« 八木重吉展@町田市民文学館 | トップページ | 秋晴れの野毛山動物園 »

2016年11月 9日 (水)

知久寿焼×大木温之@吉祥寺プラネットK

知久寿焼さん×大木温之さんの弾き語りLIVE『M☆N☆T6thアニバーサリー#2』を観に、東京・吉祥寺のプラネットKへ行ってきました。「M☆N☆T」はプロモーターさん(?)のお名前です。

1
この階段をおりた地下にお店があります(解像度の悪さは気にしないでください)

お客層 男女比4:6 年齢層 みんな大人
当夜は11月頭なのに急に12上旬並みの寒さで風も冷たくおまけに雨まで降ってきた。去年もおもったんだけど、秋はどこへ行ったの? LIVEハウスの入口では「お目当ての出演者は?」って訊かれることが多いんだけど、お客さんえんえんと「両方☆」って答えてるのが聴こえて、おれも両方楽しみだなー、とおもってあったまった。そういえば告知に「※椅子席あります」ってあって壁際にベンチとか置くのかとおもったらステージから5~6列ぶんくらいきっちり椅子が並べてあった。前半分・イス、後ろ半分・立ち見ぐらいの構成でした。


①知久寿焼さん(チクトシアキ・V&AG&Mand?UKE?・51歳)←ハルさんが「52」に見える黒Tシャツを着用したがお誕生日は2月だった件
知久「きょうは、ハルくんの歌を聴きに来ました♪」とおっとり言ってから『おるがん』でスタート(だったかなー)。
作者は実物の知久さんをはじめて目撃したわけですが、なんてかいらしーほっぺ♡ とおもってジーッと見てた。あのほっぺを3Dスキャンして木製オブジェにして壁に飾ったらさぞ可愛いだろなー、とウキウキした。
それはさておき、アコースティックギター(そもそもギターじゃない?)から7色の音が出ててびっくりした。足元見えなかったけど、なんか超絶ハイスペックなエフェクター(プリアンプ?)とか使ってたりするんだろうか。でなきゃ、知久さんが7人いるかどっ……いや、確かにおひとりで弾き語りだな。そっか、何気なく弾いてるから(※作者には)わからないだけでめちゃくちゃ上手いのでは? ちょうきれいだった。椅子もいいけどソファで寝転んで聴いたら最高だろな! (たぶん寝る)
『電車かもしれない』『らんちう』『セシウムと少女』『いなくていいひと』など?



②大木温之さん(オオキハルユキ・TheピーズV&B、今日はひとりピーズでV&AG&ブルースハープ・50歳)
ハル「弾き語りでこんなに(お客さん)入んの? 知久さんすごい……! ぼくはぜんぜん心構えが……、ハンパでした。…………シアワセですけど……」(←ぜんぜん幸せじゃなさそうに言う+言い回しはうろ憶え)
これは噺家が「毎度ばかばかしいお話でございます」ってゆうのと一緒であくまでも目の前のお客さまに対する謙遜&へりくだりと解釈するのが妥当なんだろうけども、こんな雨の寒い夜にいそいそと「両方♡」って答えたお客さんぜんいんに謝れ、とおもった(ウソ)。
未発売曲『ブラボー』でスタート(だったかなー)。つづいて新曲『氷屋まいど』(?)だろうか。ハル「おまえをかき氷にしてやろうか!」
ハル「せっかく(岩手県)花巻にTheピーズのLIVEで行ったのに詞に(宮沢)賢治が登場する『ギア』をやり忘れたから、忘れないうちにやっておこうとおもって」ようなことを言って『ギア』をふわっと演奏……しないで! もっとたっぷりやって! ケチ! とおもった(ウソ)。
そして『パープー』を自嘲しながらあるイミ器用に歌うハルさん。なぜ? じぶんで作っておいて……謙遜? ハルさんの脳内の方程式&化学式は異次元とつながってるかもしれない。
ハル「(チューニングしながら)リスペクツ……リスペクツ……リスペクツ……フェラチオ……リスペクツ……まぜてみた……リスペクツ」
チューニングちゅうも黙ってないでなにか喜ばせることを言わなくちゃ! とゆうサービスなお気持ちは伝わってくるんだけど(たぶん)、その結果がブロウジョブサービスになる化学式はやっぱり異次元ルール。いえ、ハルさんがご機嫌なら作者もうれしいです(ウソではない)。
『君は僕を好きかい』ワンフレーズだけ、『実験4号』『ヒッピー』『温霧島』『絵描き』『生きのばし』など?


『ギア』の詞/(中略)ガソリン値切ったし賢治と油も注し温い雨を黒い風を追い越すまで


③おふたりでアンコールセッション/キャロル『ルイジアンナ』
知久「ハルくんとハモりたいとおもって♡」
なに、あのヒト! 鬼かわいい♡ 意味不明(すきです)
(知久さんが予定時刻通りに進行した件についてスマホで時間を確認してるにちがいない、みたいなことをハルさんが発言したことを受けて)
知久「電話はしないんだけど……」
ほら、スマホだよー、とゆうかんじで控えめに見せびらかす知久さん、鬼かわいい♡ 意(以下同)
ハル「おれなんてもう電話の出方がわからないもんね、電話(携帯の通話呼び出し)鳴るとながめてる。はやく止まんないかな、とおもって……」
ダメな大人のダメな例? いや、ほんとにダメなのはLIVEドタキャンとかだからぜんぜんダメじゃないか。ハルさんは通話の応答時間を1秒にして直留守設定にすればいいんじゃないかしら(鳴らないし用件あれば相手が伝言のこすし)。

今夜はじめて知ったこと:音楽家のみなさん(2名)は通話が苦手

ハル「(ふたりの)接点なさそうでしょ? でもひとつ(セッションの1曲)だけ接点があって……」
知久「接点といえばトモくんぐらいで……」←ハルさんの同い年のご兄弟・TOMOVSKY
ハル「そう、トモは便利☆」
……便利? どうゆうイミかしら、、、と思案して答えが出た。

今夜はじめて知ったこと:ハルさんは深刻な人見知り

公演まとめ:10分押しスタート+知久さん11曲50分くらい+ハルさん13~14曲50分くらい+アンコールセッション1曲=120分くらい



余談:作者は先月グッタリ横になってる日が多くて「もうこのまま死ぬかもしれない」=孤独死って気がついてさらに苦痛が増す悪循環だったんだけど、これからは具合悪くなっても、知久さんのニパッ☆ とした笑顔とハルさんのお尻をプリプリ♪ するサービスを思い出してせめて気持ちだけは安らかに消滅の瞬間を迎えようとおもった(まだ生きてます)。

« 八木重吉展@町田市民文学館 | トップページ | 秋晴れの野毛山動物園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/68240613

この記事へのトラックバック一覧です: 知久寿焼×大木温之@吉祥寺プラネットK:

« 八木重吉展@町田市民文学館 | トップページ | 秋晴れの野毛山動物園 »

無料ブログはココログ