« 野毛山動物園ニューフェイス | トップページ | 死神より愛をこめて »

2016年6月30日 (木)

サード・クラス×Theピーズ@秋葉原

サード・クラス×Theピーズの共演LIVE『クラブグッドマン20周年記念公演・はかまだ企画vol.6』を観に、東京・秋葉原のclub goodmanへ行ってきました。

1_2
朝の雨から午後晴れ間が出たりしてひどい湿気だったけどそのまま夜まで傘要らず。梅雨時は「雨」予報も外れるもんだなー、とおもった。

お客層 男女比 4:6 年齢層 20~40代?
ホール入るとすぐ石榴口(ざくろぐち:江戸時代の湯屋の洗い場と湯船を仕切ったやつ客はくぐって行き来した)みたいになっててしかも後方と舞台下手サイドに椅子かベンチがあってスキマにカウンターテーブルもあった。上はPA卓だったのだろうか、ちょっとわかんない。そして開場ちゅうすでにミラーボールが回ってる(音楽と関係あったのかもしれないけど音楽くわしくないから不明)。なんか、変なお店だ(おちつく)。


①サード・クラス(V&Gはかまだ卓さん、Ky&Cho大塚ヤヨイさん、Dr&Choクメムラヒトミさん、サポートBオオキハルユキさんの4人バンド)
はかまだ「(goodmanの20周年)おめでとうございます!」と『年上想い』で5分押しくらいでスタート。
(3曲演奏後)
ハル「静かな曲ではじめるとお客さんキョトンとしちゃうから……盛り上がる曲でもキョトンとするか……もう3曲やっちゃったからいいけど☆」
ハル「(はかまださんが現在42歳なので)もう40だからね、いつまでも後輩面してっ!」
当初よりハルさんによるいちゃもん攻撃が連投される。「おれがなんとか盛り上げなきゃ!」とゆう使命感と「はかまだ企画なのにおれがなんとかしてくれるとおもってんじゃねぇぞ!」とゆう自惚れ(?)の二面性を感じる、、、かもしれない。

今夜のハルさんの純情発言:サード・クラス真っ最中
ハル「(この後のTheピーズLIVE)たのしみだな~♪ (サード・クラス3人の視線に気づく) ! いまも楽しいけど☆」
すごいな、ベースってあんな片手間(うわの空)で弾けるものだったっけ? (弾けない)この後のTheピーズのLIVEをハルさん=制作者にして演奏者本人が1番たのしみにしてる(もちろんお客たちもたのしみにしてるとおもうけど)。ハルさんの純情は火星の軌道を軽々超える。

はかまだ「ここでクドいボーカル(じぶんのこと)から爽やかな風を、、、」(うろ覚え)
とゆって大塚嬢ボーカル&作詞作曲の『いやだな』がはじまったんだけど、大塚さんがものすごく照れ照れして歌ってた。じぶんの作品のほうが照れくさいらしい。セクシー(?)だし楽しかったなー。

はかまだ卓“3つ数えろ”期の曲演奏前:
はかまだ「新曲をやろうとおもったんだけど、メールで歌詞を送ったら暗すぎて、、、(中略)ハルさんには新たに1曲おぼえてもらって、、、」
暗すぎてお披露目が保留になるほどの歌詞って、なんだろう。

ハル「今日、トモ(TOMOVSKY=ハルさん最愛の弟)が来るっておもってるヒトいるみたいだけど……」
はかまだ「お誘いはしたんですが……」
ハル「トモ来ると(TOMOVSKY曲の演奏が)できちゃうからね」
はかまだ「いや、まだわかりませんよ!」
いや来ないだろ、とおもった。ああ見えてトモフはTheピーズとサード・クラスのことが大事だから来ない。べつに横浜リザード(先月21日)でトモフ「おれはその日、釣りに行く!」と宣言してたからじゃなくてね。主催のはかまださん本人が「大好きなトモさんに見てほしい!」「なにか言ってほしい!」「できればホメてほしい!」ってラブコール送ってんだから見に来ればいいじゃん、と一般人(おれ)はおもうんだけど、トモフはハルさんとは別の次元で1周してるからこうゆう時に不在を選択するみたい。
おれ、来ないほうに5千円♪ って心のなかでおもった。ああ、もしもこっそり見に来てたんならサード・クラス喜んだだろね☆

