« 真冬の野毛山動物園 | トップページ | アミメキリンのソラ♂誕生日 »

2017年1月28日 (土)

バンドTOMOVSKY2017@横浜リザード

すでに2017年3月ビル解体に伴う閉店が発表されてる神奈川県・横浜clubリザードへ、バンドTOMOVSKYとしてはここでのラストLIVE『club Lizard Yokohama 15thアニバーサリー!! いままでありがとう』を観に行ってきました。

1
ソールドアウト(当日券ナシ)は初かな

お客層 男女比2:8 年齢層ちびっこ~50代? 平均すると40歳?
外は寒くて風が冷たかった。でもLIVEちゅう満員のフロアに気づいたトモフが「友達いないはずのトモフのお客にもしかして友達ができたのか!」みたいなことを言ってた。トモフのお客さん(作者除く)は友達ができて、トモフスキーLIVEはソールドアウトで、作者も人いきれであったかいなら三方一両得だ。

SEでthe Champs『Tequila』(1958年)を聴いたような、、、でも作者は『レニングラード・カウボーイズGoAmerica』(1989年)の劇中でレニングラード・カウボーイズが演奏してるのしか知らないないから曖昧、the Champsご本人の演奏は超絶シブかった気がするのでどなたか(もしかしてThe Venturesだった?)のカバーか、とりあえずテキーラ飲んだほうがいいのかな、と考えながら裸電球に照らされたケーブル上のホコリの堆積を見つめてた。




ご存知ない方のために説明すると、バンドTOMOVSKYはV&ALLトモフ=大木知之さん、G&Choはかまだ卓さん、Ky&Cho大塚ヤヨイさん、Dr&Choクメムラヒトミさん【3人はサード・クラス】、B大木温之さん【Theピーズ】の5人バンドです。

①フライング・タイム
開演予定時刻ちょうどにコートを羽織ったままトモフが逆さビールケース(作者からは見えない)のうえに登壇。みんなにお知らせがあるとゆう。
トモフ「(中略)20枚分くらいのチケットに18時OPEN/19時STARTってまちがって印刷しちゃったらしくて、その20人が19時に来てもうLIVEはじまってたら、かわいそう! ……これから30分途方に暮れる君らも、かわいそう!」
前売りチケット買ったらもう券面しか見ないよね。
トモフ「さいきんTheピーズも開演時刻トラブルあったらしくて、、、大木兄弟がミスしたみたいに感じるかもしれないけど、リザードさんのミス! 喜んで尻拭い!」
そうゆう事情でフライング・タイムがはじまった。
1番手・V&Gトモフwithかもめ役ハルさん/渡辺真知子『かもめが翔んだ日』(1978年)
2番手・V&GハルさんwithDrトモフ/矢沢永吉『チャイナタウン』(1978年)
3番手・Vはかまださん/『柔道一直線』?
4番手・サードクラスwith大木兄弟/サード・クラス『駒場北四丁目』(2006年)

2番手のときおもったんだけど、いまだかつてハルさんがこんなに丁寧に歌を歌ったことがあっただろうか(あったかもしれない)。なんかすごくいいけど、なんなのかしらー、と聴いてた。ハルさんの歌自体なのか、機材&PAさんなのか、作者の立ち位置&キモチなのか、この中でどの点が影響してるのか。トモフのギター(愛称:ミネちゃん)と相性よかったとか?
そしたら『駒場北四丁目』もよかったのでリザード・マジック☆ じゃなきゃ、おれのキモチ☆

まるで作者が演奏の良し悪しを判断できるヒトみたいだけど、実際まるで気にしてない。おすすめはしないけどLIVEハウスのスピーカー前に立つと身に着けてる服が音波でプルプル揺れる。もうそれだけで楽しいでしょ。自宅に防音室もなければ重いスピーカーも置けないし服が振動するぐらいの音量出したらご近所から損害賠償訴訟おこされるだろうし(ご近所キビシイ)。音楽が鳴ってるだけで楽しい状態に+αで歌がよかったり面白かったりするといいとおもう。

