« 映画『ローマ法王になる日まで』 | トップページ | ドラえもん原画展@藤子・F・不二雄ミュージアム »

2017年6月16日 (金)

Theピーズ@日本武道館

Theピーズ30周年記念ワンマンLIVEを観に千代田区・北の丸公園内にある日本武道館へ行ってきました。

1
特設サイトの「あと○日」カウントダウンは「本日開催!」に

3
2日前に関東甲信の梅雨入り発表されたけどイイ天気(靖国神社高灯籠)

5
使用前

お客層 男女比4:6 年齢層チビッ子~80代くらい?
本日のチビッ子ルール[3歳以下入場不可/未就学児童は保護者の座席の範囲内で鑑賞可/小学生以上チケット必要]
たのしいだろな、と予感してチケットとってるんだけどアニバーサリーとかバースデイとかセレモニーとかゴキブリ(作者)には荷が重くて「ハルさんしか見ない、ハルさんしか見ない、ハルさんしか見ない、、、アビコさんとシンちゃんは見ても可、ハルさんしか見ない、ハルさんしか見な」と呪文を唱えながら田安門(現存する旧江戸城遺構のうち最古アイテム)まで来た。途中で通報されなくてよかった。

入口でカメラ(上の写真撮ったヤツ)を取り上げられた。みんなスマホ持ってるから意味ないのでは、とおもいきや開演ちゅう前後問わず場内撮影禁止、アリーナ席は飲食も禁止。……気難しいな、武道館。ハルさん本人に「記念写真とれ」とか指示されちゃうふだんとはちがうのね。スタンド席は飲酒可だったのでそこはかとなく酒フレーバーだった。

特大「Theピーズ」の文字を背景に機材はトライアングルで設置(そしてずっとそばでQ太郎さんが守ってた)、下手と上手にスクリーンがあってTheピーズの懐かし~最新写真をスライドショーで流してた。たぶん20歳そこそこのアビコさんのお写真が登場したときは女性陣「かわいい~☆」って声が聴こえて、たしかにかわいかった。この近所には可愛いヒトしかいないな。ステージ中央に円筒形のスピーカーに見えるモノが吊られてるんだけど、あんなふうに吊るかな、でもスピーカーじゃないならなんじゃろ、とおもってたらあとでハルさんが「ほんとは(下手と上手に)2本下げるらしんだけど、1本にしてもらった」と説明したのでど真ん中にスピーカー。
すごい数のお客さんがざわざわしながら後ろ(関係者席)をふりかえるので、釣られてうっかりふりかえってしまった……しまった、もう! ハルさんしか見ない、ハルさんしか見ない、ハルさんしか見ない、、、アビコさんとシンちゃんは見ても可!

ご存知ない方のために説明すると、TheピーズはV&B&AGオオキハルユキさん、G&BVアビコヨシカズさん、Dr佐藤シンイチロウさん(the pillows)の3人バンドです。

2017年1月の記事⇒Theピーズをご存知ない方へ
2017年5月の記事⇒Theピーズあと9日

場内アナウンス(注意とか)の段階で満場の拍手が起きた。うれしそう。たぶん定刻5分押しではじまった30年振り返り映像で客席しんみりしてからヒゲダンス(?)の3人が登場。
ハル「Theピーズ30周年おめでとうございます♪」と『ノロマが走って行く』でスタート。

いままでハルさんが「キレイすぎる音はすきじゃない」「音が回るかんじ」「温もりがあっていいでしょ」とか音について発言するたびに、ハナシが専門的すぎてイメージを共有できないなー、とおもってたんだけど、武道館ではじめて「ああ、これかー」と体感した。キレイすぎない音が温もりを持ってゆっくり回ってた。おー、、、ってゆうかアビコさんの手作りアンプ×5すごいな☆

ハル「椅子つかって、いいっスよ♪」
みたいなこと何回かゆってたけど、もったいなくて座れなかった。直立してるとちょうど胸のところにボールがトン、と来るかんじで音が降り注いできもちよかった。おれ、音楽にトンされてる、きゃ♡ 胸トン♪

