« はじめてのふくろうカフェ | トップページ | 脳内紅白歌合戦2016 »

2016年11月27日 (日)

マタニティマークに見覚えがない

NHKニュースサイトを読んでたらマタニティマークの特集記事があった。
…………、そういえば聴いたことはあってもまったく見覚えないんだけど、コレ、だれか身につけてる? どこにつけてるの? 2006年からってほんとに? うーむ。すれ違いざまに他人のバッグなんてチェックしないし、満員電車じゃ後ろに立ってるひとも振り返れないからだろうか。
内容をまとめると「万が一のために身につけたいんだけど逆にヒドい目に遭わされたなんて話聴いてつけてない」もしくは「バッグの内側など見えない位置に隠してる」「目立たないサイズのアイテムが好評」ほか「マークを見た女性から暴言を吐かれた」「優先席に座ってるヒトがマークを見てから寝たフリをはじめた」信憑性ふめいなネットの情報に対して不安を感じてるらしい。

1
流通してるのは直径3cmらしいので、おれぜったい見つけられないわー(※画像は手描きイメージ)

前出の特集によれば医師は「おなかが目立たない妊娠初期こそ、起立性低血圧のキケンもあるから身につけてほしい」とゆう。うーん、おれ電車やバス内でおなかの大きな妊婦さんさえほとんど見覚えないんだけど……ごめん、全力で人間に興味なかった(ヒトデナシ)。時間帯かな。絶対数すくないよね? 知人なら「妊娠○ヶ月目」とか教えてくれるから気をつけられるけど、通りすがりの他人で妊娠初期はもちろん、お腹がゆったりした体型なのか妊婦なのか見分けられない(そもそも他人の体型とか見てない)。
もっとちゃんとアピールして! ぜんぜん伝わってないよ! たぶん95%以上のヒトは妊婦さんに最低限うっかりぶつかったりしないように特に気をつけたいとおもってるかとおもう。

そこでマタニティ関係ないけど起立性低血圧=脳貧血といえば作者である。立ちくらみのプロとして(?)説明しておきたい。
2014年の記事⇒あたまを冷やすのに最適な缶ジュース
先に言っておくけど、倒れたくて倒れてるわけじゃない。検査もしたし投薬もしたし節制もしたし運動もしたし子どものころよりマシになったけどそれでも万全じゃない。あと急悪化する前に休んでるけどそれでも0にならない。なぜ「サボってる」と言われるのか。おれはサボったこともサボりたいとおもったことも(しにたいとは願ってる)ない。ベッドの上でひたすら苦痛に耐えるなんてつまんないことじゃなくて、もっとべつのことがしたかった。う~、健康どもめ、ぺっ!
とゆうわけで、作者が駅のホームや道端でうっかり☆倒れてしまったときの通行ちゅうのみなさんの反応(もっとも頻繁に倒れてた10年前~5年前の5年間計100回分くらい・自らベンチ等にたどりつけた場合は除く)をカテゴリー分けしました。

Photo
駅ホームや道端でたおれてしまったときの反応/無関心90%:悪意6%:親切4%

ほとんど無関心である。電車のラッシュ時なんかヒト多いからそもそも姿も見えてない=気づいてないかとおもう。(※下車するから定時運行に支障をきたしたことはないです。「体調不良のおきゃくさまの~」遅延アナウンスよくあるけどおれじゃないですよ)
無関心はぜんぜん程度がいい。めんどうなのは悪意あるヒトだ。ホームのベンチにはたどりつけなくてもいちおう通行の妨げにならないような隅っこにいる作者にわざわざ近づいてきて踏まれたり蹴られたり財布を盗まれそうになったり携帯盗ら、など。この忙しいときにふざけんなよ! と叫びたいですがそんなことできたら倒れてないのでムリ。被害を最小限に留めるのが精一杯である。ちなみに善良な市民のみなさんはホームなら駅員を呼ぶといいとお思いでしょう。残念なお知らせですが駅員にもあたまのおかしいヒトはいます。とゆうか、あたまのおかしいヒトがたまたま駅員業をやってるんだとおもう。駅員に襲われてる場合ではない(たいていの駅員さんはちゃんと職務するとおもう)。恨み100年! (※作者があした死ねば明日まで)
あと強く印象に残ってるのはホーム地べたからベンチまでたどり着こうとひとりでもがいてる作者を見つけて停車ちゅうの車内から「どうしてだれも助けないの! しんじられない!」と騒ぐ女性の声が聴こえ、ドアが閉まって電車が発車したら静かになった。言ってみただけ。こうゆうのを偽善ってゆうんだろうな、と意識の隅でおもった。
しかしながら親切なヒトは実在します。兆候が出てから立ちくらむまで数十秒しかないと車内でうずまってしまうこともあるわけですが座席を譲られる(作者がそこまで移動できれば)、ホームに倒れた作者に対する呼びかけ、ベンチに座らせてくれる、ちゃんとした駅員を連れてくる(状況説明)、ポカリやミネラルウォーターなどを自販機かキヨスクで買って渡してくれる。ポケットマネーで! 見ず知らずの作者に。みんな目的があって駅や道路を歩いてるかとおもう。その用事が遅れてしまううえにお財布からお金を! しかも1人じゃない。でも作者は顔も知らない。たまたま作者が倒れてる場面に遭遇した知人の証言によれば「血の気のない青い顔して一生懸命むにゃむにゃ言ってた」らしい。本人は「脳貧血なんです30分も休めば動けますありがとう」と言ってた。ぜんぜん伝わってなかったのね。
脳貧血の症状としては冷や汗⇒吐き気(嘔吐)⇒立ちくらみ⇒動けない(しゃべれない)⇒視覚障害が定石だろうか。作者、失神まではしたことないから意識はあるんだけど目が見えない。なんにも。真っ白。耳ははっきり聴こえるんだけどね。いや、幻聴のときもあるかな。
だから助けてくれたヒトの顔見てない。どこのだれだかわからない。むろんお礼も言ってない。でも空ボトルを自宅にしばらく飾ってた。義理100年! (※作者があした死ねば明日まで)お返しはできないけど、どうかあなたが幸せでありますように。