そんなこんなで右肩上がりで盛り上がって、からの~、トイレ・タイム(byトモフ)。

②本編&アンコール
トモフが客席後方にスタンバイ(紛れ込み)しお客さんに肩車してもらいハイタッチしてもらいながらステージまで一直線に運搬してもらい『過渡期』でスタート(いや、ちがうかも)。今年のもらいはじめ。
恒例の、ステージが低くて出演者×客の姿がお互い見えないためトモフ、ハルさん、はかまださんは固定した逆さビールケース上にいるんだけど、いままで照明のセッティングを無視したトモフの挑戦(?)により顔が陰になっちゃうことが多かった気がするんだけどきょうはちがう。ハルさんのお顔がピカーッとピカピカだった。女優ライト☆
そしてトモフがつかまり立ちをする花道(※天井にハリのようなラインはあるけど床はお客さん、つまりステージ外)には簡易的にセットされたらしいライトがゆらゆらしてた。トモフ専用ライト☆
ハル「おれはシロフクロウだ!」みたいな宣言をしてた。
ハル「(ライトに)照らされてなにも見えない、(メンバーと)アイコンタクトもできない」からシロフクロウだとゆう。へー、演奏ちゅうアイコンタクトとかしてたのか。
トモフ「あの、1番かわいいやつ」
ハル「そう、暗くないとネズミが獲れない」
大木兄弟のセンスでは猛禽類で1番かわいいのはシロフクロウなのか、とゆう発見とともにちょっと待て、とおもった。
シロフクロウは夜行性が多いフクロウ界隈ではめずらしく明るい時間帯に活動する種類だ。ハルさん、シロフクロウは明るくてもネズミ狩りできますよ! と、野暮なコトを考えてた。

A B
こちらの方々

どの曲か失念したけどミラーボールも回って今夜の記憶はキラキラだ。

今夜の事件:サード・クラスの乱
トモフからの要請(強要)によりまず大塚嬢が閉店するリザードへのご挨拶をしたのだが、とりとめなく惜別のキモチを述べたのち泣きはじめる(大塚嬢はビールケースには乗ってないので作者からはたまにしか見えない)。
またしばらく進行した後、今度ははかまださんがリザードへのご挨拶をしたのだが
はかまだ「今度からは横浜F.A.D(リザードから徒歩5分くらいおなじ山下町エリアにあるLIVEハウス)で!」みたいなことを先走ったらハル「気が早い!」とクギを刺されてた。
またしばらく進行した後、今度はクメムラ嬢がリザードへのご挨拶をしたのだが
クメムラ「(ワンマンは最後だからドラムの1音1音に)心を込めて……」みたいなちゃんとしたことを言いながらなぜかカワイイ声で笑いはじめた(作者からはスティックしか見えない)。毒キノコでも一服盛られたのだろうか。
ぜんぶまとめると、感情が昂ったときに大塚嬢は泣くタイプ、はかまださんは先走るタイプ、クメムラ嬢は笑うタイプ、なのか? 惜別の表現が三者三様だ。

今夜の漫才:コール&レスポンス
トモフ「飽きてるか~い?」
お客「…………(飽きてないしもっとやってほしい場合はなんてレスポンスしたら?)」←沈黙
ハル「いえーい!」
トモフ「! (飽きてるなら)もう座って弾いていいよ!」
ハル「……か~い? って言われると、いえーい! って答えちゃう。気をつけないと」
完全に漫才だった。このまま100年続けばいいのにな、とおもった。

今夜のトモフの名言:なにかの話の流れでトモフも乱れる
トモフ「(中略)ヤりまくるのは今年までにして、来年は処女と童貞になって新鮮なキモチで会おう!」
むずかしい。まず前半部分からむずかしい。さっそくお肌の露出からはじめるべきだろうか。地味好みが過ぎた作者の人生もついにイケイケ化!?
LIVEって時間帯でいえばイブニング・ドレス着用する頃合いだよね。アフタヌーン・ドレス⇒カクテル・ドレス⇒イブニング・ドレス(日没後の男女の夜会服、和装なら紋付黒留袖・色留袖に相当)って女性は露出度をあげる(胸もととか背中とか)のが正式……LIVEハウスでイブニング・ドレス着てたら入店拒否だな。そういえば昔、彼氏がバンドやってる知人と一緒にLIVE行ったんだけど、知人はそうゆう時にドレスアップするタイプの女性でその彼氏さんと挨拶してたら彼氏「ふつうのカッコウでいいとおもわない?」と愚痴をこぼしてきた。なんでそれを本人じゃなくておれ(初対面)に言うのかな、照れ隠しだとしても、ぺっ! とゆう思い出。ろくでなしのバンドマンの彼氏をお持ちの淑女のみなさん、ドレスアップ不評ですよ!

