« 『NOX~夜のふしぎ~』@KAAT | トップページ | 天皇の遺言 »

2016年8月22日 (月)

野毛山動物園ニューフェイス②

神奈川県・横浜市西区にある野毛山動物園へ行ってきました。
6月にニューフェイスたちに会いに行ったのですが、そのとき会いそびれたニューフェイスがまだいるので行ってきました。
2016年6月の記事⇒野毛山動物園ニューフェイス

1_2
夏休み週末の恒例「ナイトのげやま」仕様イルミネーション(昼行燈だけど)



フサオマキザルのベイビー:【霊長目オマキザル科】レッドリスト軽度懸念、生息地は南米の森林。

3
5月19日生まれのフサオ・ベイビーはおかあさんの背中に乗ってるはず

5 6
あ、いたいたベッタリ仲良しですな                       おかあさんの瞳がキラキラ☆

7 8
展示場の奥のすみっこでひとりで遊ぶことも      ボディはプチサイズでも耳は大人並?

9 10
不審者(作者)が気になったのかおかあさんがガード!         そして背中に乗せて安心移動☆

ベイビーばかりジロジロ見つめると嫌われがちです。


オグロワラビーのベイビー:【双前歯目カンガルー科】レッドリスト軽度懸念、生息地はオーストラリアの低木林や湿地帯。夜行性。

11
野毛山動物園82番目のオグロワラビーなので名前はヤジロー♂

13 14
ひとりムシャムシャされてます                両耳の縁がギザギザ☆

15
奥でウトウトしてるのがヤイチ♂(2014年生まれ)だろうか

じつはナナコ♀(2013年生まれ)の育児嚢にベイビーがいるとゆうことだったんだけど(展示場にはいないかも)、オグロワラビーのみなさん夜行性のせいか蒸し暑さのせいかグッタリ(休息)してて動きナシ。唯一動いてたのがヤジロー♂(2015年生まれ)だったので、だいたい8~9ヶ月育児嚢で過ごし外に出てから日が浅いヤジロー♂もニューフェイス☆ とゆうことで。
三人はナナかあさんのお子ちゃんで、ナナコ♀(2013年生まれ)、ヤイチ♂(2014年生まれ)、ヤジロー♂(2015年生まれ)の順、そして孫にあたるナナコのベイビー。
作者、オグロワラビー・リテラシーが足りなくて見分けともども混乱しております。がんばれ☆


前回見たニューフェイスも再度チェック☆


アカエリマキキツネザルのベイビー:【霊長目キツネザル科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はアフリカのマダガスカル島熱帯雨林。

17 18
おかあさん(たぶん)にベッタリ甘えておられます            再びおかあさん(たぶん)に不審者通報された作者

残されたベイビーもおかあさん(たぶん)を追いかけてった。

19
別の木箱のうえへ移動してもおんなじ体勢(わかりづらいけど3頭がくっついてます)

ベイビーばかり狙う不審者(作者)として嫌われたかんじです。でもけっこう大きくなったんじゃないかしら(見分け難儀)。


ヘサキリクガメのベイビー:【カメ目リクガメ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地はアフリカのマダガスカル島バリー湾周辺のみ。

21 22
なんてカワイイ左脚!                             けっこう伸びる♡

23
……やっぱりちょっとメーワクそう?

たぶん甲羅1まわりは大きくなったんじゃないかしら(5月生まれのベイビーのはず)。


ニューフェイスじゃないけどアミメキリン:【鯨偶蹄目キリン科】レッドリスト軽度懸念、生息地はサハラ砂漠以南のアフリカ中東部。

25 26
ソラ♂4才半は真下から見あげると遠近感がなくなる           見よ! この前のめりっぷり!

27
足もとだって前のめり(前脚をフェンス土台に乗せてる)

険悪だった(?)ソラ♂×作者の関係性が改善しました! 「ザッシュ♪ ザッシュ♪」と軽やかな足どりでソラ♂自ら近づいて来てくれるようになりました!!

……とゆうのはウソで、ホントは作者の後方に飼育員さん(別の獣舎で作業ちゅう)がいらっしゃいます。
ソラ「ごはんごはん♪ ごはんごはん♪」
とゆうお気持ちだったかもしれない。いえ、作者は真下からソラ♂を撮影できて満足です。いえ、いいのです。それにしてもこんなに健康にでっかくぶっとくなるとはなー、おまえ、よかったなー。

29
ソラ「ついでにアゴの後ろもかいておこう♪」


問題:ベニイロフラミンゴをさがせ!

31
写っている20羽のうちチリーフラミンゴ19:ベニイロフラミンゴ1

19:1の割合でベニイロフラミンゴが隠れてます(隠れてはない、いっしょに暮してるだけ)。
チリーフラミンゴ:【フラミンゴ目フラミンゴ科】準絶滅危惧種、生息地は南米の塩水湖など。
ベニイロフラミンゴ:【フラミンゴ目フラミンゴ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は北米カリブ海沿岸からガラパゴス諸島など。



付記:モニュメント・ニューフェイス☆

33 34
出入口すぐのライオン型募金箱                   インドゾウ・はま子のおとなり

35
フタコブラクダのツガルさん(口開けてるとこがツガルさんっぽい☆)

かわいいけど………………、なんか最晩年(推定38歳・人間なら120歳相当)のツガルさんとゆうよりは、もっとピッチピチでずいぶん若いころの美人(美ラクダ)に仕上げていやしないか? なんとゆうか、小説家のプロフィール写真みたいな。
ツガル「やあね☆ あたしはずっとツガル美人よ♪」
どこからかツガルさんの声が聴こえました(幻聴)。

« 『NOX~夜のふしぎ~』@KAAT | トップページ | 天皇の遺言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/67096456

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛山動物園ニューフェイス②:

« 『NOX~夜のふしぎ~』@KAAT | トップページ | 天皇の遺言 »

無料ブログはココログ