2018年4月29日 (日)

野毛山動物園猛獣のみ

もうなにもしたくない気分なので、横浜・野毛山動物園へ行ってきました。ずっと居たかったけど閉園間際だったので、猛獣のみ堪能しました。

1
冬のあとすぐ夏になっちゃって、春なかったよな。


≪猛獣①≫
インドライオン:【食肉目ネコ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はインド北西部ギルの森林保護区のみ。
ラージャー♂10歳、横浜ズーラシア生まれ(いまは亡きヨハンお父さん×ウーマお母さんの息子)。人工哺育そだち。

3
こんにちは、ラージャー♂です☆ 左右の目の色がちがうので「オッドアイだ!」と驚かれたりします☆

4
お肉を完食し、まったり毛づくろいしてるところです☆

5
お腹いっぱいでとってもご機嫌です☆

6
右手(右前肢)を大きな舌でザリザリ☆ ※ヤスリで研いでるような豪快な音

7
さっきから、猫なで声でぼくを呼ぶ人間が気になります☆

8
おっと、左手(左前肢)の爪のスキマもお手入れせねば☆ ※バリバリ豪快な音

9
お肉球ももっちもちでチャームポイントです☆

10
爪はふだん収納してるので引っぱりだしてガリガリ☆ ※爪切りのような音

11
ラージャー♂はまちがいなく百獣の王ライオンですが、あまり猛獣っぽくないです


園内放送に遠吠えするラージャー♂は猛獣っぽい

とつぜん大音声で咆哮するラージャー♂にお子さんたちはびっくりして引いてたけど、よく見るとラージャー♂、手(前肢)ブラブラしてる。ぜんぜん戦闘態勢じゃない。腹筋をたっぷり使いながら口をすぼめる動作は、威嚇とゆうより口笛に近い。
ラージャー「ぼくはここに居るぜ! 元気だぜ!」(※作者のイメージ)
しかも吼えおわったあと、すぐ寛ぎモードに戻るし。ぜんぜん怒ってないし、こわくないよなー。動画には園内放送に反応するアカエリマキキツネザル軍団のにぎやかな鳴き声も後ろのほうから聴こえる。

13
スマトラトラ×インドライオンはお隣どうしです

≪猛獣②≫
スマトラトラ:【食肉目ネコ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地はインドネシア・スマトラ島の熱帯雨林。
ミンピ♀3歳、横浜ズーラシア生まれ(ガンターお父さん×デルお母さんの娘)。さみしがりや。

15
こんにちは、ミンピ♀です☆ 鼻先しか見えなくても密林の王者です☆

16
毛並みが美しすぎて「ナデナデしたい!」と言われがちです☆

17
食後の運動でうろうろしてるところです☆

18
さっきから猫なで声で話しかける人間がいますがスルーします☆

19
しなやかに物音ひとつ立てずうろうろできます☆ でもたまに段ボールにぶつかります☆

20
お隣のライオンが吼えてもまったくコワくありません☆

21
ミンピ♀はカワイ子ちゃん過ぎて、ぜんぜん猛獣っぽくないです


作者の足音はうるさいけど、ミンピ♀の足音はまったくしない

職員さんの「閉園でーす」とゆうお知らせを聴いて、寝室をチラッと確認してから寝転がったミンピ♀はほんと繊細で賢いお嬢さんだとおもう。
ミンピ「む、閉園か、きょうのお仕事おわり!」(※作者のイメージ)

それから野毛山には≪猛獣③≫ツキノワグマがいるけど時間切れ。考えると、サンペイ♂とコマチ♀さんもあんまし、猛獣っぽくないパーソナリティーだ。とくにコマチ♀さんがコロ~ン♡と丸まってる様子なんて可愛くてクマのぬいぐるみである。

まとめ:野毛山動物園の猛獣たちは100%猛獣だけど、みんな猛獣っぽくない


おまけ:『4・19特別パネル展』に注目
毎年4月19日は語呂「し・い・くの日」として(公社)日本動物園水族館協会が2009年制定。

23
飼育員さんのお仕事紹介パネルに「お風呂」。防疫で毎勤務後、風呂に入ってたらしい。しらなかった。しかも、シャワールームとゆうより銭湯みたいな設備写真でびっくり☆

2018年4月28日 (土)

TOMOVSKY×おとぎ話@下北沢Q

TOMOVSKY×おとぎ話の対バンLIVE『しいくがかりの日』を聴きに、東京・下北沢CLUB Queへ行ってきました。いまさらだけど、たいてい出演者ほぼ見えてないから「観に行く」って不正確だった。ふわっと聴きに行っております。

1_2

お客層 男女比1:20 年齢層みんな大人
ぜっさん工事ちゅう下北沢駅の南口が3月25日で廃止されてたの知らなかった。仮封鎖じゃなく、廃止。しかたないので昨年10月末生まれの「南西口」を利用。なんだそれは、おれに無断で! いや、無断で1Fにトイレできたのよかったけど。春から小田急電鉄がイメチェン(ダイヤ改正)し過ぎてまるで知らないヒトだ…………おまえ、東急だったのか。


①おとぎ話:V&G有馬和樹さん、G牛尾健太さん、B風間洋隆さん、Dr前越啓輔さんの4人バンド
有馬「しぬのはいっか~い♪ おとぎ話は4に~ん♪」
なぜかTOMOVSKY『不死身FUNK』をおどろおどろしく(?)歌ってスタート。1週間前に京都でも共演だったそうだ。
はじまった途端、あ、キレイな音、とおもった。
作者がおとぎ話さんを見るのは10年ぶりぐらい、、のはず。まるで記憶がないのでもしかしたらチケット買っただけで行けなかった、、、のか? 今夜ちゃんと憶えた。30代のおいちゃん(浮き世的には)とは思えない澄んだ音鳴らすのがおとぎ話。イメージは窓辺の金魚鉢。
とくに3・4曲目たのしかった。(公式ツイートによれば3『ネオンBOYS』・4『ピカピカ』のようだ)
有馬「京都で(TOMOVSKYと共演して)取り戻した気がする。おとぎ話は中間管理職バンドだから、若いバンドと一緒にやらされたりするんだけど……、(若い子たち)まじめ! ……まじめ! でも京都で取り戻した。ああ、不真面目でいいんだ☆ って」(言い回しはうろ憶え)
有馬さんにはトモフが不真面目に見えてるらしい。年2回決裁するだけで報酬2千万超とかもらってる天下りの老いぼれくそじじいどもが偉そうに跋扈してる浮き世においては、トモフなんてクソまじめもいいとこだと作者はおもうけど。有馬さんもまじめなんだろう。そして『不死身FUNK』気に入ったのか合間合間にやってた。
有馬「しぬのはいっか~い♪ (レスポンスどころか視線も上げない牛尾さんに)牛尾くん♡ 牛尾くん♡」
牛尾さんはチューニングに忙しかったようである。…………仲良しか、仲良しなのか、仲良しなんだな! いや、心開いてないだけかな。
なんかこう、あっさり? さらっと終わって、終わらせ方かっこいいなー、と思ってたらあとでトモフに「おとぎ話がいつもみたいに10分とか20分とか押さなくて(予定時刻より)2分巻きで……」みたいな話してたので、、、京都でトモフになんか言われたのか。それで巻きに?
今夜憶えたこと:おとぎ話はとっても真剣
たぶんやった曲『SMILE』『セレナーデ』『少年』『TEENAGE KIXX』『COSMOS』など?