サード・クラスの正式サポートBワタナベイビーさんについて(ハルさんは暫定的サポートB):
ハル「ベイビーは元気なの?」
はかまだ「ワタナベイビーさんは(はかまださんがメール送信してから)だいたい1ヶ月後にメールの返信が来ます!」
スローレスポンスだなー。

今夜のはかまださんの名言:『駒場北四丁目』演奏前←目黒区じゃなくて網走市内の住所
はかまだ「さいきんクマがあちこちで出てるみたいだけど、元祖は北海道だぜ☆ 聴いてくれ、『駒場北四丁目』」
おもむろにとんでもない曲紹介だった。

たぶんやった曲:『年上想い』『マッハ』『ズンガズンガ』『光をみせて』『どたんばのパワー』『いやだな』『白い太陽』『暮らし』『駒場北四丁目』、はかまださんが“3つ数えろ”期の1曲など(なんだったかなー)




②Theピーズ(V&Bオオキハルユキさん、Gアビコヨシカズさん、Dr佐藤シンイチロウさん【the pillows】の3人バンド)
ハル「平日のアビさんはデキあがってるから気をつけろ!」とゆう注意喚起と『ギャンブル』でスタート。

今夜のアビコさんの胸キュン・ポイント:『脱線』演奏ちゅう(ちがう曲だったかも)
アビコさんがギターを弾きながらハルさんのほうを見てニコッ☆ としてた。
……なんだあのニコッ☆ は。アビコさんすごく楽しそうだわ、とおもってたら後で
アビコ「『脱線』のベースすごかったね! 脱線してたよっ!」
ハル「? ホメられてる? だれか録音してる?」
アビコ「もちろんだよ!」
あー、さっきのニコッ☆ はこれかー、とおもった。そしてその場でハルさんをホメ殺し!

アビコさんが落ちてきた:どの曲か失念
名作ファンタジーのセリフに「定規でまっすぐ線を引くみたいに私は空を落ちていく」とゆうのがあるんだけど、まさにそんな感じでアビコさんがまっすぐ落ちてきた! (ギターはちゃんと弾いたまま)

『灰羽連盟』(2002年)

もちろん落下状態にあったのはお客さんの頭上まででうっかり床に落ちたり(惨事!)することはなく(おれの伸ばした手はぜんぜん届いてなかったけど)ギターともども無事だった(たぶん)。アビコさんよくサーフィン(ダイブ?)してるイメージあるけど、それにしても悲鳴(黄色くないほう)があがるくらい密度の甘いトコロで重力に身を任せるなんて……アビコさん大胆だな。ハルさんがゆってた「平日のアビさんはデキあがってる」ってこれのこと? (ちがう)

ハル「(はやい曲がつづいて)首が痛いから静かな曲やる」(うろ憶え)
みたいなことを言ってたときに思い出したんだけど、ハルさん椅子に浅く腰かけすぎだよね? すでに背骨を圧迫骨折してるとかじゃなければ椅子に深く腰かけて胸を開いたほうがいいんじゃないかとずっとおもってるんだけど(腰と首周りのGが心配)、、、余計なお世話か。まれにお客さんら「ハルくん小さくなった?」とか小声でゆってる。ベース、重いもんなー(おれ持ったことないけど)。

今夜のハルさんの甘たれ発言①
ハル「(リハーサルでは音が回ってよかったんだけどお客さん入ると響きが止まるので客は口で“キュイーン”とか言え、と指令を出してから)ここ、デッドだけど温もりがあっていいでしょ?」←ものすごくホメてもらいたそう
アビコ「……(中略)……そうだね☆」
アビコさんはハルさんのパパなの? アビコ・パパ。ハルさんの詞「あたたかい」「あったかい」「あっためる」「ぬくもり」「ぬるい」など漢字に直すと「温」になるワード多い気がするんだけどあれはわざとなのかな。どうも温度を強く意識してるらしい。ハルさんはきっとずっとあっためたいんだとおもう。