/どうかあなたが幸せでありますように
/どうか明日は幸せでありますように


THE BACK HORN『泣いている人』

結論:妊婦さんはマタニティマークをつけたほうがいいとおもう
もしもマタニティマークを見つけてわざわざ嫌がらせするヒトはだれに対してもまんべんなく悪意を発散してるとおもう。きっとそいつは以前に作者を踏みつけたクソやろうだ。完全に暴行罪・傷害罪! 通報! (おれはできなかったけど)。そういえば杖(手で握るタイプじゃなくて腕から支える形)ついてエレベーター待ってるヒトをわざとけっとばして逃げた中年女性を見たことがある。大事には至らなかったけどおれだけじゃなくて周囲のヒトもびっくりして通報とかとっさに思いつかない。ヤバいやつはマークとか関係なくヤバい。
内側に隠すのもありだけど、それだとうっかり立ちくらみを起こして動けない場面で親切なヒトと財布をあさるヒトの区別がつかないんじゃないかしら。↑こんな円グラフとか作ると「観察するヒマあるなら倒れてんじゃねぇよ」って健康なみなさんには言われるとおもうけど、脳貧血で立ちくらみしたときの問題点は【動けない・しゃべれない・見えない】である。失神までいくと意識不明だけど、意識はある耳も聴こえるでも動けない=口も動かないしなにも見えない。呼びかけに反応してマタニティマークを示すことができるならまだいいけど、万が一意識もなくて救急搬送なんてことになったらそれが1番心配かな。犯罪者に遭遇する確率と起立性低血圧を起こす確率は比較できないけど、親切なヒトに遭遇する確率がアップすることは確実じゃないかしら。

付記:脳貧血を頻発させるマイナス要因は睡眠不足・運動不足・栄養不足それに心配事&不安です。

提案:マークのコンセプトと文言が悪いんじゃないか?
ヒトをたくさん巻き込みたいなら大義名分やキレイごとじゃ弱いかも。エンタメ性はたいせつです。そうゆうわけでもう先に「Thank you☆」って書いたり縫ったりしたリボンをバッグに飾るとゆうのはどうだろう。

3
たとえばバカ(おもに作者)でもわかるように幅4cmの大っきなリボンにしようぜ☆

いまのマークだともはや悪意あるヒト以外気づかないかもしれない。赤とかピンクの大きなリボンを結ぶ(かわい♡)か、引っかかるのが心配ならフリル・タイプとかスターボウ(表彰状とかにつけるやつ)とか。ほんと他人のバッグとか見ないって。
でもって、文言も「おなかに赤ちゃんがいます」だとおかあさん目線である。主体を赤子寄りに移したらいいかもしれない。「ふたりいます♪」とか「ここにかわいいベイビーがいます☆」とか、不妊治療ちゅうのヒトが「自慢されてる」とか言い始めたの? 理解不能だ。だれかの妊娠出産とべつのだれかの妊娠出産のあいだに因果関係ない。悩みすぎて苦しすぎて自己投影が混乱を極めたようだ。ニュートンなら「わたしは仮説を作らない」と切って捨てる。「自慢」で糾弾するなら結婚指輪と夫婦同姓から非難してほしい。
そして、モメモメしたときは神さまの出番だ!

5
リボンの内側に留める御札てきなものとして

「生前」って言葉は死後に対して生きているあいだのことだから「生(産)まれる前」で使うとしたら誤用だとはおもうんだけど、言葉なんて伝わればなんでもアリだよね♪
日本伝統の「7つまでは神の子」システムの応用である。「授かる」って表現だと「与えられる」ニュアンスがあるから不妊治療ちゅうのヒトが実際ぜんぜん関係ないのに落ち込むんだとおもう。「お預かりしてるだけ」ってどう? だめ?
もしも、この重たい文言を皇后陛下(天皇家の女性がいい)に揮毫してもらったらマタニティマークにお守り機能が付与され、狼藉を働いたら崇徳上皇の怨霊に呪い殺されるかも! きゃ☆コワい、みたいな祟り機能も期待できるかもしれない。霊験あらたか☆

疑問:鉄道会社はマタニティマーク(母子手帳)の特典として特急指定席券(乗車券はべつ)を月○回まで無料、とかやってないの? 長距離移動がリスク高いんじゃないか。

実話:「出産費用60万円もかかるからギリギリまでは働きたい!」
前の職場でいっしょだった女性はつわりが重い体質だったんだけど明らかに具合悪そうでも目からビームを出す勢い(?)で気迫を見せ、だれにでもまんべんなく冷たい人事担当者(おじさん)に「わかった、早退にしないし欠勤にもしないからとにかくムリしないで休憩室で休んで」とビビらせてた。おもしろかった。人生おもしろいほうに百万点☆ 妊婦のみなさんには目からビーム出してなるべく気ままにやってもらいたい。 

« はじめてのふくろうカフェ | トップページ | 脳内紅白歌合戦2016 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/68593341

この記事へのトラックバック一覧です: マタニティマークに見覚えがない:

« はじめてのふくろうカフェ | トップページ | 脳内紅白歌合戦2016 »

無料ブログはココログ