6月6日ニューアルバム発売


②バンドTOMOVSKY:V&ALLトモフ=大木知之さん、G&Choはかまだ卓さん、Ky&Cho大塚ヤヨイさん、Dr&Choクメムラヒトミさん【3人はサード・クラス】、B&Cho大木温之さん【Theピーズ】の5人バンド
トモフ「乳さわっていい? 手しばっていい?」でまさかの財務次官が降臨してスタート。ナスティ・トモフ爆誕である。

※念のため説明すると、トモフは件のセクハラ告発をなにか揶揄してるとかそういったことではぜんぜんなくて、下品なセクハラ発言の下品さが物珍しかっただけじゃなかろうか。上品なおうちのお子さんだからな(たぶん)。
それにしても、トモフ発信じゃないってわかりきってるのに何度も言われてるうちにトモフが薄らばっちぃく見えてきた。いや、LIVEは盛り上がってたし、作者はトモフのことを「日本一かわいい50代男性」「うちのお姫さま」とおもってるにも関わらず。告発者ご本人にとっては取引先の老いぼれくそじじい? さぞ、ばっちぃくて殺虫スプレーで駆除したいレベルだったろうな。セクハラ告発って非難の的にされたりするけど、告発者が法令順守を重んじる善良な市民でよかったじゃん。おれなら殺虫スプレーと青酸カリとベレッタナノぐらい持ってくのに、ボイスレコーダーぐらいですんでよかったじゃん☆ ね※

まず、トモフの今年の目標(約束)である「1LIVE1新曲」をひとりTOMOVSKYで披露。
今夜の新曲『雨、午前3時の、ドライブで、洗車』(?)
内容は一昨日の夜中に雨音ではねおきて、ちょうど花粉で黄色かった自家用車をドライブで洗車するってゆう。曲はトモフ調(?)だった。曲はいいけど、睡眠慣性は覚醒1時間後も持続する点を考慮して寝起きすぐのドライブはおすすめじゃない、と思った。トモフのディテール、心配の種だらけだ。いや、おれが心配したってイミないけど。

『フミキリの悪魔』が聴けるとはおもわず、うれしかった。大塚さんのキーボードすごいいいな~、と思ってたら
トモフ「リハーサルの30分前に『フミキリの悪魔』やりたいって大塚にメールして、おれはその後お昼寝した☆」(うろ憶え)
お姫さま、たいへんだな。でもいままで「やりたい」って伝えるのが本番ちゅう、開演10分前、とかだったことを思い出すと今回はずいぶんお早めに通知されたのか。トモフは大人になった。

『作戦会議』演奏前:
トモフ「前世でおれは大木の“木”で、有馬くんは“馬”だった。次はお互い音楽関係になろうって作戦会議したから、今日こうやって共演できた☆」(うろ憶え・もっと長い)
黒タテガミふっさふさのポニーが、白樺の細い幹をハムハム(コミュニケーション)しながら尻尾をクルン♪ ってしてる前世映像が脳裏に浮かんで、あら、すてき☆ とおもった。

トモフがカポタスト設置ちゅう:
ハル「カポちゃん♪」(こっそり)
トモフ「? リハーサルではもっと元気よく言ってたじゃん」
ハル「……おとぎ話にあんましウケてなかった」
トモフ「カポちゃん、ぺっ♪」(うろ憶え)
ハルさんはMCもリハーサルする習慣があるようだ。(「イノマーのニッキンタマ」2015年3月29日条・参照)今回はおとぎ話の反応が悪かったので不採用に。あちらにも、クソまじめな方がいらっしゃる。そりゃ、太れないよな、とおもう。ハルさんがも少し、太れますように。

『友達いなそー』演奏前:
トモフ「きょうのお客さんはほぼほぼ、ほぼほぼ友達いなそー……(お客さん静か)! シュンとしちゃった。これから友達いなくてもいいよ、ってゆう歌を歌うから……おれも友達いなーい!」(うろ憶え)
トモフ、うしろのヒトたち(ハルさんとサード・クラス)は友達じゃないのか? ビジネス!

今夜のトモフの名言:『歌う52歳』演奏前
トモフ「ごじゅう、ごじゅう……おれ、50、何歳だっけ?」

たぶんやった曲『ねる日』『スピード』『こころ動け』『歌う52歳、クビになった52歳』『不死身FUNK』『作戦会議』『フミキリの悪魔』『不死身モトウタ』『友達いなそー』『ひとりに戻るんだ』『マイナスはマイナスのまんま』『映画の中』『脳』『ほめてよ』『我に返るスキマを埋めろ』など?
今夜の新曲『雨、午前3時の、ドライブで、洗車』(?)←トモフスキー調
大阪の新曲復習『さいしょは水、さいごは水』(?)←井上陽水調



公演まとめ:おとぎ話12曲1h弱ぐらい+転換+TOMOVSKY15曲1h強ぐらい+アンコール3曲?=150分ぐらい

2_2
「SPRING HAS COME!!!」シリーズすきで新バージョンはプリントサイズが大胆だった(ヨレヨレは気にしないでください)

余談:階段のすみっこに吸いさしのタバコ+灰皿+栄養ドリンクが置いてあった。「お姫さまセット」かもしれない。おれが心配してもイミないけど、でもトモフもも少し、太れますように。

2018年4月10日 (火)

TOMOVSKY『FUJIMI』@新宿タワレコ

3月21日発売のTOMOVSKYニューアルバム『FUJIMI 生きてるあいだは一度も死なない』のインストアライブ参加しに、新宿タワーレコードへ行ってきました。


かわいい色

1
FLAGSビル7~10F

お客層 男女比1:9 年齢層みんなほぼ大人?
エスカレーター5階でトモフの声(サウンドチェック)が聴こえてきてもうきんちょーする。トモフが晴れ男なせいか4月頭なのに初夏の陽気で階段(集合場所)むしあつい。きんちょーと陽気で短時間に汗べっとりだった。がんばったー。

TOMOVSKY=トモフ=大木知之さんVo&G&タンバリン接着ギターケースでフット・パーカッション(ピックアップ付き)
トモフ「タワレコさんに(休日開催のときと比較して)動員3割減ってきいたけど、たくさんいるじゃんかー!」みたいなことをおっしゃって、5分巻きでスタート。

ちょっと見ないあいだにトモフはおじいちゃんなってた。作者は昨年4月に「パパっぽい」とか書いてたんだけど今年はグランパっぽい。噂のsmoker's faceってこうゆうことかー(不安)、あのヒト、禁煙して猫飼ったらいいのにな、と無責任なことをおもった(不安×2)。猫飼うと10歳若返るらしい(実話)。美容効果は猫>エスケーツー(個人の感想です)。いえ、パーソナリティーはお姫さまなんだけども。

たぶんやった曲:
『不死身FUNK』カラオケ(ヴォーカル抜き音源)によるハンドマイク歌唱で客混みを進み背の高い男性を発見して肩車してもらって移動しつつ歌う。シールドは親切なタワレコスタッフさんがなんとかしてくれてた。
『歌う52歳、新宿の52歳』
『すごい月』
『作戦会議』ゆっくりバージョン
トモフ「CDに入ってる音源のスピードは速すぎて二度とできない」らしい……え! そんな!
『友達いなそー』
トモフ「TOMOVSKYのお客さんのことを歌った曲」らしい(『すごい目』のヒトと修造さんの歌じゃないのか)
トモフ「おれの友達いないのが伝染って(トモフのお客さんは)友達いなそー……?」
お客さん役トモフ(高音)「そんなことないです! わたし、前から友達すくなかったです!」

『マイナスはマイナスのまんま』
『不死身モトウタ』カラオケ
「あと3分」でやった曲:春のお引っ越しの三叉路でお別れする曲(?)

今夜の新曲①『乱暴な運転をするドライバーに天罰よ、くだれくだれくだれくだれ』
今夜の新曲②『丁寧な運転をするドライバーにデザートよ、くだれくだれくだれくだれ』(?)
desert=砂漠、をイミする運転用語なんてあったかなー、とおもってアンサーソング聴いてたんだけど、じゃなくてdessert=食後のスイーツが降ってくるイメージだったようだ。おれの脳にメルヘンが足りない。歌謡曲か演歌っぽい一本調子(?)のメロディーな曲だった。

『不死身モトウタ』だったかな、トモフから口笛レスポンスを求められたのでとっさに吹いたんだけど……ぜんぜん吹けず。くっ、お家で自主練しておけばよかった。
≪今後トモフスキーLIVE行く前にやっておくべきこと≫
①手拍子の自主練
②コーラスの自主練
③口笛の自主練
④千円札&小銭のご用意
⑤筋トレ&持久力アップ(トモフを肩車できるとなお吉)
もっとがんばれ、おれ。

業務連絡:ガムテの赤はタワレコの赤
ギターケースにタンバリンをガチガチに固定したガムテープは赤色で、前日にホームセンターで購入したそうだ。インストアだからギャランティー0円なのに! らしい。ちゃんとタワーレコードのコーポレートカラー黄色×赤色を意識してセレクト。ガムテの赤はタワレコの赤、とおぼえた。

今夜のトモフの名言:トモフに友達いなそーな件
トモフ「アルバム発売したのに、バンドメンバーがひとりも来てない!」
…………、そんなこと考えもしなかった。

公演まとめ:30分10曲ぐらい+ぜんいんに握手&手描きメッセージカードお渡し

2_2
お守りがふえた(こうして見るとトモフはどんどん丸くなってる)。

もう瞬間、瞬間しか思いだせないけど、たのしかったなー。

2018年3月31日 (土)

桜の野毛山動物園

いたたまれないことが続いたので、横浜市立野毛山動物園へ行ってきました。

1
桜の向こうでのんびりあくびしてたチンパンジー・ファミリーから☆

≪春のみどころ①チンパンジーがいる≫←寒季は非展示
チンパンジー:【霊長目ヒト科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はアフリカ中西部の森、別名「森の隣人」。

3 4
推定52歳の古株・ピーコ♀さんもニカ☆          となりに座ってるのはミラクル♀お母さん(コウタロウ♂のお母さん)

5 6
コブヘイ♂お父さんがこっちを気にしてる           おお、立ちあがってディスプレイか……!

