« 井の頭自然文化園マーラのみ | トップページ

2017年4月21日 (金)

ひとりTOMOVSKY@風知空知

ひとりTOMOVSKYワンマンLIVE『風知空知の知は大木知之の知~春爛漫~』を観に、東京・下北沢の風知空知(ふうちくうち)へ行ってきました。世にも爽やかなお店でした。

1
建物の4Fオープンテラス

東京は今年初の夏日(26.1℃)でまぶしいし暑かった。

3
外階段に誘導のためのバミリテープ(?)

お客層 男女比1:9 年齢層 穏和な大人(作者は好戦的なので除外)
50人くらいでいっぱいの店内に立ち見まで予約完売にもかかわらずスムーズに誘導された。スタッフさん(店長さん?)「1人1席でお願いします。あとから来る方(お連れさま)のために席をとることはご遠慮ください♪」と爽やかにご案内してた。そうね、抽選予約で整理番号つけてるイミなくなるもんね。でも、スムーズな誘導の1番のポイントは爽やかに言うことだとおもった。爽やか☆

本日の主役:TOMOVSKY=トモフ=大木知之さんV&AG&BDr&カラオケ(ボーカル抜き音源でハンドマイク)

定刻通りにまずリクエスト・タイムでスタートした(だったかなー)。
リクエスト『最高の錯覚』
トモフ「(手描きの曲順表を見ながら)『最高の錯覚』は19曲目に……(リクエストを言ったお客さんに)そっちに言って歌うから……」と言いつつすぐ歌ってくれた♪

トモフ「なんでこんな天気イイ日に下北沢でLIVEなんだろうとおもって(しぶしぶ)車で来た」
公園の芝生で日本酒のみながらゴロゴロしたかったらしい。うん、トモフは素直じゃないけど自己開示性が高いのできっと本音だろう。もしもこんな日差し強い日に野外LIVEじゃ、作者はひとり自宅待機だったけど。お店でよかった☆

前半は『恋を急げ!』『コインランドリーデート』『あのハナシのつづき』『光をあつめて』『ひとりに戻るんだ』など、この窓開けっぱなしな4階のお店(外階段から下見たらけっこう高所)でぜひ聴きたいな、とゆう曲がたっぷり☆ メロメロである。
トモフ「どうせトモフのことなんて9番目か10番目にすきなんでしょ!」
? 9番目か10番目にすきなヒトのLIVEなんてわざわざ足を運ぶだろうか。「10番目にすき」なんてまどろっこしい言い方しなくても「べつに好きじゃない」でよくないか。なんで急にそう感じたんだ? われわれ、なにか粗相をしたでしょうか。

事件発生:4曲目『ほめてよ』途中でいきなりトモフが泣く
トモフの目もとが赤くなってジワッとしたとおもったらギター抱えて座ったまま後ろを向いて……で、「これからもよろしく」みたいなことを言って戻ってきた。え! ちょっと待ってくれよ。『ほめてよ』はイイ曲だしトモフの歌もステキだけど、ここまで15分間のなかに泣くポイントあった? うーむ。トモさんカラダどっか痛いの我慢してLIVEしてるのかしら、それとも身内のかたにご不幸でも? まさか、ハルさんしんじゃったの!? (ちがう) ※TheピーズV&B・トモフと同い年のお兄ちゃんはご無事です。もしもハルさんの身になにかあったらトモフは歌ってる場合じゃないし、お客さんも聴いてる場合じゃない。
トモフは感性の繊細なお子さんだからなー、急にヤなこと思いだしたんじゃないといいけど。客席の背景の夕日がきれいだったとか。……花粉症?

今夜のトモフの名言:ひとり芝居が多すぎてなんの話だったかは失念
トモフ「トモフに性は感じない!」
トモフ「(お客さんに)どう? トモフに性は感じる? (お客さん困る) 最前列のお客さんにする質問じゃなかった。『感じる』とか言われても、このあと演奏しづらい!」←質問を撤回
性……そうか、トモフは【ネズミ目リス科】か【鯨偶蹄目キリン科】の分類だとおもってたけど【サル目ヒト科】だったのか。でも性感よりパパ感だよな、パパ・トモフ♡ 今後は「パパ、禁煙して!」とゆう下心を持ってトモフを見つめていきたい。

トモフ「(加藤登紀子さんについて)じぶんとけっこう似てるとおもって見てる」そうだ。
え、似てる? トモフと永遠のマダム・ジーナ? どうかな。おれ、トモフは林修先生(ともに1965年生まれ)のが似てるとおもうけどな。動作のタイミングとか表情のグラデーションとか、神経回路の配列が似てるんじゃ……だとしたら、トモフ、あんな野心家なのかしら。


加藤登紀子さんはスタジオ・ジブリ『紅の豚』のマダム・ジーナ役&歌

『ガン告知はいらない』につづいて『整形オッケー』が披露され、韓国整形美女の「涼しい目もと」について語るトモフ。作者はどうも「涼しい目もと」のイメージがはっきりしないんだけど、こうゆうの?

