« 我が家の有毒植物 | トップページ | カーブミラーより愛をこめて »

2016年4月23日 (土)

『TAKAHASHIS’ ver.20』@横浜O-SITE

海月ひかり×カギボス×ひとりピーズの3組LIVE『TAKAHASHIS’ ver.20』を観に、神奈川県・横浜駅西口ちかくのO-SITEへ行ってきました。

1
横浜駅前だけど裏通りなムービル

1988年当地移転時に完成したビルでバブル期の生まれ。相鉄ムービルからムービル(東急系)に2006年資本および名称変更し、2Fにチケットカウンターのある映画館はいま109シネマズ。
妙にツルツルで広い通路とか、外壁ガラス張りの階段とか、死角の多さとか、ノスタルジックでうらぶれた建物だ(おちつく)。新橋駅でいえばニュー新橋ビル(老朽化により2020年以降に建替予定)、町田駅でいえばトポス(もうない・マンションになった)、本厚木駅でいえば厚木パルコ(もうない・アミューあつぎになった)、藤沢駅でいえばフジサワ中央(独立系映画館・もうない)に例えられる、かもしれない。

2
O-SITEは相鉄本多劇場の居抜き物件……?

2014年にクローズした相鉄本多劇場の居抜き物件のLIVEハウスだとおもって行ってみたら、、、ちがった。劇場のまんまだった。ロビーと通路との境界がロープパーテーションだし、バーカウンターと喫煙スペースが通路の斜め向かいにあるし。変則的だなー。ホールに入ると後方段にはクッションベンチ、前方フロアにはスタッキングチェアがきっちりではなく適当にインターバル空けて並べてあって時々テーブルまであった。なんて甘やかされた空間だ! 虚弱体質(おれ)にぴったり☆ 気に入りました!
ステージの上手&下手にスピーカーが積まれてなければいまでも演劇はじまりそう。

お客層 男女比 1:9 年齢層 みんな大人
『TAKAHASHIS’ ver.20』だけど出演者にタカハシさんはいない。主催のかたに間違いないけどおれはご存じないので当日までに調、、、とおもったまま当日開演時刻になってしまった。で、タカハシさんが何屋さんなのか知らないまま観てました(テキトー過ぎて申し訳ない)。何屋さんか不明だけど、ナイス☆

①海月ひかり(V&Pうみづきひかりさん・ひとりピアノ弾きがなり←「がなり」はご本人談)
動くたびにふわっと広がるキュートなお衣裳の袖口からタトゥー(シールや傷痕の可能性もあるけど)がのぞく。刺青ならアナーキーな乙女だなー、とおもった。
低音で伸びのある歌声も軽快なピアノもムーディー(ちょっと不機嫌な、のニュアンスが好きです)なんだけど、いくらなんでもビブラートが過剰すぎやしないかとおもって聴いてたら、3曲目『dreamer』『#606』(たぶん)あたりからフッと優しくなった。
気合い入ってたみたい。そうゆうのは好きだ。
海月「19歳のころに福岡に住んでいてTheピーズのLIVEがあって、あたしはあらゆるツテを使って楽屋にもぐりこんで、ハルさんに“あたしも歌ってるんです”って作った曲を渡して……」
お、そこから今日までに至るドラマが……☆
海月「(つづき)あたしはMDを渡したんですけど、(ハルさんが)“おれ、MD聴けないんだよね”って、、、しまった♪」
記録メディアの壁に阻まれて、ドラマ生まれず。ハルさんにMDは鬼門なんだ。
最後に福岡の思い出とゆう『千鳥橋』を歌われたんだけど、切ない。