と、期待したけど、やっぱり座りなおしていつもの不敵な笑みを浮かべただけだった。ご機嫌でなによりだけど。


1歳半のコウタロウ♂はヤンチャに遊んでるように見えて、コブヘイ♂お父さんをチラチラうかがってるのがキュート♡ こわいのか遊んでほしいのかは不明だが、人間の父子関係とおなじ? いま秋田にいるルイ♀お姉ちゃんはぜんぜん気にしてなかったような。


≪春のみどころ②グミ♀ちゃんもいる≫←鳥インフル対策で非展示だった
ダチョウ:【ダチョウ目ダチョウ科】野生種はレッドリスト軽度懸念、生息地はアフリカのサバンナや砂漠。60km/h以上で走れるが空は飛べない。

7 8
仲良しだったオース♂くん急死に落ちこんでるかもなー、とおもったけどひとまず元気そうに歩いてた。羽毛ふわふわ☆

≪春のみどころ③ミゾタロウ♂さんはますます見えづらく≫←展示再開したはずだが非展示時とあまり変わらず
ミゾゴイ:【ペリカン目サギ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地は日本と東南アジアの1部で日本における夏鳥、薄暗い林に巣をつくる、別名「幻の鳥」「里山の忍者」。

9 10
このスキマから目がピカッと光ってる                   お、ちょっと見えた

だれかミゾゴイ・バードケージのアニマルペアレント(支援金)やってくれんかな、とおもってる。奥に佇んでくれれば見えるのに、ミゾタロウ♂さんがあえて手前に立ってるんだとしたら意味ないか。「里山の忍者」としては正解だ。そして見えない。


≪春のみどころ④マロ♂さんはより見やすく≫←鳥インフル対策で非展示だったけどガラス越しに見ることは可能だった
カグー:【ジャノメドリ目カグー科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はニューカレドニアの森林、地面を歩いて昆虫やミミズを食べる。

11
せっかくガラス前に出てきてくれたので写真おおきめ

12
せっかくお立ち台に乗ってくれたので写真おおきめ


≪春のみどころ⑤メイ♀ちゃん20歳は平常心で無事冬越し☆≫
ホンシュウジカ:【鯨偶蹄目シカ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は日本の本州森林。

13 14
メイ♀ちゃんは展示場の最奥でのんびりしてるんだけど、姉ミキ♀ちゃんの姿を長らく見てないので心配だ


≪春のみどころ⑥ブラッド♂さん28歳も無事冬越し☆≫
ヨザル:【霊長目ヨザル科】レッドリスト軽度懸念、生息地は中南米の森・夜行性。

15 16
冬季は丸まってて元気かどうか不明だったけど、そこそこ活発に動き回ってたのでお元気なようです


≪春のみどころ⑦ミンピ♀野毛山に慣れました☆≫
スマトラトラ:【食肉目ネコ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地はインドネシア・スマトラ島の熱帯雨林。

17 18
ちょっと警戒気味の表情                           しかし、あくび☆

2017年6月にズーラシアより来園してこのかた不安定(不安?)だったミンピ♀も安息を得たようです。キャットウォークならぬミンピ・ウォーク(高所の通路)ご本人も気に入ってるみたいだけど、人間も遠目でも見やすくていい。

19
ミンピウォークを歩くミンピ♀、おヒゲがかわい♡


≪春のみどころ⑧コマチ♀さんのコロ~ン♡≫
ニホンツキノワグマ:【食肉目クマ科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地は日本の本州・四国・九州の森林。

21 22
コマチ♀さんがコロ~ン♡とお昼寝                 無断でお尻を撮影する不審者(作者)をチェック

23 24
「ま、いっか」とゆうかんじでお昼寝にもどる            それにしてもユースキン塗ってあげたいですな

25
鋭利なのに右手&右足の置き方がソフトでかわい♡


≪春のみどころ⑨モモタロウ♂の拾い食い≫
グレビーシマウマ:【奇蹄目ウマ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地は東アフリカのエチオピアやケニアのサバンナや半砂漠地帯。

27 28
モモ♂ちゃんがお隣の青草を拾い食い                  キリン側のが美味しそうに見えるのか?

かわいいけど、ケガしないかちょっと心配だ。春に限らず一年じゅう見られるけど。


≪春のみどころ⑩モミジ♀の豪快な食べっぷり≫
アミメキリン:【鯨偶蹄目キリン科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地はサハラ砂漠以南のアフリカ中東部の草原。

29 30
モミジ♀さんは華奢なカラダに似合わず、草はめいっぱい口に頬張るタイプです。かわい♡ 一年じゅう見られるけど、春も。

31 32
住宅街のなかのアミメキリン(手前がそら♂、奥がモミジ♀)        フェンス柱で隠れてるけど挨拶? フレーメン?

そら♂×モミジ♀はペアリング相手なので繁殖を期待してる。哺乳類なので出産の前には妊娠が必要であり、キリンの妊娠期間は450~470日である。お母さんキリン、たいへんだな。しかし妊娠の前には交尾が必要であり、「メスの性成熟は3~4歳で、2週間に1回、約24時間の発情」らしい。この発情のタイミングを逃さないように、オスはせっせとメスの匂いをかぎまくってる。パパ・キリンになるのも地道な努力が重要だな。
そうゆうわけで今後、展示場でキリンが交尾してても騒がず撮影してもらいたい(レアだから)。交尾しないとかわいい赤ちゃんキリンは生まれない。

A B
収納時                                      使用時

そら♂のお腹の下の出べそっぽいのは臍ではなく陰茎(排尿と交尾)生殖器官です。動物園デートちゅうのみなさんにもファミリーにも「グロい」「生々しい」と不評。動物たちは毛むくじゃらだからみんな忘れてるかもしれないけど、全員オールヌードでR18指定☆ そしてキリン展示場も「くさい」と不評だけど、あれはキリンの体臭(インドール&スカトール、糞便臭だが微量だとジャスミンなど花の香りに)だそうだ。もしも、キリンがみんないなくなってガランと広い展示場が無臭だったら、ちょうさみしいとおもうけどな。生々しくて正解。

33 34
この45cmある舌がこわいとゆう見解も               ちょっと白目が赤いけど花粉症だろうか

35 36
桜背景のそら♂                                 においチェックするそら♂

≪春のみどころ⑪そら♂の蹄ダン!≫

37
「壁ドン!」ならぬ「蹄ダン!」

そら「なんで触れないの!」とゆうイライラ・モードで園路側にいたので、目をそらしてそっと避け続けたところ、最終的に「蹄ダン!」された。
そら「待たれよ!」(※あくまでも作者のイメージ)
おまえの蹄が傷つくからよせ、とおもう。そら♂、かまってちゃんレベル悪化。


≪この写真のなかに動物が隠れてます≫

39


≪春のみどころ⑫枝に生ったレッサーパンダ≫
レッサーパンダ:【食肉目レッサーパンダ科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地はミャンマー北部から中国南部の高山の竹林。

40
春だ

2018年2月 6日 (火)