5 6
アフリカタテガミヤマアラシのクリス♀さん               チーターのサハラ♀さん

このイメージで共有できてるんだろうか(おふたりは横浜ズーラシア在住)。「涼しい目もと」ってどんなニュアンス? 辞書によれば
・目もとが涼しい:澄んで清いこと
・涼しい顔:①気持ちのよさそうな顔。屈託のない顔つき。②知らぬふりしてすましている顔。
らしい。トモフ「ほんとはルパンが好きなクセに峰不二子の媚びないとこがすき」みたいなことも言ってたので、②澄ましてる? 切れ長とか色が青いとかまつ毛長いとか造形じゃなくて精神性が重要なのか。Theピーズの歌詞にも出てくるけど作者はずっと曖昧に聴いてる。
Theピーズ『クリスマスに帰る』「回覧板 東京から迷子です/ナデ肩ん細い首涼しい眼」
Theピーズ『あの女』「あの女 ヒマんなっと/夜中でもでかけっちまうのさ/涼しいツラで昼帰り/ダーリンおはよう おやすみ」


今夜はじめて知ったこと:大木兄弟は「涼しい目もと」にこだわりがある

A B
ミズオオトカゲ                                   ヘサキリクガメ(ベイビー♡)

爬虫類の目もとはたいてい「冷たい目」って表現されるよね。きっとちがうんだろうな。(おふたりは横浜・野毛山動物園在住)

そんなことはさておき、5分休憩をはさんで「日刊スポーツ・トークショウ」がはじまり(トイレ待ち列のお客さん待ち)、トモフがすでに阪神タイガース・ファンではないことが判明した。+「猫検定」(=^・^=)

9月に発売(されるかもしれない)ニューアルバムに入る予定の新曲の断片をたっぷり☆
『アンラッキー』『作戦会議』『すごい月』『不死身のうた』(?)←はじめてトモフ宅の敷居をまたいで世界初公開だとゆう「しぬのは1回♪ 悪人も1回♪」のタイトルは“不死身”じゃない? アルバム・タイトルが「“不死身”ではない」って話だっけ? 楽しいことが多すぎて肝心なことを忘れてしまったようだ。うーむ。『作戦会議』よかったよね♪

今夜の悲鳴:不死身Tシャツ黒にストライプ柄シャツを羽織り、ウォッシュドデニムにスニーカーを履いたトモフ。休憩時間にSHAAAA!!!Tシャツ黒に着替えたんだけど(逆かも)、羽織ってたシャツを脱いで頭に鉢巻状に巻いたら悲鳴(黄色くないほう)があがった。
お客さん「似合わない!」

リクエスト『美人が消えた日』
トモフ「……ニンジンが消えた日?」
ニンジン嫌いのちびっこどもが喜ぶかもしれない。「CDみたいには盛り上がらないよ」と言いながら歌ってくれた♪
トモフ「そんな理屈はわかってるさ♪ でも理屈で世界は、できてない?」←歌詞確認
お客さん「世界は、見えてない」
歌詞を聴いたトモフ「ほほぅ」とゆう顔で感心してた。じぶんで作っておいて。ときどき、トモフはTOMOVSKY音楽のよさに気づいてないんじゃないか、と思うことがある。だれかあの子に教えてやってよ。

リクエスト『ワルクナイヨワクナイ』
トモフ「トモフはアルペジオ(奏法)だってできるんだからね!」(うろ憶え)
と言ってムーディーに弾きはじめ“バイリンガル・バージョン”が披露された。トモフはなんでもできるお子さんだな☆ うっとり楽しかった。

トモフ「(省略)クロネコヤマトのハムッとされてる仔猫……あれ、おれ☆ トモフがお星さまになってもクロネコヤマトのトラック(のマーク)を見るたびに、『あ、トモフ』(ふりかえって)『あ、トモフ』って」やればさみしくない、みたいなことをまた急に言ってた。
……トモフ、しぬの? あんなの、トモフじゃない! (激怒) 禁煙禁酒!長生き! (作者よりも)リクエストしたかった。

