« カーブミラーより愛をこめて | トップページ | 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q »

2016年5月 6日 (金)

アブラムシの同定

※この記事はアブラムシ写真がえんえんと続きますので、虫嫌いのみなさまはスクロールしないことを強くオススメします※

いまの季節、雨上がりには新芽がグイグイ伸びて緑がどんどん濃くなって「はわ~☆」(喜びのほう)としていると顔に虫がバシバシぶつかってきますね。毎年のことだけど、今年もあいつらが大集団で押しかけてきました。

1
樹齢4年・高さ60cmほどのmyザクロ

2
4年前の幼姿・ラブリー♡

ザクロの種をなんとなく埋めたらちゃんと木になった。うちの子たち、繊細じゃないけどタフでチャーミン☆

3 4
そんな愛ザクロの新芽に黒い影&クルクル丸まった縮葉         フリカケのような白い点々

みんな大嫌い★ なアブラムシ軍団です。毎年押しかけてくるけど、今年はずいぶんお早い到着でした。まあもう春いや初夏だから、あわてんぼうのサンタクロースほどじゃないけども。天敵であるテントウムシ先輩が団体客で来てくれないとアブラムシ天国☆

≪害虫としてのアブラムシ群≫
①栽培植物への吸汁による著しい生育不良
②ウイルス病の病原体媒介(carrier)

≪毎年の作者による対策≫
①ブラシでこすり落とす(風に弱い)
②水で洗い流す(水にも弱い)
殺虫剤や薬物をつかいたくないため効果はうすめ。全滅が目的ではなく大軍団にならなければべつにいてもいいよね☆ とゆう自然派(※ベランダ園芸じたいはちょう人工的なゲームです)に残った選択肢はコンパニオンプランツ(グッドパートナーどうしの混植で病害虫を予防したりする)か。ちなみにアブラムシ予防にはコリアンダーやガーリック、チャイブス、ナスタチウム、チェリーセージ、ラベンダーが効果的らしい、、、あれ、うちにもチャイブスいるんだけどな。隣のプランターじゃダメかしら。

≪今年初の試み=同定≫
・アブラムシの名前を調べよう
「アブラムシだな」⇒「こすり落とそう☆」としかおもったことなかったけど、アブラムシはどうもそれぞれに名前があるらしいので採集してみた。「雑草ということはない」(by昭和天皇)のと同様に「ムシというムシもない」! うっかりしてました☆ いまから心を入れ替えます。


アブラムシ240種が掲載された地道な名著(1983年刊)

参考図書を読んではじめて知ったこと
⑴アブラムシは同一種のなかで有翅形、無翅形、または中間の短翅形に形態的分化する(環境に合わせて)
⑵アブラムシは同一種のなかで両性世代(卵生)、単性世代(胎生)の生殖方法を分化する(季節に合わせて)
すごい適応力だ。こんなに環境に合わせて形も食べ物も変えちゃうとなるとアブラムシ博士たちはどうやって種の同定をしてるんだろうか?

0
こんなに毛深いこともはじめて知った(無翅形図の模写。走り書きの汚さは気にしないでください)

ではアブラムシ天国から適当にピンセットで引っつかんで、さっそく同定☆

①チューリップヒゲナガアブラムシ(無翅形)
5 6
体長2~3mm(個体によりバラバラ)「ぜったい葉っぱ吸ったでしょ!?」とゆう鮮やかな緑色で触角と後ろ脚が長い。尾片(シッポみたいの)がシャープで角状管(お尻のアンテナみたいの)も長い。

②チューリップヒゲナガアブラムシ(有翅形)
7

③チューリップヒゲナガアブラムシ(幼虫?)
9

ピンセットで3種類捕獲したつもりが、ぜんぶ同種だったッポイ(左サイドに写っているのは定規)。

そもそも、アブラムシのお名前が食べ物(寄主植物)に由来するシリーズだとゆうことをはじめて知りました。

13 14
たとえば「クヌギハアブラムシ」はクヌギ葉が大好物           「シクラメンコブアブラムシ」はシクラメンが大好物

人間なら「小麦粉パン・ホモサピエンス」「ライ麦パン・ホモサピエンス」「白米・ホモサピエンス」「キャッサバ・ホモサピエンス」「フォー・ホモサピエンス」「クスクス・ホモサピエンス」「シナモンロール・ホモサピエンス」、、、たのしいな、これ♪

とにかく緑色のアブラムシ写真をじーっと見て候補を絞りました。

15 16
候補①アオキコブアブラムシ                    候補②ジャガイモヒゲナガアブラムシ

でもアオキコブアブラムシはレアキャラらしいし、ジャガイモヒゲナガアブラムシは中下部位に多く寄生するけど、チューリップヒゲナガアブラムシは葉・花・果実・新梢部に寄生すること、ジャガイモヒゲナガアブラムシは比較的小さな集団を形成してまばらに寄生し、チューリップヒゲナガアブラムシは成虫&幼虫の大集団を形成することが見分けポイントらしいので、、、大軍団だし後者かなー。

17 18
上から見るとなんか平べったい印象                 尾片(シッポみたいの)が針状

19 20
前出の参考図書は写真のあとに1頁ずつ詳細解説            触角の節の長さの比で同定しているのか、、、

ほかのアブラムシ種にもみんな「節比」が掲載されていた。地道だ。

21
さらにアブラムシ別寄主植物一覧もあって便利

ただ寄主植物のなかに「ザクロ」はないんだけども。「ザクロアブラムシ」とゆう種類がいたら簡単なんだけども。あんまりメジャーな栽培植物じゃないからな。

④マメアブラムシ(無翅形)
23
体長約1mm(個体差は少ない)体色は黒に見えるけど赤っぽいのもいるので濃赤色なのかもしれない。触角と脚は肌色。尾片(シッポみたいの)と角状管(お尻のアンテナみたいの)は短め。

25 26
これだよね? ちがうかなー。                       コロニーはだいぶ大きい

「茎、種実の莢などに多く寄生し、コロニーは大きい」とあるので状況証拠は揃ってる。

27
でもやっぱりザクロの名はなし

29 30
こんなかんじでザクロの実に群がりがち             ピンセットで引っつかむと死ぬor風に飛ばされる

どれくらいの密度(自然界では問題なくてもベランダ界隈で問題になるのは1株あたり高密度すぎるから)で生息してるのかも調べようかとおもって、サンプルに1枝あたりのアブラムシをピンセットでつかんではビーカーに集めたかったんだけど、、、死ぬ、風に飛ばされる、、風に飛ばされる、とゆうアブラムシの脆弱さを目の当たりにして断念。繁殖力と環境適応力には特化してるけど、生物としては弱者ちゅうの弱者だった。

31
約30匹分のアブラムシのバラバラ殺虫遺体

スポイトで吸引するとか、シートを敷いて枝ごと伐ってふりおとすとか、採集捕獲測定方法を工夫すべきだった。ま、今度でいいか(怠慢)。結果的に無農薬でアブラムシ天国を壊滅できてオーライ☆

まとめ:アブラムシ対策には農薬でも風雨でもブラシでもコンパニオンプランツでもなく、アブラムシ博士を呼ぶのが効果的☆

33
70年代80年代あたりの書物は奥付にけっこう著者の住所が掲載されていて(ファンレターや指摘を直に郵送可)おおらかな時代だったんだなー、とおもう

« カーブミラーより愛をこめて | トップページ | 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/65265120

この記事へのトラックバック一覧です: アブラムシの同定:

« カーブミラーより愛をこめて | トップページ | 『50Kinds of Rock Life』@下北沢Q »

無料ブログはココログ