この記事へのトラックバック一覧です: バンドTOMOVSKY2015@渋谷WEST:

« 働く貴方に贈る@国立能楽堂 | トップページ | ダイナマイト☆ナオキ@代々木ザーザズー »

無料ブログはココログ