今夜のハルさんの名言:トモフによる乾杯ハラスメントにて
お客さんからもらったお酒を開けて乾杯したトモフ。その飲みかけの酒を手にしてメンバーひとりずつお客さんへの励ましの言葉を言うように強要(※メンバーはトモフのお酒をこぼさないように手に持つだけ)。
ハル「生きてればいい」
サード・クラスの3人とそもそもトモフがなに言ってたのか忘れてしまった。ほんとに? ほんとなら、励みになるわー。この時点で作者イケイケ化計画は白紙撤回された。

今夜の指令:5月に渋谷でワンマンLIVEとかあるから(未告知)それまで無事でいるように
トモフ「車に轢かれるのとかナシ!」

③ダブルアンコール/『スポンジマン~歌う51歳』
アンコールを終えてもうこれでおしまいだとトモフが言ったら客からブーイング。
トモフ「まだやってない曲あった?」
お客「スポンジマン!」
とゆうわけで横浜リザードのラストTOMOVSKYワンマン有終の美を飾ったのは『スポンジマン』でした。

ほかにも『真夏』かなにかのとき「ハ~↑、ル~↓♪」の客席コーラスを突然やったらひどいダサくてハルさんに不評でトモフ「これからはリハーサルでやったことだけをリハーサル通りに……」ハル「半分ぐらいそうじゃねぇか!」って言われてたから、TOMOVSKYの練習およびリハーサルの上限は50%なんだな、とか。いままでの横浜リザードでのつれづれライブ日記をお酒の注文用紙裏にトモフがメモしてきたものをハルさんが読み上げたり、トモフ「湿度で倒れそうになったらガマンしないで」みたいな話が長すぎて作者の気が遠くなったり、、、とりとめのないことがたくさんありすぎてしあわせだった。

結局さいごまで1度も見えなかったもの:はかまださん

公演まとめ:37、8曲くらい210分
『歌う51歳、横浜の51歳』『過渡期』『最高の錯覚』『ねる日』『こころ動け』『骨』『真夏』『人間』『人生は無限だ』『うしろむきでOK!』『両想い』『さしだせ』『たりる』『いとしのワンダ』『ひとりに戻るんだ』『SKIP』『不在』『巨大なダムのありんこの穴』『過去のドレイだ、生きた化石だ』『ワルクナイヨワクナイ』『無計画とゆう名の壮大な計画』『スピード』『脳』『映画の中』『我に返るスキマを埋めろ』『都合のいいジャンプ』『その2つ以外は』『スポンジマン』など?
THE COLLECTORS『太陽はひとりぼっち』(1988年)



そうしてご機嫌になったヒトビトは『君の瞳に恋してる』を歌ったり踊ったりしながらそれぞれの家へ帰って行きましたとさ。めでたしめでたし。

3
ココが丸ごとなくなっちゃうのか

女性飛行家の草分けであるアン・モロー・リンドバーグ(米1906~2001年)は横浜港で見た船と岸のあいだを行き来する「わたしには意味のわからない呼びかけ」について後にこう記した。
「『サヨナラ』を文字どおりに訳すと『そうならなければならないなら』という意味だという、これまで耳にした別れの言葉のうちで、このようにうつくしい言葉をわたしは知らない」

アン・モロー・リンドバーグ『翼よ、北に』

« 真冬の野毛山動物園 | トップページ | アミメキリンのソラ♂誕生日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/69330910

この記事へのトラックバック一覧です: バンドTOMOVSKY2017@横浜リザード:

« 真冬の野毛山動物園 | トップページ | アミメキリンのソラ♂誕生日 »

無料ブログはココログ