『本をめぐる美術、美術になった本』@町田市民文学館

『本をめぐる美術、美術になった本/近代日本の装幀美本からブック・アートまで:1905‐2004』展を観に、町田市民文学館へ行ってきました。

1
町田駅から徒歩10分ていど、今企画展むりょう

ちなみに1Fは閲覧スペース&喫茶スペース(コーヒー180円)、いつでもむりょう。

2
2F展示室へ向かう階段の踊り場にデコレーション

階段の1段1段も手作りの装幀デコレーションでかわいかった。

『本をめぐる美術、美術になった本/近代日本の装幀美本からブック・アートまで:1905‐2004』
本の装幀と本をモチーフにした現代アートが主題の企画展で、まず江戸時代の和装本から。
メインは明治30年代(たとえば夏目漱石『吾輩ハ猫デアル』が1905年/装幀は橋口五葉)~昭和20年代(たとえば小林秀雄『私の人生観』が1949年/装幀は青山二郎)の美本のみなさん。
『虞美人草』1907年/装幀は橋口五葉(だったかな)がアール・ヌーヴォーだったり、『吾輩ハ猫デアル』が現在の価格換算2万円ぐらいの豪華本だったりしたとはしらなかった。ああ、こうゆう流れで岩波書店の『漱石全集』が朱地に拓本の漢字が薄緑色の布装でやたらハデなのかー、とおもった。(もともとは漱石じしんが装幀を手掛けた『こころ』の装幀、箱は先生特注「漱石山房」原稿用紙モチーフ←こちらも橋口五葉デザイン)

でもけっきょくのところ、泉鏡花『日本橋』1914年/装幀は小村雪岱(こむらせったい)の実物や原画のキレイさにめろめろである。「雪岱調」で大正・昭和初期の大衆を熱狂させたとウワサだが、平成でも次の元号でもいける。一見して胸をアツくさせるヴィジュアル系。

おなじモダン(?)好みでは、コレット『紫の恋』(深尾須磨子訳の『シェリ』)1928年/装幀は東郷青児がちょうオシャレ。軽やか。
なにしろ岸田劉生が手がけた武者小路実篤作品など一冊一冊の存在感が重い。本って怨念でできてるのね、と実感する重さ。
なかでも谷崎潤一郎『春琴抄』1933年/装幀は谷崎じじん、漆塗りの存在感が重い。朱黒2色版つくったって……耽美がすぎる。もはやグロい。しかも内容は『春琴抄』なワケである。出版当時酷評(批判)されたとゆうのもうなずける。谷崎さん、トゥーマッチです。いや、『春琴抄』の中身はいいとおもうけど。
ここまでのみなさん、DMMの配信ゲーム「文豪とアルケミスト」で美丈夫にされてますな。小林秀雄とコレットはされてないけど。

まとめ:どこまでもヲタク
本一冊編みあげるのって大量のエネルギーが必要で、内容はもちろんだけど、画でいったら額縁にあたる装幀までそのヲタクパワーが発露され結晶になったのが完成本=作品な気がした。とゆうかずっと脳裏に「ヲタク……、ヲタク……」と浮かんでた。ご本人たちがごくごく真面目に取り組んだ結果としての重みがひしひし。
「言葉に生きた文士達は言葉の力を信じていた/だからそこに言葉を書きつけてひとつの世界を築きあげた」(出典失念)
それと、弥生美術館と千葉市美術館いいモノ持ってるなー、と再認識した。
所要時間:30~60分?

3
夏目漱石『四篇』1910年/装幀は橋口五葉の印刷ブックカバー

来館アンケートを提出すると所蔵作品をつかった紙ブックカバー(2種類から択一)をもらえるとゆうので、紙ブックカバー好きの作者はもちろんもらった。オシャレ紙でとてもいい。

4
ボルヘス『砂の本』に

2018年1月31日 (水)

ひとりTOMOVSKY@江古田マーキー

『ひとりトモフスキー~真冬のワンマンin江古田マーキー~』LIVEを聴きに、練馬区・江古田マーキーへ行ってきました。

1
「SOLD OUT」

≪お客層 男女比1:9 年齢層おとな≫
さむかった。30分以上外で立ってることになると想定してなかった作者のせいだけど、病身(感染性ではなく内臓疾患)に大ダメージ。そんな入場待ち列の迷える子羊たち(?)の横を口笛を吹きながら「することがなくなった!」と往復してたトモフ。2018年もトモさんは抜群のかわいさキープ☆

≪おざぶショック≫
一昨年末訪れたさいにベンチ&おざぶが最高なお店だったのでそのつもりでお出かけしたら……おれの分のおざぶはなかった。地味にショック★ ベンチは前方2列と壁際のみ残りは立ち見……さみしい。いえ、今年もトモフスキーLIVEが盛況でなによりです。

≪オーナーさんよりご挨拶≫
そんな大盛況で入場待ちの店内にてトモフ「シブいマスターを紹介したい」(?)とオーナーさんを檀上へ。マスター「あと20人ぐらいお客さんがいらっしゃるのでもう少しお待ちください」(?)とシブく業務連絡。定刻より15分押しでスタート。

TOMOVSKY=トモフ=大木知之さんV&AG&FloorTom&カラオケ(ボーカル抜き音源でワイヤレスマイク)
お屠蘇気分なSEにお正月飾りな壁が背景。そしてTOMOVSKY2号・江古田マーキー限定バージョン(?)でスタート。アツい。すごかった。
『歌う52歳、江古田の52歳』『ほめてよ』『長すぎる冬』『コドクはゴラク』『ひとりに戻るんだ』『コインランドリーデート』『引っ越し前夜』『我に返るスキマを埋めろ』『スピード』『無計画とゆう名の壮大な計画』『GO!GO!GO!』『ダレガクルノ』『天才ワルツ』『都合のいいジャンプ』『恋を急げ!』『いとしのワンダ』『最高の錯覚』?
未発売曲『友達いなそ』『不死身ファンク』『作戦会議』?

今夜の新曲:『断捨離なんてできっこない』
2018年トモフの目標は「1LIVE/1新曲」らしい。目標とゆうかすでに1月ちゅうのLIVEでお客さんと約束したそうだ。そして今年の12月には50LIVEぶん、50曲入りCD(配信?)が発表される予定とか。トモさんは52歳になって益々勤勉に……! ムチャでなくたぶんできるトコがすごい。『断捨離~』はなんかこう、変わった曲でした。

『コドクはゴラク』について
トモフ「そんな曲あるんだ、とおもって……制作した本人として完コピ(中略)声も近づけてる」(言い回し忘れてしまった)
『コドクはゴラク』の音源はトモフ史上最強のスウィート・ボイスである(作者ランキング)。15年前のトモフに、あるいは機材になにがあったのか知りたいとおもってた。いま、トモフ本人が聴いても甘い声と認識されるようだ。トモフ本人どうしを比較すると現在のトモフは大人ビター味なのか。どっちもすきだ。『コドクはゴラク』同様、あんましやらない『ダレガクルノ』もよかったなー。



未発売曲『友達いなそ』がいつのまにか(作者が最初に聴いたのは昨年5月)かっこかわいくなってた。なんかかっこいい。名曲の予感。ニューアルバム『FUJIMI』でじっくり聴くのすごくたのしみになった。


2018年3月21日発売予定(だけど「待てない」トモフは通販でこっそり先に売りたいと言ってた)

≪作者が最後に聞いたトモフの声≫
トモフ「2018年も下ネタは禁止! (中略) おれはまだ童貞だけどもしもそうゆうことをするんなら、前戯に2日間ぐらいかける! ……(つづく)」←マーキー特製お立ち台に乗ってたときだろうか
なんで最期なのかとゆうと吐きそうだったからである。あぶなかった。有事の前に退去したので途中までしか知らない。あのあとどうなったのかなー、でも『長すぎる冬』1曲だけでもチケット代ぶん以上は楽しんだ自信あるから未練はな……たらたら。トモフが益々勤勉になってくのに反比例して、おれどんどん身体故障しててヤダな。ここは「トモフが好き過ぎて失神したため途中で帰るしかなかった」とエモーショナルな見栄を張りたい。
トモフが好き過ぎて失神したため、おれは終盤見れなかった。しかたない☆
くぐもった音で聴くTOMOVSKY、うっとり最高だったのにな。『今度はサイゴまで』。