ハル「やったことないけど……」とゆって演奏前にコーラスを客席パートごとに練習した。
東「シニタイヤツハシネ♪」
南「シニタイトキニシネ♪」
西「シニタイヤツトシネ♪」
アリーナ「シニタイヤツハシネ♪」
そうやってはじまった『シニタイヤツハシネ~born to die~』すごく盛り上がった☆ おれもすきだけど、、、いま、武道館には変なヒトしかいない! と強くおもった。

そういえば、作者のきっかけは「(以前に)『シニタイヤツハシネ』って曲をつくったヒトがいる」って聴いて、それは聴きたいね、とおもったことで。その時点でTheピーズってお名前もよくわかってなかった。曲が先。誕生日にいいよね。誕生日の自殺率はほかの日の1.5倍だから。みんなハルさんに「Happy Birthday To You、年をとれ♪」って歌ってもらったらいいとおもう。

ハル「(ベースからギターに持ち替えたときに)活動休止ちゅうにだいじな友達に借りたギターで、、、活動休止してよかった、幅が広がったから。人生も音楽も」
あのヒトいま重要なことゆったな。音楽は、聴き手がかってに活動再開してくれて喜んでるだろうし、音楽の幅が広がったとおもってただろうけど、人生はハルさんにしか決められないことなので。ハルさんは後悔してるように見えた。活動休止したことか活動再開したことか、もしくは両方とも。でもいま「よかった」ゆったな。ほんとに? ほんとによかったとおもってる? なら、よかったけどさ♪

『異国の扉』よかったなー、うれしかったなー。

ここで突然の字相占い・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

7 8
『異国のブラボー』ジャケットの「国」                   字典の模範的な「国」

Theピーズのジャケットとかの字ってハルさんの手描きなんだろうか、それともこうゆうデザイン・フォントがあるんだろうか。とりあえず「ブ」「ラ」の左払いと「Theピーズ」の「ズ」の左払いのラインいっしょなんだけどハルさんの字だとしたら……「国」ヒドいな。縦画の揺らぎは芸術的だし尻すぼまりのシルエットにヒトのよさを感じるけど、くにがまえガラ空きだ。これはお金が貯まらない字相……書いたヒトが心配です。※手相や人相といっしょで占いなので根拠ナシ☆ ここ数年女性のあいだで流行ちゅうの「美文字」はまたべつのハナシ。


6月7日発売の最新作『異国のブラボー』
このCDはじめて聴いたときに、おれのために歌って演奏してくれてる……! となぜか勘違いしたのでイイ作品なんだとおもう。

それと、シンちゃんが反省してた。シュンペイさん(Theピーズ・マネージャー)がハルさん&アビコさんに黙って武道館の抽選に行くと告げられて「行って来い!」ってどうせ当選しないとおもって軽~く送り出してしまった件を。テキトーだな、問題ない。
ハル「(シュンペイさんのクジ運がすごい件)……金曜日で、、、仕事、辞めてきてくれたヒトもいるんでしょ♪」
……辞めて! また新しい概念が。ってゆうかアビコさんはヘーキだったのかな。これのせいでお仕事、辞めてないですよね!?

そしてアビコさんがなにかたくさん喋ってくれたんだけど、いまいち聴き取れず。音が回ってたせいかな。50年ぐらい生きてきてこんなに、みたいな感謝があふれてた。
アビコ「おれのカラダはTheピーズ(の音楽)でできてる!」みたいなことをおっしゃってた。あー、だとしたらハルさん有罪だ。

