« ミノムシの移動速度 | トップページ | 横浜ズーラシア春のニューフェイス »

2017年5月17日 (水)

野毛山動物園アミメキリンのみ

きゅうにアミメキリンの後頭角が見たくなったので、神奈川県横浜市西区の野毛山動物園へ行ってきました。

1
鳥インフルエンザ対策の靴底消毒は終了して入口は通常モード


アミメキリン:【鯨偶蹄目キリン科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地はサハラ砂漠以南のアフリカ中東部の草原。

3 4
小さく見えるモミジ♀2歳も飼育員さんと比較するとちょう大きい     そら♂5歳は断トツで大きい

グレビーシマウマ:【奇蹄目ウマ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地は東アフリカのエチオピアやケニアのサバンナや半砂漠地帯。

5
シマウマのモモちゃんことモモタロウ♂は負けず嫌いを発動して高らかにいなないてた

モモタロウ「ぼくにも草♪ ぼくにもごはん♪」(※あくまでも作者のイメージ)


☆さっそく後頭角チェック☆

7 8
耳の並びのコブみたいのがそら♂の後頭角×2                 こちらはモミジ♀の上から写真

後頭角が見えてもう満足である。ところで、そら♂もモミジ♀も上から見ると顔がものすごく長い。こんな形の鍵あるよな、とおもった。


身長4m超(まだ成長ちゅう)なので余裕でフェンスに顔が届く

そら♂のちゅう顔である。きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください

9 10
一方、モミジ♀は水入れにちゅうしてた(水は飲まない)           こちらも後頭角×2

流し目で不審者(作者)を警戒してるようにも……作者、キリン科の動物に嫌われがちである。いや、マレーバクにもカピバラにも嫌われてるけど……いえ、いいのです。出入り禁止にならないようおとなしく装います。ゴキブリのようにコソコソしよう。


草は口いっぱいに頬張るタイプのモミジ♀がラブリー♡

中展示場から仕切り越しに大展示場側の草を「ぜったいそれぜんぶ口に入んないだろ」とゆう量ひっぱりだすモミジ♀を見ながら、作者は口のなかで「かわいい☆」と言ってたんだけど(音声に入ってるかも)、モミジ♀が気づいた風でコッチ見てる(ような気もする)。そして慌てて草に夢中なフリしてる(ような気がする)。口のなかでしゃべってるの聴こえるなんてツガル♀さん(野毛山動物園の伝説的アイドルおばあちゃんフタコブラクダ)レベルだな。

モミジ「いま、わたしのことカワイイゆったでしょ?」(※あくまでも作者のイメージ)

11 12
そら♂はフェンス向こうのソテツ(?)に舌を伸ばし        フィーダー箱で首を掻いてた

そら「は~、モミちゃんがかまってくれない。つまんない」(※あくまでも作者のイメージ)


あそんでほしいそら♂とツンデレなモミジ♀がぜっさん同居練習ちゅう

ツンデレゆってもデレデレする場所ないけど、触るのはすきだけど触られるのはキライ? どうなのかなー、そら♂は人間どもには生まれて5年間ずっとモテまくりな人生(キリン生)だけど、キリン界隈で非モテって可能性あるのか……ツキノワグマのサンペイ♂×コマチ♀さんのような悲恋に、いえ、ぜっさん片想いちゅうのサン♂ちゃんフレフレ☆

13
そら♂に後ろからくっついたモミジ♀ ……♡

とりあえず昨年埼玉から来園してまだ横浜キャリア半年のモミジ♀がそら♂を嫌いじゃなければいっか♪ でも、そら♂がキリン界隈でもモテモテでありますように☆

15
左下から後頭角2本・主角2本・額小角1本=5本

あとで確認したらもっと見やすい以前撮った写真があった。キリンは生息地によって角の数が2~5本と幅があるそうです。


後頭角チェック終了で満足したので、ほかの動物もチェック☆


ミナミコアリクイ:【有毛目オオアリクイ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は中南米の森林や草原地帯(アサヒ♂は東京・上野動物園生まれ)。


おやつタイム以外で動くアサヒ♂をはじめて見たかも。ぷっくり後ろ肢かわいなー

アサヒ「本気だせば、アリクイは空だって飛べる!」(※あくまでも作者のイメージ)


ミゾゴイ:【ペリカン目サギ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地は日本と東南アジアの1部で日本における夏鳥、薄暗い林に巣をつくる・別名「幻の鳥」「里山の忍者」。


地味好み界隈の人気者にして「里山の忍者」ミゾタロウ♂さんは目もと以外ぜんぜん動かない。

いつもチャレンジはするんだけどミゾゴイをクリアに撮れたためしがない。難儀。

ミゾタロウ「本物の地味って、こうゆうことさ」(※あくまでも作者のイメージ)

動画に入ってる甲高いピリピリ音はおとなりのルリゴシボタンインコ軍団です。

ルリゴシボタンインコ:【オウム目インコ科】準絶滅危惧種、生息地は中央アフリカ東部・大群で行動する・別名「ラブバード」。

17
ルリゴシボタンインコ「24時間365日熱狂的にラブラブだぜ♡」(※あくまでも作者のイメージ)


カグー:【ジャノメドリ目カグー科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はニューカレドニアの森林、地面を歩いて昆虫やミミズを食べる。

19 20
モデルのような美脚ポーズを決めるヒメ♀さんかマロ♂さん         土だらけの嘴がワイルド☆

カグー「しつこく追いかけられても、サインはお断り」(※あくまでも作者のイメージ)


☆ご長寿チェック☆

ヨザル:【霊長目ヨザル科】レッドリスト軽度懸念、生息地は中南米の森・夜行性。

21 22
ブラッド♂さん27歳は快活にクルクル(宙返り)してお元気そうでした☆


ホンシュウジカ:【鯨偶蹄目シカ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は日本の本州森林。

23 24
ミキ♀ちゃん(6月10日で24歳)&メイ♀ちゃん(5月22日で20歳)ご長寿シカ姉妹はお互いに顔と耳の毛づくろいをし合ってしあわせそうでした☆

ミキ♀ちゃんは後ろ肢に力が入ってなかった。そのため斜面の展示場には妹メイ♀ちゃんだけ、姉ミキ♀ちゃんは平らなとこにいらっしゃる。元気ないのかおもいきや、メイ♀ちゃん側の草をフェンスのスキマから引っぱり出してムシャムシャしてた。食欲あるのは健康の証。そしてフェンス越しに毛づくろいし合って満ち足りた表情だった。仲良し♪

25
モサモサ

« ミノムシの移動速度 | トップページ | 横浜ズーラシア春のニューフェイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/70576158

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛山動物園アミメキリンのみ:

« ミノムシの移動速度 | トップページ | 横浜ズーラシア春のニューフェイス »

無料ブログはココログ