とちゅうまで公演まとめ:15分押しスタート+21曲以上120分以上+10分休憩+∞

2
翌日は都心で23cm積雪の大雪

トモフが晴れ男でよかった。

2018年1月25日 (木)

1月の野毛山動物園

神奈川県の横浜市立野毛山動物園へ行ってきました。


冬のみどころ①むりょう

1
年齢性別国籍職業問わずむりょう(通年)


冬のみどころ②鳥インフル対策の靴消毒マット

3
今年も鳥類に不遇のシーズン到来であります


冬のみどころ③新春のげくじ

5 6
ただし1月中旬にて終了(たぶん)                   今年は「ミナミコアリクイ」を引いた

年明け半月ほど入口に設置される「のげくじ」は動物名が書かれてるので、その展示場まで行くと吉凶(?)結果+動物知識をゲットできる。ミナミコアリクイ展示場壁にアサヒタイプ「ラッキーアイテム:飼育係の長靴」だった。ながぐつ。

ミナミコアリクイ:【有毛目オオアリクイ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は中南米の森林や草原地帯。薄明薄暮性。

7 8
アサヒ♂さん、みかんに土下座してお昼寝ちゅう               横から見ても土下座に見える


冬のみどころ④モミジ♀の鼻息が白い

アミメキリン:【鯨偶蹄目キリン科】絶滅危惧Ⅱ類、生息地はサハラ砂漠以南のアフリカ中東部の草原。

9 10
あんまヒトに近づかないモミジ♀がこっちに……!            落ち葉が目的☆

キリンの平均体温は37.3度だと森きらら(佐世保の動植物園)サイトに書いてあったが、確かにそれぐらいらしく晴れた冬の午後でも鼻息が白かった。ヒト(日本人の平均体温は36.6度ちょい)の鼻息だと気温5℃以下にならないと白くは見えないはず(この時点の横浜の気温は7~8℃)。やっぱ体温高いんだな、とおもった。白さがわかる写真は撮れなかった。
そして枯葉なんて食べてもまずいんじゃ、とおもってたら。

11
案の定、この不味そうな(?)仕草

ふだん葉っぱを食べてるワケだから、枯葉はヒトでゆう魚の干物感覚なのかと観察してたけど、首をぐいぐいひねって機嫌わるそうだったので……ちょっと乾きすぎ&硬すぎたんじゃなかろうか。

13 14
そしてグレビーシマウマやそら♂のお世話をする職員さんを            ジーッと目で追って待つモミジ♀

15
やっとモミジ♀のお世話(トレーニング)の時間に……!

「モミジ」と名前を呼ばれたら職員さんの手にタッチしてペレット(食べ物)をもらうハズバンダリートレーニングだとおもうのだが、あんなに職員さんを見つめて待ってたくせに、いざかまってもらえる(おやつももらえる)と恥ずかしくなるのか、なぜか呼ばれても2度目は展示場をフラフラするモミジ♀さん……なぜ? ツンデレ? もう帰りたかったのかしら。


冬のみどころ⑤モモタロウ♂はいつもどおり気が強い

グレビーシマウマ:【奇蹄目ウマ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地は東アフリカのエチオピアやケニアのサバンナや半砂漠地帯。

17 18
模様がとくに細かくてかっこいいお尻♡                   草を片手(口)にシブい表情で流し目☆

春夏秋冬モモ♂ちゃんは気が強くてシブくて胡散くさそうな目でチラッと見られる。

19
しかし、モミジ♀が近づいたときはこのテンション……!

モモ♂ちゃん、若くて美人で食べっぷりの豪快な女の子が好みなのか……! (嫉妬) おなじアミメキリンのそら♂が近づいてもこんなに嬉しそうじゃないもんな。そら♂はモモ♂ちゃんのたてがみをむしっちゃうし「かまってかまってかま」な高さ4.5mの甘えん坊プリンスだからか。


冬のみどころ⑥お部屋で過ごすそら♂

21 22
噂の甘えん坊プリンス、そら♂は砂ガラスの向こう              出てきてくれました!

草をはみはみしつつ、かわいい顔(かんばせ)が写るようにガラスに寄ってくれた(たぶん)。今冬、キリン展示場には注意書きが増えて「手や物を差し出さないでください」「無理に体を伸ばすため体や蹄に傷をつけることがあります」「イライラしてくると……首を反らしたり、フェンスを蹴ったりするので」とあった。そら♂、脚長いんだから蹄はだいじに、とおもった。なにしろ両親が亡くなってから3年間ひとり暮らしだった横浜の末っ子キリン・そら♂、お嫁さん候補(ぜっさん片想い)のモミジ♀が来たことでヒト(来園客)への興味薄れるかな、とおもってたけど甘えん坊が悪化……いや、それとも人気急上昇の弊害? うーむ。
今年の「キリンそら」のげくじ結果は「愛想の良さで人気者に、かまってオーラはほどほどに。」だ。まったくだ、とおもう。


冬のみどころ⑦フサオマキザルの整列

フサオマキザル:【霊長目オマキザル科】レッドリスト軽度懸念、生息地は南米の森林。

23 24
日なたに整列して仲良く毛づくろい                      だんだんメンバーが増える

みんなで並んでると聖性をかんじる。ダヴィンチの『最後の晩餐』かカラヴァッジョの宗教画みたいなルネサンス~イタリア初期バロック芸術あたり。でもこのあとすぐケンカ(小競り合い)がはじまってクモの子を散らすようにみんないなくなった(群れの継続には序列がだいじ)。


冬のみどころ⑧奥にいるマロ♂さん

カグー:【ジャノメドリ目カグー科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はニューカレドニアの森林、地面を歩いて昆虫やミミズを食べる。

25 26
鳥インフル対策で鳥類は非展示だけど                 ガラス越しなら見えます

カグー展示場にはガラス戸の仕切りがあるので、その奥でいつもどおりガサガサ、ピタ、ガサガサ、ピタ、を繰り返してた。どっちみち寒いし室内のほうが安心かもな。


冬のみどころ⑨爬虫類館でぬくぬく

27 28
ぜっさん冬眠ちゅう                            ぜっさん睡眠ちゅう(ミズオオトカゲ)

爬虫類館は通年、室温湿度が一定に保たれてるので真冬でもぬくぬく。ただし冬眠ちゅうの場合や睡眠ちゅうの場合もある。


冬のみどころ⑩子ガメのあくび

キバラクモノスガメ:【カメ目リクガメ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地はアフリカのマダガスカル島南西部海岸沿いの草原や荒れ地。

29 30
年末12月に誕生したばかりの子ガメ(せいぜい3~4cm?)             あくびした!

シャッターチャンスは逃したけど、起きてうろうろしてる上に「あふ♡」(じっさいは無音)ってあくびした。ちょう一瞬だけど、きゃわ~♡ ※しばらくお待ちください
きほん土の中で寝てるから地上で動いてるだけで大吉である。


冬のみどころ⑪子ガメのカメラ目線

ヘサキリクガメ:【カメ目リクガメ科】絶滅危惧ⅠA類、生息地はアフリカのマダガスカル島バリー湾周辺のみ。

31 32
2016年2月と3月に生まれたヘサキリクガメ                     カメラ目線!

