« 金持ちの仕事 | トップページ | 上映会『ウルトラセブン』@鶴川ポプリホール »

2017年8月 4日 (金)

『温故知新の怪』@町田Nutty's

ひとりTOMOVSKYと不良メルヘンとCream Cheese Cookieの3組出演LIVE『温故知新の怪』を観に、東京の辺境・町田Nutty'sへ行ってきました。

1
入口

お客層 男女比2:8 年齢層おとな

出演者に「DJ:DATA(ネコ好き)」とあって、まず読み方がデイタなのかダタなのか「(ネコ好き)」が名前なのかも判然とせず、そして今もよくわからない。とりあえず悪いヒトじゃなさそうだった。さらに「Kくん」と呼ばれてた。名前がおおい。TOMOVSKY『お友達はお年寄り』からTheピーズ曲オンパレードでミラーボールがくるくるしてた(記憶が改ざんされてるかも)。

①Cream Cheese Cookie(下手がドット柄浴衣Aタイプのマドモアゼル、上手がクローバー柄浴衣Bタイプのマドモアゼル、Vo&コンサーティーナの2人ユニット)←お名前わからず
たしか動画で浴衣姿でベースとアコーディオンのブイブイしたガールズ・バンドを見てたのでてっきりパンクバンドだとおもってたら、小学校の椅子が2つ並んでそこに鞴状の楽器が乗せられてて 「?」とおもってたらやっぱりそれを演奏されるとゆう。2年ほど活動休止して当日はコンサーティーナでの初LIVEだったそうだ。以前は7人バンドだったのかな。演者の緊張が客席(椅子ないけど)に拡がった。
ドットちゃん「わたしたちのことはいいので、楽器の名前だけおぼえて帰ってください」ようなことをゆってた。アコーディオンをもっと小さくジプシーっぽくしたかんじ(※あくまでもイメージ)。どうやって音を拾ってるのかわかんなかったけど「カチ」「ガサ」とかぶつかるような音が気になったので(ピックアップマイクの位置とか?)そこは変えたほうがいいとおもった。
歌詞に「ビー玉」が登場する後半の曲がよかった。


大杉久美子さん唄う『ロックリバーへ』で盛り上がる。

②不良メルヘン(V&Saxミーカチントさん、Tpカズさん、Gピエールさん、Bノヅピッピさん、Drシンゴスターさんの5人バンド)←全員おそろいのヒマワリ柄赤シャツ
びっくりした。動画だけ見てミーカチントさんそうゆう歌い方なんだと思い込んでたら地声だった。ベイビーボイス。一般的なヒトの話し声と別の周波数の音鳴ってる気がするけど、倍音の音量が大きいだけとかだろうか。しいて言えば、声優の金田朋子さん(おしりかじり虫・産休ちゅう)のかんじ、あるいは雛鳥が親鳥に「エサをくれ!」とか「助けに来い!」とアピールするときの「きゅるるるる」とゆう鳴き声のかんじ。方向は。
そんなミーさんが歌いまくり、サックスを吹きまくり、おしゃべりしまくり、踊りまくってた(でもご本人曰く道中の車で吐いたしリードは1曲目で割れてたしだったらしい)。
ミー「トモフ君に話したいことがあったのにトモフ君いないんだよね。“武道館、おつかれさま☆”って、、(中略)50年目にしていまさら“それ、おれじゃないから……”ってトモフ君のツッコミがほしいよね♪」
! そんな面白いこと、おれ、おもいつきもしなかった。いいなー、それやりたい。
ミー「コンビニでエロ本を買うときにそのままレジに持ってく男とべつの本で挟んで(隠して)持ってく男とどっちがいいかなと考えて……(お客さんに)どっちの男がすき?」
とゆうハナシの流れでメンバー4人(ミーさん以外は男性)にどうやって持ってくか質問したところBノヅピッピさんだけ「スナック菓子とか乗せる」とゆう結果に。その後、おれ「ベースかっこいいなー」と思うたびにスナック菓子を乗せたエロ本の映像が脳裏をよぎって笑いをこらえるの大変だった。はかいりょく。
そんなミーさんだが、最前列のお客さんにシャツのボタン開いてると指摘されて凹む。
ミー「ぜんぜんヘーキ。みんなミーのおっぱいが見られてついてるね♪ …………ほんとに、そんなつもりじゃなかった……」←時間差で凹む
ここまで音楽のハナシぜんぜんしてない。ミーさんが楽しくて。
ミーさんは「岡山の42歳男性(お友だち)が(ミーさんが)小1のときにつくった曲が1番ぐっとくるってどうなの?」みたいなことゆってたけど、おれも『晴れた日にお茶漬けを下さいな』気持ちよくて好きだけどな、とおもった。町田のイイ歳した大人だけど。