『絵描き』について:
ハル「(山中)さわお君は『映画(ゴム焼き)』のギターソロがいいって言ってくれたけど、おれはこの曲のギターソロもいいとおもってて……」←アビコさんにこれから演奏しずらいと言われる
『バカになったのに』について:
ハル「これは1枚目のシングルで……はずかしい。おっさんになったのに!」
『底なし』について:
ハル「時間がないから、、、活動再開して(加入した)シンちゃんと3人ではじめて録音しただいじな曲で……」
ハルさんは時間さえあれば1曲ずつ語ってくれそうだった。作者は正直に「だいじな曲」と言えるようになって、ハルさんよかったなー、よよよ。と思ってた。

『グライダー』で客電がパーッと明るくなるのと同時に、アビコさんの顔に喜びが広がるのが見えた(スクリーンじゃなくて)。直線距離20m以上離れてるのにそれはわかるもんなんだ、おれすごい、とおもった。

ここで突然の大戦間期(1919~1939年)の単葉機複葉機・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
複座機だと前方の操縦席にパイロット、後部席には無線通信士や整備士が同乗し、飛行ちゅうはエンジン音と風の音で会話できないため筆談でメモのやりとりをしたとゆう。
おれはずっと『グライダー』を1人乗り=単座機をイメージして聴いてたんだけど、アビコさんの真空管の写真みたときに、ハルさんのつくった『グライダー』2人乗り=複座機だったのかー、と思い直した。「燃料タンク/地図/ナビゲーター/ハナから無いよ/しまいまで」「エンジン無いんで静かなもんで♪」って歌ってるけど、無線通信に必要なバッテリー積んでないとはゆってない。マスターオッシレーター、パワーアンプリファイアー、リール式アンテナ、バッテリー、打電する無線通信士がいれば不時着したり墜落したりしても居場所を送信してSOSできる。傍受してくれるヒトがいれば。


『夜間飛行』『翼よ、北に』『紅の豚』

思い出そうとすると、みょうに明るくてしずかな光景に置き換えられてしまってるけど。

もうおわっちゃうのかー、帰りたくないなー、とおもってたらアビコさんが舞台にうつぶせで密着してた……あそこにおれより「帰りたくない」とおもってるヒトがいるぞ。ハルさんが起き上がらせてハルさん&アビコさん&シンちゃんの3人で手をつないでグルグル回りはじめた。
やっぱり30周年ってゆうのはウソで、きのう結成したバンドなんじゃないかとおもった。

今夜のハルさんの名言:5年前に肝臓こわしてしにかけてからずっと禁酒してる件
ハル「酒飲みバンドでやってきたのに、(じぶんだけ)禁酒してから酔っぱらいに冷たくなっちゃって……」


公演まとめ:35、6曲180分くらい
たぶんやった曲:『ノロマが走って行く』『とどめをハデにくれ』『鉄道6号』『脱線』『いちゃつく2人』『トロピカル』『映画(ゴム焼き)』『温霧島』『焼めし』『喰えそーもねー』『サイナラ』『生きのばし』『クズんなってGO』『ゴーラン』『三度目のキネマ』『シニタイヤツハシネ』『絵描き』『どっかにいこー』『線香花火大会』『ハニー』『何様ランド』『でいーね』『実験4号』『脳ミソ』『ドロ舟』『オナニー禁止令』『君は僕を好きかい』『日が暮れても彼女と歩いてた』『バカになったのに』『真空管』『デブ・ジャージ』(アビコさんV)『底なし』『ブラボー』『異国の扉』(ハルさんG)『グライダー』だったかなー
エンディング曲『好きなコはできた』ではもう3人は舞台にいないんだけどお客さんは手拍子とコーラスをずっと楽しんでた。おれも楽しかった。

11
使用済

13
しばらくたって雲の切れ間からのぞいたストロベリームーン(白いけど)

« 映画『ローマ法王になる日まで』 | トップページ | ドラえもん原画展@藤子・F・不二雄ミュージアム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/70820171

この記事へのトラックバック一覧です: Theピーズ@日本武道館:

« 映画『ローマ法王になる日まで』 | トップページ | ドラえもん原画展@藤子・F・不二雄ミュージアム »

無料ブログはココログ