生後2年たってるとはおもえない代わり映えのしなさ。とくにサイズ感、かわい☆ それでも甲羅はずいぶんゴツゴツ硬そうな風合いになられたかも。性成熟まであと28年。


冬のみどころ⑫ご長寿チェック☆ホンシュウジカ

ホンシュウジカ:【鯨偶蹄目シカ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は日本の本州森林。

33 34
ご長寿シカ姉妹の妹メイ♀ちゃん                    げんざい祝☆20歳

姉ミキ♀ちゃん24歳は「おへやにいるよ」表示。


冬のみどころ⑬ご長寿チェック☆ヨザル

ヨザル:【霊長目ヨザル科】レッドリスト軽度懸念、生息地は中南米の森・夜行性。

35 36
ヨザルのブラッド♂さん28歳                         丸まってて動きは少なめ

かわいいおじいちゃんです。


冬のみどころ⑭はまぽーく肉まん

37
横浜ブランド豚の肉まん


冬のみどころ⑮斜張橋からの富士山

39
47年モノの吊り橋から午過ぎでもそこそこクリアに見えるのは冬の乾燥シーズンならでは

2018年1月11日 (木)

戌年ズーラシア

2018年が戊戌(つちのえいぬ)なので、今冬のよこはま動物園ズーラシアはぜっさんイヌ推しのようだ。

1 2
謹賀新年プレート横にドール(イヌ科)       ポスターはリカオン・ドール・ヤブイヌ・ホンドギツネ・ホンドタヌキ(ぜんぶイヌ科)

3 4
バス停の休園日掲示もドール・ヤブイヌ・ホンドギツネ(イヌ科)   ガイドもイヌ絵だらけ

イラストかわいいけどパッと見、ドールはキツネに見間違えたし、ヤブイヌはタヌキに見間違えた。限りない近似率。


そうゆうワケで、ズーラシア在住のイヌ科動物5種のみなさんでイヌ祭りしよう☆


①ドール:【食肉目イヌ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はアムール地方からインドやインドネシアの山岳地帯や森林地帯、草原。 別名「アカオオカミ」。

5 6
舌がチョロリとはみ出てるほうがアイン♂               寝てるアイン♂をチェックするドローレス♀

まるで「空からドールが降ってきたぞ!」みたいに転がってるけど、べつにだれかに捨てられたわけではなく太陽のほうにお腹をむけてあっためてる。冬の陽射しはヒーター並の気持ちよさ。


アイン♂の鼻息で乾草がぴるぴる揺れる

アイン♂は癒し系おじいちゃんイケメンで寝姿が天使♡


アイン♂&ドローレス♀のペアは仲良し……ドローレス♂がぐいぐい押してるけど

アイン♂(2006年4月2日生まれ)11歳×ドローレス♀(2011年4月4日生まれ)6歳、だいたい2倍ちがう年の差婚だけど、ドローレス♀のクールビューティーっぷりがいいかんじ。

9 10
「ガオー!」(うそ)あくび

11
そして並んで寝直した

13 14
こちらは隣の展示場で丸まるドラ♀(2011年4月4日生まれ)        タイリクオオカミと寝場所&寝姿がいっしょ☆

ドールの別名「アカオオカミ」を実感。アカオオカミは左巻き、タイリクオオカミは右巻きとおぼえよう(たまたま)。

15 16
あ、起こしちゃった(美人♡)                        「ガオー!」(うそ)あくび

ドローレス♀とドラ♀は姉妹(双子)なのであくびの仕草いっしょ。

17 18
「ちらっ」(まだ居るのかな)                       「ふー」(うっとうしい客きちゃったな)

19
「よっこいしょ」(しかたない起きるか)

…………きらわれた? おれ、きらわれたね。ドラ♀姫、ごめん。安眠をジャマする気はなかったけど「美人♡美人♡」ってつい夢中に、、、でもしっぽふさふさで長くてかわい♡ (懲りないタイプ)

21 22
隣の展示場と鳴き交わすドラ♀「コウコウ?」                 神秘的な横顔

ドールはこんな優しい声で鳴き交わすのか、とおもった。


ここで突然のガラス話○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

23 24
2016年原因不明で全面割れたユーラシアカワウソのガラスビュー     こうゆう「¥」マーク入れるの提案したい

展示場のガラスはたいてい低い位置に「×ガラスをたたかないで」表示がある。複層ガラスとゆうヒビが入ったり割れたりしても破片が飛散しない構造のガラス(たぶん)だけど、素材がガラスなので割れることもある。ユーラシアカワウソのプール側ガラスが割れたときは半年? とかけっこう長期間非展示だった。万が一「うっかりぶつかって」=過失、ではなく、「わざとバンバン叩いて」=故意に割った場合、複層ガラス本体+運搬費+設置費+休業損失代が損害賠償請求できる(たぶん)。「¥」マークも入れといたらいいとおもうの。子どもタイプA「おきろー!!」(ガラス叩く)、子どもタイプB「あ、寝てるよ♪」(小声)の2種の行動パターンの境界線を知りたい。

ドールを見てるあいだ、ズーラシアで1番叩かれてるガラスはドール展示場な気がして不安をおぼえた。


②ホンドタヌキ:【食肉目イヌ科】レッドリスト軽度懸念、生息地は日本の本州・四国・九州の森林いわゆる里山。夜行性。

25 26
さて、展示場の……                             すみっこ!

ダンダン♂かマル♂(どちらも野生保護個体)が交替でいるのだが、よくわからず。むねん。ホンドタヌキは右巻き☆


③ホンドギツネ:【食肉目イヌ科】レッドリスト軽度懸念、アカギツネの亜種、生息地は本州・四国・九州の農耕地や雑木林など。

27 28
ホンドギツネ展示場の見え方デフォルト                 あ、ちょっと見えた☆

なにしろコウシロウ♂さんはシャイなジャニーズ系イケメンなのでとおい。耳しか見えない、一瞬しか見えない、のがデフォルトだが問題ない。

29
しかしスペシャルガイドなら話はべつ!

31 32
じぶんからスススーッと出てきて                  コウちゃん「例のアレもらえるっぽい♡」

33 34
見返りコウシロウ♂で準備万端☆                         わくわく♪

35 36
お正月スペシャルな注連飾り付き(裏で一生懸命結んだそう)     担当さんが投げたお肉入り竹筒くわえてルンルン♪

担当さん「1月1日(休園日)の朝はふだんとちがいコウシロウ♂はすでに起きていて『あけましておめでとう☆』と言ってくれて…………♡」(言い回しはうろ憶え)
!!! 予想を大幅に上回る溺愛ぶりにたじろぐ。おれ、コウシロウ♂のことかわいいと思ってるけどそこまで愛してなかったな。うーむ。動物園って休園日はあっても休飼育日はないから、年中無休の愛がひつようなのか。とゆうか、コウシロウ♂さんのモテ男ポテンシャルの高さすさまじい。とにかく、ぶじゲット☆


手ブレ&ピンボケかなし、でもピント合ってなくてもコウシロウ♂さんのかわいさは不変です☆


④ヤブイヌ:【食肉目イヌ科】準絶滅危惧種、生息地はパナマからアルゼンチン北部の森林や草原の水辺。

37 38
ヤブイヌのフキ♂(2009年ズーラシア生まれ)                キリリっと展示場をパトロール☆

ヤブイヌは何回見ても、細長くて重心が低くて平行移動で不思議なフォルムだよね。ボトルのコルク栓みたいになにかに突っこんだら、ぴったりフィットしてテトリスのブロック1列消えそう(ちがう)。生息地での巣穴が狭細いらしい。

39 40
獣道に向かうフキ♂                        おー、野生のイメージはこんなだ(擬岩だけど)

41gif
ヤブイヌgif

43 44
あくびしながらマーキングするフキ♂                  大あくび!(怒ってるわけじゃないよ)

ヤブイヌ界隈では有名な「逆立ちマーキング」するのメスだけなので、フキ♂はふつうにお散歩ちゅうの飼い犬どうよう片足あげマーキングである。それにしてもよくアゴはずれないな。野生ではカピバラも食べるらしい。けっこう獰猛☆

45 46
この2枚の写真まちがいさがしみたいですが         とゆうか、おなじ写真に見えますが

それぞれ1分前と1分後の写真である。展示場のおなじポイントでおなじポーズをしてる。つまりまったく同じルートを安定の歩幅と安定のリズムで歩いてるのだ。やっぱり、野生ではよっぽど狭いボトル(?)内部で暮らしてんじゃないかとおもう。

あと、ヤブイヌは寒さに弱いので15時が門限です。
寒さに強い≫ドール>ホンドギツネ・ホンドタヌキ(16時まで)>リカオン>ヤブイヌ(15時まで)≫寒さに弱い
生息地を考慮するとこうゆう強弱になるとおもうけど、ホンドギツネ・ホンドタヌキは冬用に換毛してるはずなのに16時が門限である。展示場が日陰になっちゃう関係だろか。むしろリカオンさん意外と寒いのヘーキだよな、とおもう。


⑤リカオン:【食肉目イヌ科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はサハラ砂漠をのぞくアフリカ大陸の草原やサバンナ。

