« ひとりTOMOVSKY七夕ディナーショー'17 | トップページ | 7月の野毛山動物園 »

2017年7月20日 (木)

熱帯夜のエアコン

みんなご存じだと思うけど、熱帯夜(最低気温25℃以上)にエアコン停めないほうがいいよ、と改めてオススメしたい。
作者も停めないほうがいいと思ってたし、毎日起床時に室温チェックしてる結果としても今年は7月頭からずっと27℃28℃とか数値出てた。風通しのない寝室ではキケン水域。でも、どうしてもエアコン(冷房)つけたまま寝ると寝覚めが悪いとゆうか体ダルくて、先日ついタイマー設定にして就寝した結果。
朝、ひどい頭痛で目が覚めた。余計なことして状況悪化するのはよくあることよね。ひとまず水分補給、エアコンつけた部屋で朝食、家事(洗濯とか)してれば治、、、とゆう見通しは甘かった。
昼ごろ(外の気温もグイグイ上がるころ)状況さらに悪化。
①ガンガン痛い頭痛
②強い吐き気
③汗がぜんぜん出ない
④でも水飲みたくない
とにかくエアコンつけた部屋でぐったり横になってるしかなかった。危ないのは「④でも水飲みたくない」。どう考えても熱中症の初期症状だからなにか水分補給(食べ物でもいい)したほうがいいんだけど、吐き気が強いせいかなにも口にできない。お家にいるのに。手の届く範囲に飲料も食糧も、水道水だってあるのに。まずい。おれが気を失ったらだれも救急車呼んでくれないからいま119すべきだろうか、、、あれ、118だっけ? ああ、おれ死にたがりだから救命のひつようないんだった。えっと、、、とかグルグル。
ぜひ、ひとり暮らしのお友だちたちは気をつけていただきたい。正常な判断できるヒトが簡単にだれもいなくなる。自力で水を飲めなかったり動けなかったら助けを呼んでいいとおもう。意識を失う前に。でなきゃ、家族をつくるのがオススメだ。

作者は汗も出ないまま日中ずっと横になってたんだけど(だいたい意識アリ)、さすがに日没時刻になって外の気温が下がったころ頭痛が弱まった。チャンスや☆ 急いで水シャワー浴びてポカリ飲んで保冷剤でカラダ冷やして(首や腋の下を冷やすといいらしい)、無事動けるようになった。でも1時間もしたらまた頭痛が襲ってきて冷やした麦茶をたくさん飲んで保冷剤の数も増やして、「いま要冷蔵のエクレアになった気分」とかおもった。1度体内に熱がこもると冷やすのけっこう難しいらしい。おれ、脳貧血でよく立ちくらんだりするんだけど症状ぜんぜんちがう。悪化する速度はやい&回復おそい。あ、まだ生きてます。

そうゆうわけで今年の酷暑における熱帯夜、風通しの悪い寝室のエアコン(冷房か除湿)停めないほうがいいですよ、とゆうお知らせ。とくに疲労や寝不足や食事できなかった日とか体調悪い時はキケン☆

かなしいお知らせ:この日、室内飼いのメダカが全滅しました。

« ひとりTOMOVSKY七夕ディナーショー'17 | トップページ | 7月の野毛山動物園 »

コメント

メダカさん残念でしたね。恐らく水槽の水が温か過ぎたのでは?うちの実家の鮒(鶴見川で捕獲)の水槽にも、夏は冷水を足すか、氷を入れてあげてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/71192247

この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯夜のエアコン:

« ひとりTOMOVSKY七夕ディナーショー'17 | トップページ | 7月の野毛山動物園 »

無料ブログはココログ