« 東京五輪中止するメリット | トップページ | 町田市民文学館『ZARD/坂井泉水 心に響くことば展』 »

2021年7月23日 (金)

土地利用規制法への対処案

※この記事は政談です。疲労により免疫力低下が懸念される向きは以下スクロールせず、おいしいものなど食べてのんべんだらりと過ごすことをオススメします。

1_20210708232801
念のため、おいしいシナモンロールのお写真をお届けしております




2021年6月16日水曜日午前2時28分、国会議事堂内で民主主義と人類知が轢き殺された。
土地利用規制法は通称で、本名は「国家安全保障上重要な土地等に係る取引等の規制等に関する法律案」。もうタイトルからして「等」が多すぎて不穏だ。肝心の中身⇒

立法事実:内閣総理大臣の不安
基本方針:これから決めます
重要施設:これから決めます
注視区域:これから決めます
区域範囲:重要施設の1km圏か3km圏
調査期間:これから決めます
調査対象者:これから決めます
調査範囲:これから決めます
機能阻害行為:これから決めます
調査結果:内閣府(内閣総理大臣)で一元管理します
罰則:2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金(強制収用など規制強化もするかもね)

喜劇ではない。ほんとうにこの状態で法案が可決成立したのである。詩趣の欠片もない最低の悲劇だ。
たとえるなら、論文タイトルだけ決めて3年間遊び暮らした学生が卒業式当日に文字を羅列しただけの書面をもってきて「これで単位ください」「卒業させてください」「なんだったら賞ももらえますよね?」と言われた気分である。どうかしてる。
なにがすごいって教授陣(自民党・公明党・日本維新の会・国民民主党)が賛成したのである。え、なんで? そして、なにに? 中身空っぽだから、この状態では賛成も反対もしようがないうえ、土地利用も規制できない。せめて規制できるように作れよ。しかも提出期限(参議院の審議日数20日間ルール)過ぎてから無理やり圧しつけた最底辺学生である。名前は菅義偉72歳。これ、すでに公安警察と自衛隊情報保全隊がしてる調査監視を強化・一元管理するための法律ですよね。相応しいタイトルは「内閣総理大臣おれさま諜報法」である。調査監視自体がプライバシー権・財産権・思想の自由を侵害する違法行為なので、この法令自体が違法でしかない。自称政府と米軍によるストーカー被害である。

なにが防衛施設にカテゴライズされるかさえ、条文で規定してない。でも本省は外す予定、とか言ってる。公明党「経済的社会的観点から留意すべき事象」とか文句言われたかららしい。防衛省(市ヶ谷)から創価学会本部施設(信濃町)の聖教新聞社側は1km圏内よね。そんな口約束でじぶん(公明党)だけは安全地帯の特権にあずかれる、と考える浅はかさな団体よ。

対処案①すべての玄関ドアに公明党ポスターか三色旗を貼りつける
創価学会関係施設なら調査監視しない、とゆうのなら自宅や店舗やビルにポスター貼ればいいんですね。出入りするたびに、おれがイライラして玄関壊しちゃう危険性あるけど。三色旗掲げればいいんですかね。イライラ(以下同文)。

5_20210708232801
自衛隊東京地方協力本部三多摩地区隊本部町田募集案内所

例えばココ↑を起点に1km圏内となると、町田駅前はすっぽり入るワケですな。逆に調査監視したい相手がいる場所めがけてテナント契約で募集事務所(重要施設)とか作っちゃえばいいよね。そうすると土地やビルの所有者は防衛関係の取り引きを全面的に拒否するようになるんじゃないかしら(永仁の徳政令パターン)。以前は「町田の防衛省」とゆう手作りビラが入り口に貼られてたけど、これ撮影したときは剥がされてた。妙にモチベーション高いヒトが働いてるのか、空気読めないヒトが働いてるのか微妙なラインだ。
そんなことより! このビル可愛くないですか? ガラス箱入り階段付きなんですよ~、落ち着いた色合いもおれ好み(デレデレ)。


2021年6月8日参議院内閣委員会

山添拓委員の質問に対し、大臣と官僚のあまりのスカスカ答弁ぶりに疲労する動画


2021年6月10日参議院内閣委員会

田村智子委員が質問するたびに奥でコショコショ相談する官僚のみなさん、だから作ってから提出しろよ動画



2_20210708232901
日付が変わった2021年6月16日午前0時10分ほんとうに本会議がはじまり画面の前で吐き気を催す
参議院インターネット審議中継

通常国会閉会(野党4党の3ヵ月会期延長要求を与党否決により)直前に強行採決するとゆう情報を得て、国会前で抗議の座り込みをしてた方々がいたのだ。当日は夜からところどころ雷雨だった。心配だった。そして菅老人は、その者のためにも生まれて来ないほうがよかった。

3_20210708232901
良識の府に残った良心例:水落議院運営委員長に対する解任決議案の発議趣旨弁明をする吉川沙織議員

4_20210708232901
良識の府に残った良心例:土地利用規制法案への反対討論をする山添拓議員

午前2時28分採決
反対:立憲民主党・日本共産党・れいわ新選組
賛成:自民党・公明党・日本維新の会・国民民主党

同日午後、通常国会は閉会された。

この最悪な話には続きがある。6月29日土地利用規制法をめぐり、自称政府は「利用を規制する区域指定によって、仮に土地の価格が下落したとしても、一般的に、当然に受忍すべきものとされる制限の範囲を超えて特別の犠牲を課すものではないことから、補償の必要はないと考えている」とする答弁書を決定した。……なにこれ?

対処案②政権交代(少なくとも5年後まで)
2022年4月からの運用を想定してるので今秋の衆院選で政権交代しておく必要がある。そして1期4年だけではだめで、2期先まで自公維国を政権から遠ざける必要がある。サイコパス老人、サイテーの災厄である。

再度、古代からの呪言をお届けしておきたい。
「しかし、人の子を裏切るその人は、わざわいである。その人は生まれなかった方が、彼のためにもよかったであろう。」
『マルコによる福音書』より

Remember June 16, 2021:D-Day

« 東京五輪中止するメリット | トップページ | 町田市民文学館『ZARD/坂井泉水 心に響くことば展』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京五輪中止するメリット | トップページ | 町田市民文学館『ZARD/坂井泉水 心に響くことば展』 »

無料ブログはココログ