不良メルヘンの「燃えるようなLIVE」のあとにひとりTOMOVSKYとゆう出番順についてDJ「Kくん」に「1番か2番にするべきだろう」とクレームをつけてからトモフ登場。

③ひとりTOMOVSKY(V&G大木知之さん)
『歌う51歳』で「ねうしとらうたつみ♪」のところでトモフ「これはハルっぽい」とゆってハルさん風に歌う(似てない)。トモフ「これはアビコっぽい」とゆってきゅうに「10年前も♪」Theピーズ『グライダー』を一瞬歌ったのでビビる。いま、すごいキレイじゃなかった? 「ボクはグライダー♪」まで歌ってほしかったな。
トモフ「ここは原町田5丁目だけど、おれは原町田4丁目に住んでた!」みたいな虚偽申告。
それを聴いてココが5丁目だから4丁目にしたんだろうけど原町田6丁目まで実在しますよ、だいじょぶですよ、とおもった。さらに恩田川沿いを歩いて左折して国道246から東京に戻った、とか、かつて町田街道沿いはコインランドリーだらけでそこで『コインランドリーデート』は生まれた、とか。どうしたんだろう、トモフ。じぶんの地元ローカル・ネタ(ウソ)言われるとなぜか引くもんなんだな。

ここで突然ですが、町田市は「ポケモンのふるさと」を標榜しております。最初のゲームボーイ用『ポケットモンスター赤・緑』(1996年発売)の製作者・田尻智さん(1965年生まれ・サトシ)が子どものころ市内の恩田川沿い等で昆虫や水生生物を採集しててそれがポケモン製作の原点になった、とインタビューで語ったかららしい。ちなみに作者が好きだったポケモンはケーシィ、ゲンガ―、カラカラ、フリーザー、キュウコンだった。ケーシィなんて2体ゲットしてから片方をユンゲラー⇒フーディンに進化させて、もう一方は「進化をとめる」でケーシィ・キープである。かわいかったから(偏愛)。プレイしたことあるのすっかり忘れてた。
そうゆう方程式なら原町田は「トモフのふるさと」と標榜したい。TOMOVSKYゲット☆

エアコンの風が寒いとゆってギターを置いてマイクを持って客席(椅子ないけど)に温まりに来たトモフ。Nutty'sの店名の由来は店長の初恋の女の子がナツコだったから(ウソ)といい、「おれの初恋の女の子(小中・好きだった)はノリコだ」とゆう(ホント?)。小中9年間好きなんておもいのほか一途だな。
『うしろの記憶しか残らない』の冒頭でギターの5弦が切れるも気にせず続行するトモフ。むしろお客さんがビクッとしてた。5弦ってなくてもヘーキなんだ(ちがう)。1曲おわってから「弦の張り替え得意なヒトいないかな」と依頼にゆきトモフが『不死身ファンク』(CD)歌ってるあいだに不良メルヘン・Gピエールさんがやってくださった。そっか、こうゆうのを甘え上手ってゆうのか。
今夜のトモフの名言:ギターを置いて客席に向かうとき
トモフ「だれかギターが弾けたらいいのに」
もう最終的にはTOMOVSKYのLIVE観たいヒト(金も払う)はギターを練習して当番で演奏してご本人に歌ってもらうスタ……きっと下手っぴぃだと罵倒されるんだろな。
トモフ「(トモフが)よろけたら支えて!」
『歌う51歳、原町田の51歳』『コインランドリーデート』『不惑』『たりる』『大人なので』『GO!GO!GO!』『ワルクナイヨワクナイ』『うしろの記憶しか残らない』未発売曲『不死身ファンク』『ひとりに戻るんだ』『無計画とゆう名の壮大な計画』アンコール『ほめてよ』

公演まとめ:Cream Cheese Cookie5曲30分+不良メルヘン8曲50分+ひとりTOMOVSKY12曲60分+転換α=180分

DJ「Kくん」からお知らせ:また来年2月に横浜で☆

2
雷雨こなくてよかった

« 金持ちの仕事 | トップページ | 上映会『ウルトラセブン』@鶴川ポプリホール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/71240248

この記事へのトラックバック一覧です: 『温故知新の怪』@町田Nutty's:

« 金持ちの仕事 | トップページ | 上映会『ウルトラセブン』@鶴川ポプリホール »

無料ブログはココログ