« ピクトグラムとしての漢字 | トップページ | クニオ父さんの建築めぐり »

2016年8月13日 (土)

帰ってきたトポス

2013年春に『さよならトポス!』とゆう記事を書いた。
あれから3年とワンシーズンを経て2016年7月、トポスが帰ってきた(?)ので記憶しておきたい。
2013年秋⇒さよならトポス!工事ちゅう
2015年初夏⇒さよならトポス!工事ちゅう②

1
商店街側

3
デッキ側

ほぼマンション=他人様の個人住宅になってしまったので建築家と建築ファンのみなさんが「個人住宅の撮影は特別な配慮をはらえ」とマナー喚起してるし、もう撮影することもなさそう(いま撮ってるけど)。建物の1・2Fの半分くらいがダイエー(スーパー)です。ずいぶんスリムになられて。

ところで、お隣の建物にも手入れ(?)が入った。

5 6
交差点から見上げるとバランスとれてる(背後の建物はこないだまでなかった)  正式名称「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田」

昨秋に「ホテルザ・エルシィ町田」から運営権移ったそうで工事してるなー、とおもったら看板が変わった。そしていま7Fでぜっさんビアガーデンちゅうらしい☆

ところで、昨秋~今春の(おもに町田あたりの)不景気っぷりは心配でしたな。

7 8
1万円以上買い物するともらえる期間限定お買物券             3千円以上お買い物するともらえる抽選券

9
「ハズレ」たためうまい棒とかもらった

え? リニューアルオープン記念のイベントだから不景気じゃない? そお? こうゆう単発の消費喚起イベントを目の当たりにすると心配になるぜよ。この原資はどこから捻出したんだろう、とか、設備投資の回収期間はどれくらいを見積もってるんだろう、とか。けっきょく潰れないお店ってリピーター率の高いお店だとおもうのよね。
みんな、潰れてほしくないお店には毎月足を運ぼうね☆

11 13
まだ「ダイエー」看板がつけられる前のトポス          毎年のツリーからリースに降格!?

経費節減かしらエコかしら、心配だ。
ところでイオン(親会社)は「ダイエー」ブランドを使わないって言ってたはずなのに「ダイエー町田店」になってびっくりした。どうも「2018年度をめどに」順次改称する予定だったらしい。
とゆうことは、もう2年後には店名変わるのか? そしたらまた写真撮りにこないとな♪

まとめ:ハード(建物)だけどソフトウェアの更新に似てる
たしかに帰ってきたけどもうトポス(そもそも故・ダイエー原町田店のオレ的愛称)じゃない。ハード(建物)だけどソフトウェアの更新のように2年ごと(正確には随意)にインストールをくり返し、2年前の常識が現在の非常識になる町田。いや、全国の街々。今年2月に亡くなったイタリアの巨匠から引用しよう。
ウンベルト・エーコ「そうして身につけたものは永遠に有効でした。今は、2週間かけて新しい情報処理ソフトについて何かを理解したとしても、おおかた使いこなせるようになった頃には、新しいソフトが出てきて、また使い方をマスターしなければなりません。問題は失われる集団的記憶ではないのです。問題はむしろ現在の不安定さなんだと私は思います」


でも記憶をアンインストールするかどうかはヒトそれぞれ自由。建築が100年もたなかったとしても100年(生存ちゅう)保管することは可能だ。

15
万事順調、町田は今日も元気です☆

« ピクトグラムとしての漢字 | トップページ | クニオ父さんの建築めぐり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/66921214

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたトポス:

« ピクトグラムとしての漢字 | トップページ | クニオ父さんの建築めぐり »

無料ブログはココログ