« 今日のミノちゃん | トップページ | 『温故知新の怪』@町田Nutty's »

2017年8月 1日 (火)

金持ちの仕事

金持ちには仕事がある。
まず日本における金持ち=富裕層とは純金融資産1億円以上の世帯のことを指す。野村総研が2015年までの統計をもとに2016年11月発表した推計によれば、122万世帯(内7.3万世帯は5億円以上の超富裕層)に増加、純金融資産総額272兆円である(※つねに相場で増減)。ちなみにそれ以外の非富裕層の内訳は、5千万~1億円未満の準富裕層314.9万世帯+3千万~5千万円未満のアッパーマス層680.8万世帯+3千万円未満のマス層が4173万世帯=5168.7世帯と分類推計してる。
つまり富裕層:非富裕層の比率は2.3%:97.7%だ。

このノムソーさん定義の富裕層をここでは「金持ち」と呼ぶ。じぶんで起業したり事業を成功させたりして非富裕層⇒富裕層になったヒトは多かれ少なかれ自覚症状があるはずだけど、たいていの「たまたまうっかり」富裕層に生まれたヒトはじぶんが金持ちだと気づいてない。薄々わかってても実感がない。
日本社会は遺産相続システムを採用してるので、親族にだれか1人でも金持ちがいると血縁関係にあるヒトは金持ちになりやすい(確率的に)。で、金持ちのチビッ子、私立の幼稚園に通うわけである(そうじゃない場合もある)。そうすると同級生(および保護者)がぜんいん金持ちである。さらにそうゆう幼稚園、附属大学の教育学部を卒業した先生だったりする。だから教室にいるぜんいん(保護者・親族まで)金持ちとゆう現象(おおまかには)。
たまたま生まれたお家が金持ち、親族ぜんいん金持ち、同級生ぜんいん金持ち、先生ぜんいん金持ち。金持ちコミュニティーである。このシステム内で一生暮らせば金持ちしか見たことないからそれがフツウとゆうことに。
みんなご存じだとおもうけど金持ち≠幸福。認知心理学では年収1千万円を超えると収入アップによる幸福満足度の上昇は頭打ちだとされる。理由としてはお金を使ってできることが増える代わりに、日常のささいなことを喜ぶ能力が下がるあるいは失われるんじゃないか、と。
管理通貨制度において貨幣それ自体に価値はなく(正確には1万円札で20円分ぐらいの価値ある印刷物らしい)、所有してるだけでは印刷物でありデータであり金属の破片である。ソレらはいつ、価値が生まれるのかといえば使った瞬間である。使わなければゴミ。
もちろんしぼうする有効期限(あの世へはなにも持っていけないよ☆)までに散財しやがれ、とゆうイミじゃない。所有してる=使い道を決める裁量権を有する、とゆうことなので裁量権が大きければ大きいほど社会への+-影響が大きいのでちゃんと使え。ちゃんと使えない=それだけの才能も裁量もない=哲学的には「分不相応な持ち物」となり手放すといい。
2017年初頭時点での国内のタンス預金総額は43兆円らしい。冗談じゃなかったら脱税でしょうな。でなきゃ、NISAか個人向け国債はやったらいいのに。

「これを言ってたらあなたもお金持ち♡」な台詞ベスト3。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
第3位「お金がないって、どこにないの?」
これは富裕層が仮におもってもわざわざ発言しないのであまり聴いたことはないかもしれないけどまあ、心情はそんなまちがってないとおもう。
第2位「なんでちゃんとした服を着ないの?」
ちゃんとした服を購入する予算がない、とゆう状況が思い浮かばなかったら富裕層ですな。
第1位「うちなんて、ぜんぜんお金持ちじゃないし!」
これはよく聴く。謙遜のつもりなのかイヤミなのか単純に無知なのか不明だけど、暗にもっと金持ちいるじゃねぇか、とゆうニュアンスも含まれる。しかしそんなことは知っておる。

富裕層生まれのヒトはそれがフツウだと思いながら大学を卒業したものの、とくに労働する必要はないため無職。せっかくなのでもう1度言おう、無職。だって親類が亡くなると法定相続人の頭数で割っても1人当たり1億とか2億とか3億とかもらえるのにだれが骨身を削って働くとゆうのだろう。ヒトによってはまじめに働いたりボランティアしたりはするかもしれないけど、まあ骨身は削らないよね。そのうえ相続税の節税対策(合法の脱税)の養子縁組が無効かどうかで親族間で争って最高裁までもつれこんだりしてるワケである(2017年1月31日「ただちに無効とはいえない」判決)。まず税金の主旨を誤解してるとおもう。「年金は利回りが悪い」とかゆう。そして担保も努力もなしで1億とか2億とか3億とかもらえるのに、夢のない宝くじ。
数学者は、65537の先のフェルマー素数も気になるけど(おれはぜんぜん気にならないけど)そうゆう研究と並行して「みんなが気持ちよく納税する税率」も研究してくれないだろうか。もしくは「税務署・会計検査院・税理士いらずで必ず不正が発覚する=不正不可能で公平感のある税制システム」もつくってくれればいいのに。

金持ちの悪いクセ・ワースト3。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
第3位・労働を社会科見学だとおもってる
第2位・ホームレスをファッションだとおもってる
第1位・支払った金額+αの返報があって当然だとおもってる

≪金持ちの仕事≫
①まずじぶんが2.3%の幸運にも富裕層生まれであることに気づく
②せめて渋沢栄一の著作を読む
③できればハイリスク&社会貢献リターンなベンチャー企業に投資する



労働できる年齢になって労働して報酬を受け取れば社会人にはなれるけど、それだけで「大人」になれるワケじゃない。結婚したり出産したりして子どもが生まれれば所帯持ちにはなれるけど、それだけで「おかあさん」「おとうさん」になれるワケじゃない。たまたま金持ちの家に生まれて資産なり遺産なりを相続すれば金持ちにはなれるけど、それだけで「実業家」になれるワケじゃない。

それから国内非富裕層97.7%は、世界人口74億人のうち1.6%の幸運にも日本在住=長寿=うまく行けばけっこう時間あるってことに気づいたらいいかとおもう。幸運≠幸福だけど。

« 今日のミノちゃん | トップページ | 『温故知新の怪』@町田Nutty's »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1535230/71103950

この記事へのトラックバック一覧です: 金持ちの仕事:

« 今日のミノちゃん | トップページ | 『温故知新の怪』@町田Nutty's »

無料ブログはココログ