47 48
リカオンさんたちもお正月プレゼントをもらったのか          おおきな肉の塊を振りまわしてた

パッと見てドラジェ♂&ロシェ♂(2016年1月生まれ兄弟)のペアかな、とおもったけど果たしてリカオンさんのだれなのか(リカオン・リテラシーが足りない)。

49 50
リカオンさんのテヘペロ☆                          口開ける表情あどけない気がする

51gif
あっちむいてほいgif

53 54
やっぱり夕陽のなかに出てくると                        きゅうにシブい☆

55
詩人リカオン(じっさいはなにも考えてない可能性あり)

57 58
仲良く並んで走りまくり☆                         リカオンは空を飛べる☆ (壁を足場に大ジャンプ)

リカオンさんは重力を感じさせないダイナミックな動きがかっこいいしかわい♡


おまけ:祝☆ミカン出産

フランソワルトン:【霊長目オナガザル科】絶滅危惧ⅠB類、生息地はベトナム北部から中国南部の石灰岩山地や熱帯季節風林の樹上。

A B
左上がニンニン♂おとうさん、右下が母姉子               寝ながらおっぱいゲット☆

2017年11月27日生まれたてのフランソワルトン・ベイビー♂である。天気と体調よい日のお昼間3時間限定の展示、見れたらラッキー☆

C D
寝顔は完全にヒト科だ! (もちろんかわい♡)       遠目だとミカン♀お母さんがミカン(柑橘)持ってるようにしか見えない

ニンニン♂お父さん、ミカン♀お母さん、アンズ♀おばさん、いとこライム♂、ユズ♀お姉ちゃんとくれば、ベイビーの愛称は紅まどんな(べにまどんな・やや大きくゼリーのような果肉が人気の高級みかん)か、甘平(かんぺい・ちょう極甘の希少な高級みかん)がいいとおもうの。おいしいし。※愛称投票は年末で終了、Aレモン、Bシン、Cマイのいずれか。


59 60
逆光がかっこいいアミメキリンでおしまいにしようとおもったら        エマ♀の耳に穴!?

アミメキリンの姉エマ♀(米テキサス出身・2012年生まれ)の両耳に穴があることにいまはじめて気づいた(ずっとあったっぽい)。

2017年12月30日 (土)

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

クリスマス商戦に疲れたので、クリスマスのない世界へ行きたい。
そうだ、東京ジャーミイへ行こう。

東京ジャーミイ:正式名称は「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」、東京都渋谷区大山町にあるイスラム教のモスク。1917年ロシア革命により領内から移住したタタール人が中心となって1938年誕生。現在の建物は2代目で2000年に完成。

あ、イエス青年もキリスト教会も聖ニコラウス(4Cトルコの大司教)も北欧伝説もサンタクロースも悪くないけど、クリスマス商戦はそろそろ下火になってもらいたいキモチ。みんなでお歳暮文化に戻しません?

1
小田急線代々木上原駅ホームからも尖塔(ミナレット)みえる

小田急利用したことあるヒトは乗車ちゅうに見覚えあるかとおもう。

3
代々木上原駅からだと西側・上り坂・徒歩5分

5 6
この写真でメッカを背にした立ち位置になる             トルコ文化センター入口が精緻でかっこいい

7
「見学はご自由です」

案内板には10~18時一般見学可能で、1階:トルコ文化センター、2階:礼拝場とある。
しかしどう入っていいか不安なので、週末開催(むりょう・予約不要・ワンダフル)の日本語ガイドに参加しました。

作者がかってにはやく着き過ぎたため1階文化センターでしばらく待ってる(ひとりで立ってるだけ、怪しいものではない)あいだ「ご自由にどうぞ」と書かれたチャイ(日本だとインド式煮出しミルクティーのことだけど、トルコ語だとお茶全般おもに紅茶のリゼティーを「チャイ」と呼ぶらしい)があったので、かってにいただく。…………いい香りだ! おいしい! 色キレイ! とゆうことで、もう1杯いただく(ずうずうしい、外寒かったしホットドリンクだったし)。茶葉売ってないのかしら、とおもったが売ってなかった。当日はイベントと訪問者が多かったみたいで聴くヒマなかったけど、あれがトルコのリゼティーなら作者がトルコを好きになった瞬間である(無関係の可能性もゼロではない)。

礼拝所の日本語ガイドツアー:60分ぐらい このときの参加者50名ぐらい? 男女比4:6?
※女性は髪を隠すためにスカーフ着用/礼拝所の入り口に貸し出し用も/また1階でも販売されてた

案内者のかた「日本人のイスラム教徒はげんざい1万人ぐらい」とゆうお話からスタート。

9
初代のモスク(1938~1986年)金沢の宮大工が手がけたが、のちに平屋根の雨漏りがひどく50年ほどで解体するしかなかったらしい

「アザーン」(礼拝の時刻であることを知らせる声の呼びかけ)が大音量で響くなか「モスクには鐘がないので声で呼びかける、もともとはミナレットのバルコニー(高所?)から肉声で呼びかけていた」ようなことを説明してくれた。

2階の礼拝所入口(前庭)へ向かう階段脇に手足洗い場があった。礼拝前に利用するそうだが、われわれは見学なので通過する。

11 12
快晴だった                                 扉の写真が撮れるようにと、一旦閉めてくれた

無柱のドーム建築にステンドグラス使いはビザンチン様式、でいいのかな。窓枠を見る限りでは壁けっこう厚そう。入口で靴を脱ぐ。シューズラックもあった。

13 14
床裏も美しい2階バルコニーは女性専用エリア                    ステンド・グラスに透ける冬日

男性は女性専用エリアには入れないけど、女性は1階でも2階でも好きに礼拝していいとのこと。

15
絨毯のふかふか具合

このラインを目安に横並び(なるべく肩をつけて)で礼拝をするため、女性専用エリアあるそうだ。ちなみにかなり狭い螺旋階段で昇り降りするため年配者には難儀かも。

17 18
左端に見える壁のくぼみ(ミフラーブ)がメッカの方向   アラビア文字「礼拝をしよう」「貧しきものに施しを」など書かれてるらしい

サイドの階段は説教壇とのこと。左画の写真、案内者のかたに撮影掲載許可とらなかったんだけど、あとで見返したら↑この写真が1番きれいに撮れてたんだよね、どうだろう、マナー違反? プライバシー侵害? でもモザイクや目線いれるのも失礼かな、と悩んで……差し障りあれば謝罪撤回します。

礼拝の身ぶり①手のひらを正面に向けて顔の横に掲げるジェスチャー
親兄弟(祖先?)やいろいろなことをぜんぶ後ろにやって、目の前にいるのは神さまだけ、とゆうことらしい。そうゆうワケで礼拝所に入るのは自由だが礼拝者の前を横切るのはNG。礼拝を終えて出口に向かう礼拝者のかたがたもガイドツアー参加者が座ってる前を横切らないように避けて壁沿いを通ってくれた。
※礼拝者の前を横切らない
礼拝の身ぶり②額づくジェスチャー
絨毯にキスしてるように見える身ぶりは、額と鼻の頭をつける仕草だったようだ。誤解してた。
礼拝の身ぶり③手のひらを上に向けて肘を曲げたまま体の前に添えるジェスチャー
神さまへの礼拝をおえてお願いごとをしてるらしい。「病気が治りますように」とか。

モスクを見学するときの注意事項まとめ:
※女性は髪を隠すためにスカーフ着用
※礼拝者の前を横切らない
※礼拝者を無断撮影しない←モスク関係なくパブリック・スペースのマナー
逆に言えば、おしゃべりしてもいいしチビッ子いっしょOKである。礼拝者のための空間とゆう点では神社と近い気がした。身ぶりが重視されるとこや手水舎や拝殿前で参拝者を横切らないかんじとか、あとヒジュラ暦の始まりは日没なんだけど明治神宮の開門閉門時刻は日の出日没時間……神宮だけか。

内装のポイント:時計がある、花モチーフはチューリップ・バラ・カーネーション、独特の幾何学模様は精緻なシンメトリー。

まとめ:けっこう寒い
ふかふかの絨毯なので底冷えはしないけど、窓開いてるのでジッとしてると寒くてぼんやりしちゃったので、もちょっと厚着で行けばよかったと後悔。

まとめ:トルコにもクリスマスはある
国民の90%がイスラム教徒とゆうトルコ共和国だがEU加盟交渉(今年で交渉打ち切り?)に気を使ってクリスマスやってるらしい。ただ市民にとって大事なのは新年のプレゼント交換であり、イルミネーションも新年のお祝いのため感つよいらしい。