②カギボス(V&AGカギゲンタさん、V&P&Per&鍵盤&ALLボスさんの2人ユニット)
O-SITEの売りは「どの席からでも観やすい快適LIVEハウス」(たぶん)なんだけど、カギボスさんは舞台床にペタッと座って演奏したり歌われたりもする。うん、さすがに見えないね。
聴こえればなんでもいいか、『星の部屋』(たぶん)よかった。なんかおれ、ずっとうっとりしてた気がする。アコギとパーカッション(ほか色々)のクリアな音にカギさんのやさぐれた歌声が合わさると夢見心地だ。
カギ「……きょうはみなさん大木温之さんを観にきてるんですか?」←邪気おび
お、なんか怒ってんのか? ケンカだ、ケンカ♪ カギさんとハルさん☆
カギ「横浜にあったclub24ってLIVEハウス知ってますかね? (名称聞きまちがいじゃなければ・2007年に閉店)ぼくはそこでスタッフをしていて、、、Theピーズの入場整理とかしてました。(働いてたのは)ぜんぜん歌ってない時期で、、、(今夜のハルさんとの共演が)感慨深いです」←邪気おび
ボス「? ああ、その感慨で緊張して……?」←無邪気
ボス「おれは中学生のころ、Theピーズの『デブジャージ』とか(コピー)やってて♪ さっきその話したら(たぶん控室で)ハルさんがちょっと歌ってくれて♪ 中学生のおれが……! 『肉のうた』とかもやってました☆」←無邪気
カギさんとボスさん(中家さん)のバランス面白いなー。それにしてもこんな風にハルさん(ベテラン)をみんなで持ち上げて……プレッシャー? あとで叩き潰す計略なんだろうか。(そんな邪悪なヒトいないッポイ)
さらに鍵盤も打楽器も弦楽器も弾けて歌えるボスさん、謎だ。今後のLIVE日程のプロンプター(告知するのはカギさん)もしてたし。でもメトロノームきちんと止められなかったり、ピアノ出だし忘れて(?)「もう1回」ってやり直したり、、チャーミン☆


③ひとりピーズ(V&AGオオキハルユキさん←Theピーズは3人バンドですが今日はひとり弾き語り)
ハル「~~、もったいない♪ ずっといたい☆」ではじまる。
ここ、客席はゆったりまったりのびのび~、なんだけど舞台からお客さん丸見えであっちは居心地わるいかもな、とおもったらハルさんはすでに気に入ってた。
ハル「ボス、万能♪ おれもボスほしい☆」
ボスさんも気に入ったようだ。せっかくだから『デブジャージ』、、とおもったけどワガママか。
ところでハルさんのギターっていつも弦の余分なとこ切らない主義だった? 6弦ぜんぶピンピンはねてて当たったら痛いんじゃないか、目に入ったらキケン★ とか心配なんだけど小さいニッパー(ワイヤーカッター?)を贈ったほうがいいんだろうか。いや、余計なお世話よね。
『残念賞』よかったな~。『The Butterfly Collector』たのしかったな~。
『植物きどりか』『血の丸』『クリスマスに帰る』『異国の扉』『ブラボー』『キャロ』『生きのばし』など『シンデレラ』『抱かれたいもう一度』←すごい説明してくれた。あとココがドラムできないことも説明してくれた(上下映画館だから)。そうなの? シンちゃんがカホンかジャンベかマラカスやってくれたらTheピーズでき……だめか。
ハル「アビさんってゆうギターの上手いヤツがいて、このへんにいるはずなんだけど、、、♪(3人で一生懸命やってるTheピーズも観にこい、とゆう要旨だった)」
アンコール『サマー記念日』



今夜のハルさんの衝撃発言:アンコール時
ハル「みなさん、(これからも)元気で。愛してます♪」(ゆってから鼻で笑う)
…………、ん? いまハルさん「愛してる」ゆわなかった? 耳ちがい? だってハルさんは純情な照れ隠しが1周して『ザーメン』(1996年)って曲つくったヒトなのに(おれはそう思ってた)。1番ゆわなそう。なにかあったんだろうか。…………まさか、しぬの? そんなのイヤだ! うーむ。①ファミリーがいらしてる ②リトルラバーがいらしてる ③マイスウィートハートがいらしてる ④熊本をはじめ九州のヒトたちが心配(それはみんな心配だろうけど) ⑤音楽とか時空とかそうゆう無機物に対して ⑥主催タカハシさんやスタッフさんに対して ⑦お客(おれ含む)に対して ……0.7秒迷ったけどせっかくだから⑦を採用しよう。
ハルさんに(ごく一部)愛してるゆわれちゃった♪ キャ☆

はー、存分にうっとりしたー。横浜マジック☆ 最後にびっくりしたけど。
 

公演まとめ:公演時間10分押しで150分くらい
海月ひかりさん8曲くらい+カギボスさん6曲くらい+ひとりピーズ11曲くらい+アンコール1曲

3
天気はくもり時々お月さま

« 我が家の有毒植物 | トップページ | カーブミラーより愛をこめて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/65094434

この記事へのトラックバック一覧です: 『TAKAHASHIS’ ver.20』@横浜O-SITE:

« 我が家の有毒植物 | トップページ | カーブミラーより愛をこめて »

無料ブログはココログ