今夜のお客さんの名言:
トモフ「(省略)曲やりすぎだって福岡の店長にも言われて、(お客さんが満腹になって)次回来なくなっちゃうって、、、(たくさんやったせいで)もう今年いっぱいはトモフ見なくてもいいかな、なんてことになるんなら頑張り損!」
とゆう話がどこかであって『我に返るスキマを埋めろ』演奏前に半分まで? 8割まで? だったか、とにかく途中まででやめて次回来てもらおう♪ と言い始めた。
トモフ「戦略☆」
お客さん「まちがってる!」
SOS、SOS、福岡のLIVEハウスの店長さんの一言のせいで今夜の下北沢は紛糾しております(  ̄^ ̄)ゞラジャ
2008年以降のユーザーはお値段にシリアスだから「3000円でこんなに曲やってくれんの? コスパ最高! おすすめのLIVEだ」みたいなことにはならないんだろうか。乙女心がわからない。

トモフが『我に返るスキマを埋めろ』を最後までやってくれたかどうかは、わたしたちだけの秘密。byナレーションは『紅の豚』ヒロイン・フィオ嬢

今夜の胸キュン・ポイント:たぶん3時間を超えたあたりからトモフが如実にシワシワ・ヨレヨレになっていった(足もとが心配だ)。ヨボヨボ・トモフ、きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください
作者じしんは4時間前からへべれけ&メロメロだったけど。

今夜のトモフのモノマネ一覧:Theピーズ・ハルさん、Theピーズ・アビコさん(ギタープレイ)、浅田真央ちゃん、加藤登紀子さん、田島貴男さん、ルパン三世、峰不二子(?)など
トモフ「がんばって! 武道館! がんばって!」
ハルさんのモノマネをしたトモフ「やるだけだよ!」
先日の大阪でアビコさんが『我に返るスキマを埋めろ』のギターをかっこよく弾いてくれた件
トモフ「すごくて歌ってる場合じゃなかった! ずっとしゃがんで(スピーカーに近づいて)聴いてた!」
ギタリストががんばりすぎるとボーカルが職務放棄するらしい。で、そのプレイを再現(?)してくれた♪ かっこいい☆

公演まとめ:35曲210分くらい
たぶんやった曲『歌う51歳』『恋を急げ!』『コインランドリーデート』『あのハナシのつづき』『光をあつめて』『ひとりに戻るんだ』『ほめてよ』『GO!GO!GO!』『ガン告知はいらない』『整形オッケー』『過去のドレイだ生きた化石だ』『人生は無限だ』『世界は終わってなかった』『スピード』『こころ動け』『SKIP』『なくてもよかった日』『引越し前夜』『過渡期』『このままでいたいなら』『不在』(客席スタンディング)『真夏』(ときどき芝生日本酒)『疎遠』『脳』『映画の中』『我に返るスキマを埋めろ』
リクエスト曲『最高の錯覚』『メンツ』(キー低め)『美人が消えた日』『ワルクナイヨワクナイ』(バイリンガル・バージョン)『ORANGE CITY』(←リクエストはアルバム『ORANGE FICTION』)『いとしのワンダ』←却下
新曲『アンラッキー』『作戦会議』『すごい月』『不死身のうた』(?)
エンディング合唱およびSE『仰げば尊し』


おまけ:最後まで爽やか
終演後トモフとお客さんが物販で「(開場から270分)椅子はおしりが痛かった」とゆう会話をしてる近くに通常営業の準備をしてたスタッフさん(店長さん?)がいらした。
スタッフさん「次回はクッションもっといっぱい用意しときますね♪」(笑顔)
……爽やかすぎてぐうの音も出ない。もう下北沢で飲食店勤務を希望してる根暗なヒトはみんな風知空知で働かせてもらったらいいとおもう。爽やかになれるかもしれない。葉っぱ(つけ合わせのレタス)がおいしいお店はいいお店です!


曲やりすぎで、歌いすぎで、おしゃべりしすぎで、食べすぎで、飲みすぎで、笑いすぎで、ハシャギすぎで、、、、また明日の夜もやろうぜ♪

7

« 井の頭自然文化園マーラのみ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/70302150

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりTOMOVSKY@風知空知:

« 井の頭自然文化園マーラのみ | トップページ

無料ブログはココログ