今夜のハルさんの甘たれ発言②
ハル「6月はいろいろあったけどJulyもよろしくね♪ ……(アビコさんのほうを見てニヤニヤしながら)7月は、3日の長野♪」←バンドTOMOVSKYなのでハルさんはLIVEだけどアビコさんはLIVEじゃない予定
アビコ「?!?!」←まさかTheピーズのLIVEあった? とゆう焦り
ハル「バンドTOMOVSKYだけど、(アビコさんが)間違えて来ちゃうの♪」
TheピーズのLIVEじゃないからアビコさんギター弾かなくていいんだけど、TOMOVSKYでベースを弾いてるハルさんを見に! 長野まで! 熱狂的に! 来てほしいらしい。息子さんさみしがり屋でたいへんですね、アビコ・パパ。いや、そっか。これがみんな聴いたことはあるけどだれも見たことがないシアワセとゆうやつなのだろうか。そういえばTOMOVSKYの「つれづれライブ日記」によればシンちゃんは名古屋(noodles×TOMOVSKY)まで見に来たことがあるらしい。シンちゃん・ママ?
アビコ「(いつかLIVE予定を間違えた件)穴あけちゃいけないとおもって仕事休んで、、、長野だった! だれもいない長野に……」
ハル「……シュンペイ(Theピーズ・マネージャー)との連絡が悪くて、、、でもアビさんもHPでLIVE予定とか確認すればいいのに。おれもあんま見てないけど♪」
あれだよね、アビコさんはプレイガイドに会員登録して“お気に入りのアーティスト”を「Theピーズ」「全国」で設定してLIVE情報のメルマガ配信を受信したらいいんじゃないかな。でも店頭販売のみのLIVE情報は漏れるか。うーむ。

そういえば妙に低い(?)『実験4号』おもしろいなー、とおもって作者は聴いてたんだけど
ハル「最初におれがまちがえて、(順番に)伝染して、、愛を感じた♪」
って演奏後にゆってたのでご本人としては不本意らしい。ちっ、気難しいな。

たぶんやった曲:『ギャンブル』『手おくれか』『無力』『やったなんて』『霧の中』『ロンパリンラビン』『脱線』『実験4号』『ノロマが走って行く』『クリスマスに帰る』『焼めし』未発売曲『ブラボー』『異国の扉』、アンコール『とどめをハデにくれ』『階段』など(じゃないかもなー)



今夜のハルさんの胸キュン・ポイント:セッションのためTheピーズのアンコールを称賛(?)しながら再登場したはかまださんに対して
ハル「ナデナデして♡」←言い回しは「ナデて♡」だったかもしれない
ホントに少し傾げた頭をおとなしくはかまださんにナデナデされるハルさん…………なにあれ、かわいー♡ 意味不明! おれもそれやりたい! (※作者は可愛い生き物に目がありません) ハルさんとトモさんはふたりで大木家の末っ子だからかなー、常軌を逸したスキルの高さだ。うん、あとベーシストひとりきり(ずっと弾いてる)なうえ一生懸命盛り上げて(おしゃべり)ちょっと疲れてきたんだとおもうな。疲れてるハルさん、異次元の可愛さだ。


③6人でセッション(Voシンちゃん、B温さん、Gアビコさん、V&Gはかまださん、Drクメムラ嬢、Ky大塚嬢)←上手奥にいらしたんだけど大塚嬢どこ? 状態で見えなかった
やった曲のヒント:goodmanが20周年なので(?)40年前の曲

今夜のシンちゃんの名言:セッションで歌う前マイクを持って
シンちゃん「goodman20周年おめでとうございます☆ はじめて来たけど」
シンちゃんは住所がわからず「川は渡っちゃダメ!」とゆうヒントのみでたどり着いたらしい(すごいヒント)。ここの住所「神田佐久間河岸」で神田川はさんで北側(秋葉原駅エリア)なんだけど橋を渡ると神田岩本町(都営新宿線岩本町駅エリア)に入っちゃうから的確だ。いや、ぜんぶまとめて秋葉原エリアだけど。

公演時間まとめ:5分押しスタート+サード・クラス11曲60分弱+Theピーズ15曲60分強+セッション1曲+α=150分くらい


ここまで書き出してみても、なにがあんなに楽しかったのかよく思い出せない。あれはなんだったのかなー。

« 野毛山動物園ニューフェイス | トップページ | 死神より愛をこめて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/66204941

この記事へのトラックバック一覧です: サード・クラス×Theピーズ@秋葉原:

« 野毛山動物園ニューフェイス | トップページ | 死神より愛をこめて »

無料ブログはココログ