« 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q | トップページ | 初夏のズーラシア »

2016年5月23日 (月)

チーターに恋する@横浜ズーラシア

チーターに恋をしているので、神奈川県横浜市旭区にあるよこはま動物園ズーラシアへ行ってきました。
ちなみに「恋」の意味は昭和の国語辞典によれば「(人間の)異性を愛ししたうこと、状態」とあるので、誤用だけど……でも、これは恋☆

1
動物園入口・料金はおとな800円

3
さっそく動物園最奥にある新エリア「アフリカのサバンナ」に到着(歩くとけっこう時間かかるので園内有料バス利用とゆう手もあります)

ここのメインである混合展示場ではエランド(4頭)とキリン(3頭)がのんびり葉っぱをハムハムしてた。
エランド:【鯨偶蹄目ウシ科】レッドリスト軽度懸念、生息地はアフリカ東南部。
キリン:【鯨偶蹄目キリン科】レッドリスト軽度懸念、生息地はサハラ砂漠や熱帯雨林をのぞくアフリカ。

とるものもとりあえず、チーター舎(個別展示場)へGO☆

5
フェンスで区切られた屋外で写真右手の小屋(ガラスビュー)から覗ける

チーター:【食肉目ネコ科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地はアフリカ・ニジェール共和国・ナミビア共和国・ボツワナ共和国のサバンナ。

7 8
生い茂るクローバーのうえでとぐろを巻きシッポをパタパタ         たまにあくび☆

チーターのあくび♪ きゃわ~☆ ※しばらくお待ちください

9 10
シッポをくるん♪ として立ち上がる姿                     鼻先をペロッとなめる仕草

11
日なたから日かげに移動するときに歩きながら目をつむる顔!

ひとつひとつぜんぶ、きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください

13 14
ガラス窓にズズイと接近して観察された               外パネル写真とおなじ顔

南アフリカ出身のエジプト♀さん(←名前)のようだ。

15 16
左眉のうえに白髪(?)が1本ピンはねしてますな            至近距離で見ると眉目秀麗!

「きみ、おれと結婚しない?」とおもった(めろめろ)。
ああ、でも毎日新鮮なお肉ミンチとペレットと獣医と広大なサバンナ(土地)を用意しないといけないのか、、、政治資金横領にでも手を染めないと結婚できそうにないな(恋は盲目)。

17 18
カメラのズーム機能なしでこの距離感☆             よく見ると毛むくじゃらだね☆

19 20
近すぎてピントがガラスに合っちゃう☆               シッポを翻して足裏のお肉球を見せながら去る☆

21 22
それにしても後ろ脚の筋肉隆々だね☆                   でも小回りは苦手らしい(ぎこちない)☆

23 24
やっぱりなにか気になるらしい(気に入らないのかも)          近すぎてピンボケ☆

これは…………、脈アリ!? 脈アリなのかしら!? (恋はだいぶ盲目) 悪事に手を染めてサバンナを用意する算段を……! (めろめろに勘違い)

25
きみといっしょにサバンナを追いかけっこしたい! (勝負にならないけど)

さて、エジプト♀嬢にだいぶめろめろになって頭がおかしくなったところで、こんどは混合展示場にいるチーターを探します(頭を冷やそう)。

27
チーターを気にするシマウマとシマウマを気にするチーター

29 30
南アフリカ出身のサハラ♀さんです(エジプト♀嬢とは姉妹)        クール・ビューティーな雰囲気☆       

31 32
岩の陰で身構えたり                              ゴロン♪ としたり☆

きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください

33
でもやっぱりシマウマ(3頭)が気になる

まとめ:人間も混合展示されてた
なんで岩陰にいるチーター(個体)がサハラ♀さんと判明したかとゆうと、飼育員さんが「サ~ハラ♪」と陽気に声をかけながら歩いて(!)横切ったからである。そんな至近距離で生身で歩いて(シマウマ柄軽トラックじゃなくて)だいじょぶなの? とびっくりした。華奢で小柄なチーター(肉食)もだけど巨体のグラントシマウマ・エランド・キリン(草食)だってうっかり踏まれたら骨折ぐらいする。飼育員さん、保険には入ってるんだろうか(余計なお世話)。ガイドのときとか場内にいるけどさ、4種10個体ぐらいがいるなかであんなのんびりしてるのか、予想外だ。飼育員さん(人間)ともども、のびのび混合展示されてた。ここ桃源郷?

ところで、彼女がサハラ♀さんと判明したことで残りの個体識別方法も判明しました。
昨年書いた記事⇒ズーラシアのサバンナが遠い

35 36
昨年、目が合った瞬間に恋に落ちたお相手は南アフリカ出身のジルコ♂さんでした~☆ (画像は昨年撮影のもの)

ちなみに個体の名前を知りたい場合は飼育員さんに訊けばふつうに教えてくれます。確実に知りたい方はそれが確実です。推奨。

37 38
マップ表紙の写真は東京・多摩動物公園出身のアスナロ♂さんです~☆ (画像は昨年撮影のもの)


見分け方提案:鼻の黒い部分

41424344
メスのエジプト&サハラはきれいなハート型、オスのジルコ&あすなろは逆三角形ですな☆


キャッチコピー提案:キャラ設定に沿った呼称

45 46
「眉目秀麗な甘えんぼう・エジプト♀嬢」               「クールビューティー・サハラ♀さん」

47 48
「ハンサム詩人・ジルコ♂氏」                        「ベイビーフェイス・あすなろ♂」

そもそも個体識別(写真)まちがってても責任とれません。あと、キャラ設定は第一印象で判断しています。やっぱり、もっと思いつめて通いつめないとな~☆ 時間帯でもけっこう動きちがうからな~☆


15
エジプト「ねえ、あそぼうよ」

エジプト♀嬢はそう言ってたのかもしれない(このキャプションが1番しっくり)。おれも、いっしょにサバンナを全力疾走したかった! きみにならガブリとされて死んでもいい!! (恋はしこたま盲目)
※チーターは基本的にじぶんより大柄な動物を攻撃しません。ご本人がかなり華奢で小柄なので。そうゆう理由で混合展示可能なんだそうですよ(HPより)。

50
シマウマも近い!

グラントシマウマ:【奇蹄目ウマ科】レッドリスト軽度懸念、生息地はアフリカ東部。


« 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q | トップページ | 初夏のズーラシア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/65619671

この記事へのトラックバック一覧です: チーターに恋する@横浜ズーラシア:

« 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q | トップページ | 初夏のズーラシア »

無料ブログはココログ