« 文楽5月公演@国立劇場小劇場 | トップページ | 町田市内の10駅スタンプラリー »

2015年6月 4日 (木)

シュトゥットガルト室内合唱団@神奈川県立音楽堂

フリーダー・ベルニウス指揮、シュトゥットガルト室内合唱団の公演を聴きに、横浜市西区紅葉ヶ丘にある神奈川県立音楽堂へ行ってきました。

1
JR桜木町駅(海側)

ちょういい天気で日差し暑かった。

3 4
こちらは桜木町駅の線路はさんで山側。住所「紅葉ヶ丘」の名前通り、急坂をのぼった先にあります(中央分離帯にちゃんとモミジの樹が植えてある。律儀)

5 6
90度の角度(?)で渡り廊下でつながっているモダニズム建築の左手が神奈川県立図書館、右手が神奈川県立音楽堂です

駐車場のある玄関階は2F部分(地下1階、地上4階の鉄筋コンクリート造)。ちなみにこの建物の裏手には横浜能楽堂もある。

7
入口

9 10
ちょう気持ちいいホワイエ。上野公園の東京文化会館や国立西洋美術館になんか似ている……、と感じたひとは建築好き☆ (天井のジグザグはホール客席の段差の裏側)

11
しっかり自画自慢(?)パネルと建築模型が飾られていた

1954年開館・前川國男建築設計事務所が担当した日本初の公共音楽ホール。当時「東洋一の響き」と絶賛された(←自画自慢☆)木のホールは東大生産技術研究所・渡辺要研究室によるものだそうで、空席時の残響時間は1.4秒。残響とか反射音とか音響障害とか吸音性とか、音楽とヒトの耳のシステムって繊細すぎてむずかしー☆

國男さんはル・コルビュジェ父さんの弟子

13
横浜っ子ご自慢の木のホール(今回は無伴奏公演なので奥に置かれたピアノはチューニング用です)

お客層 男女比 3:7 年齢層 平均すると60代~
中高生やファミリーっぽい方々、30~40代とおぼしき皆さんもいましたが、ボリューム層はおばさん&おばあちゃんといった感じ。上品なお召し物のおばあさま方、合唱すきなんだな。お昼間のせいか記録的に暑かったせいか、ファッションはカジュアル:シック、5:5くらい。
椅子と足元がけっこう狭い(ロッカー&クロークあり)、渋い建物(1954年生まれ)なせいかトイレ空間も狭い。でも居心地さいこー♪ ココが売りに出されたら(神奈川県が財政破綻しない限り絶対出されないけど……破綻しちゃえ☆)ぜひとも居住したい。寝泊まりしたい。1106席ある客席がたぶん満タン。


本日のプログラム 110分 男性はホワイトタイ、女性は黒ベロアジャケットに深紅のロングスカート姿(←カーテンっぽいボリューム)

ラインベルガー:ミサ曲変ホ長調カントゥス・ミサ『キリエ』『グローリア』
ラフマニノフ:『徹夜祷』7・9・12
ラインベルガー:ミサ曲変ホ長調カントゥス・ミサ『クレド』『サンクトゥス‐ベネディクトゥス』『アニュス・デイ』
≪休憩20分間≫ 
コルネリウス:3つの合唱曲『愛よ、汝に私をゆだねます』『春の日の三日間』『嵐の風に』
ゴットヴァルト編曲:8声のための合唱曲『シューベルト・月に寄せて』『グリーグ・ソルヴェイグの歌』『リスト・素晴らしい事に違いない』
メンデルスゾーン:“野に歌う”より『春の予感』『プリムラ』『春の祭典』『森にて』『憩いの谷』『ひばりの歌』『朝の祈り』『森への別れ』『ナイチンゲール』

シュトゥットガルト室内合唱団は約80名所属しているそうですが、今回はソプラノ8名+アルト6名+テノール7名+バス6名=27名(?)とベルニウス本人による公演です。
指揮者のフリーダー・ベルニウス(1947年ドイツ・ルートヴィヒスハーフェン生まれ)が学生時代の1968年に創設し、いろいろ受賞されています(ざっくり)。

ラインベルガーの間に挿まれたラフマニノフ『徹夜祷』(いわゆる『晩祷』)ちょうよかった。客席があまりにも静かだったので「え、泣くのを堪えて感動しているのはおれだけ!?」とおもってあわあわしたけど、ちがう。聴き入っていたんだろうね。
コルネリウス『愛よ、汝に私をゆだねます』の軽やかさにも心なごんだ~♪ ささやくような小さな音(声)の正確な安定感はもはや意味ふめいだった(驚異的で誉め言葉が見つからない)。とりあえずウグイスは超えてた(ウグイス♂は鳴管2本、鳴管筋5種を使ってさえずります)。ベルニウスが手でかき混ぜるような仕草をすると、声がちゃんと混ざって聴こえる様子とかも魔法みたいで楽しかった。カノンもきれいだったな~、は~♡ ←思い出すとうっとりする

合唱団は、5月最終週に熊本県立劇場→富山県高岡文化ホール→神奈川県立劇場というツアー(?)で来日されました。ドイツ南西部(シュトゥットガルト)の湿度の低い涼しい気候にくらべると暑くてムシムシして不快指数たかかっただろうな~とおもう。今年の5月は特に最高気温記録でたし。ダンケシェーン♪

15
音楽堂はグリーンカーテン用にゴーヤ仕込みちゅうだった

« 文楽5月公演@国立劇場小劇場 | トップページ | 町田市内の10駅スタンプラリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/60226129

この記事へのトラックバック一覧です: シュトゥットガルト室内合唱団@神奈川県立音楽堂:

« 文楽5月公演@国立劇場小劇場 | トップページ | 町田市内の10駅スタンプラリー »

無料ブログはココログ