19
パン・オ・フリュイ(右上はピーナッツクリーム)

1階にてどう見ても作者好みのパンが売ってたので買って帰ったんだけどいちじくいっぱいでおいしかった。

まとめ:チャイ(たぶんリゼティー・ご厚意)とパン(製造元は千葉県旭市・250円)がおいしくてチビッ子が駆け回ってて、いいとこだった。

2017年12月25日 (月)

町田リス園⑪

今年さいごのリス分を補給しに、町田リス園へ行ってきました。

※リス分=糖分や塩分どうよう、人間(おもに作者)が心身の健康を維持する上で欠かせない栄養素。リスにかまってもらえると補給される。また、リス写真でも1/10程度の吸収効果が見込める。

入園料おとな400円、エサ代100円(何袋でも購入可)。貸し出しミトン・手洗い場あり。

1
1988年12月15日開園で今年29周年☆ 「開園記念日こども入園むりょう」等イベントは毎年変動制(今年は12月9日だった)


≪小動物ケージ・ゾーン≫

シマリス:【齧歯目リス科】雑食樹上半地上性、生息地は北米大陸やロシアから東アジアの森林、日本では北海道に亜種エゾシマリスが分布。冬眠タイプ。

3 4
高さあるケージ内で                         なぜか外で丸まってた(ラブリー♡)

せっかく寒さが防げそうな巣穴や竹筒に目もくれず、余裕たっぷり(?)に下界をながめるシマリス氏。ふわっふわの尻尾が貴婦人っぽい。そして冬眠せず起きてる。もちろんかわいい。

マーラ:【齧歯目テンジクネズミ科】準絶滅危惧種、生息地はアルゼンチンのパンパ(大平原地帯)。

5 6
マーラ夫妻に流し目でにらまれる               おおきな顔・おおきな瞳・おおきな鼻……が、至近☆

マーラ一家はカカア天下なのでママ・マーラがお食事ちゅうにはパパ・マーラが見張りをするはずだが、この微動だにしなさは気の強いママ・マーラの可能性も……どちらにしろちょうかわいい♡

7 8
見張りで隠された仔マーラ                         「あんた、だれ?」

「9月4日に生まれました」貼り紙あったけど、きみ、ほんとに生後3ヶ月ちょっと? ずいぶん大きくない? マーラ夫妻は昨年8月来園なのでやっぱり今年の9月生まれかな。立派な仔マーラだ。

9
カメラを警戒して一旦停まったが、気にせずキャベツむしゃ☆

デグー:【齧歯目デグー科】昼行草食性、生息地はチリの山岳地帯。別名「アンデスの歌うネズミ」。※齧歯目=ネズミ目だけどネズミちがう

11 12
なんだかいっぱいいるぞ☆                  毛づくろいし合って社交的なヒト(デグーだけど)たちだ

こうして比べると、単独行動が基本のタイワンリスたちと空気感ぜんぜんちがう。


≪タイワンリス・ヒャッハー☆ゾーン≫放し飼い広場

13 14
風向計までちゃんとリス型☆                     右手が今年の新作巣箱(セミナー参加者の手作り)のようだ

15
山陰の北側に位置するため冬の午後は寒い。リス居住区(土の地面)は霜柱だらけ

タイワンリス:【齧歯目リス科】特定外来生物=原則飼育禁止、本来は台湾固有亜種で生息地は森林地帯、日本ではペットとして流通したのち神奈川県や静岡県などで広く定着したとされる。

17 18
今年さいごのファーストリス・コンタクト                    ヒマワリ種受け取ってくださった☆

今冬はヒマワリの種2個いっき食べが流行してるもようだった。

19 20
この巣箱製作者センスある(ミッキー穴かわい)           タイワンリス王のみなさん寒いから出てこない

見た目はこんなキュートだが鳴き声は「ワンワン! ワンワン!」である。え、おれ天敵に見えたのかな、と近づくとむしろ鳴きやんだ。タイワンリス王「ヒマワリ種をだせ!」の意だったのかもしれない。


毎冬の流行:タイワンリス王のコタツ化

21 22
巣材でいっぱいの巣箱にひきこもり                     鼻先だけ出して外の様子チェック☆

23 24
出てるのは顔の先端3~5cmていど                      上から見るとけっこうシャープ☆

25
見上げるとあっちもこっちもコタツ(巣箱)から顔だけジー

27 28
くっついたらあったまるだろうに距離感キープ                  眼球は円錐状?

群れで暮らす動物ならリス団子を形成して暖をとるところだが、タイワンリス王はぜんいん孤高の「王」であり……いえ、ウソをつきました。単独生活なのでベタベタしない(子どもの内はべつ)。人間に対してもかってに触ってくる(のぼってくる)けどこちらから(結果的に)うっかり触ると「なにすんだよ!?」とゆう顔をされる。ある意味、気難しいかもしれない。……だが、そこがいい!

31 32
顔に糸(巣材?)をからませたままの個体                 「種種!」基本的にいそがしいです

糸とってあげようとおもってうっかり素手のほうの指を出したらかじられるとこだった。あぶない。タイワンリス王のみなさんはドライ。……だが、そこがいい!

今日の一枚:開脚

33
やわらかいな

まとめ:タイワンリス王はプロフェッショナルで鬼フレンドリー
作者の記憶では跳躍距離1.5mぐらいだったとおもうけど、木の高所から2~3m飛んでる(ジャンプ)姿みてびっくりした。あんなに飛べたっけ? 体長は20cm(尻尾のぞく)体重350gていど、体長の10倍? そして作者の背中を踏み台(飛び石)にして縦横無尽に移動。それは以前といっしょ。
さらにヒマワリ種をのせたミトンではなく、カメラのシャッターボタンにのせた素手にわざわざ登って匂いをかぎ、カメラの匂いをかぎ、作者の顔の匂いをかぎ……あやうくチューされるとこだった。※リスなどの動物はお互い感染症リスクがあるため過度な接触はせず人間側の手洗いがおすすめです。
タイワンリスA「なんだ、食べ物ないのか」といなくなったあと、今度はタイワンリスBに手、カメラ、口の匂いをチェックされる、つづいてタイワンリスC……、わかりました。作者のハンドクリームとリップ。さいきんのはヒマシ油、ホホバ種子油、シア脂、ココナッツオイル、ヒマワリ種子油とか植物オイル入ってるのだ。よくわかるなー、鼻がいい、、、そんなに臭うのか。気をつけねば。それにしても顔に至近で顔を躊躇なく近づけるタイワンリス王たち……無謀とフレンドリーっておなじものだとおもう。……もちろん、そこがいい!


ふたたび≪小動物ケージ・ゾーン≫
モルモット:【齧歯目テンジクネズミ科】草食性、生息地は南米の乾燥した高地。

35 36
なんだかモルモット軍団がすし詰め状態             「モルモットの大行進」とゆう帰宅イベントやってた

37 38
葉っぱを用意したケージ×5にレールをつないだもの                一気にごはんタイム!

クリスマスソングが流れ始め仕切りが開けられ、40秒ほどで5つあるケージがいっぱいに……「きゅうきゅう」「みゅうみゅう」可憐な鳴き声とちがってハイスピードで移動できるモルモット♀のみなさん。

39 40
そんな団体行動に我関せずなマイペース♀ちゃん①           マイペース♀ちゃん②

おにいさんに抱っこされてブリッジへ乗せられ無事、ケージへご帰宅された。作者が見てたのは♀ちゃんたちだったけど、♂のときは音楽がオッフェンバックだったような。

まとめ:1時間ほどでタイムアウト
調子に乗ってリスとかマーラとかモルモットとか見てたら指先がかじかんで動かなくなった。冬の日陰でじっとしてるのはおすすめできない。リス分のつぎは、体温をチャージ。

41 42
そうゆうワケで自販機を見たらチップスターが売ってた            よく見たらリス写真柄だった

いままで1度も気づいてなかった。わたくし、ずっとリスしか眼中になかったみたいです。

43
今年もリスにかまってもらってるあいだが1番しあわせでした

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