« シティーハンターが緑色な件 | トップページ | 野毛山動物園25 »

2022年7月12日 (火)

町田リス園⑭

猛暑で失われたリス分を補給しに、町田リス園へ行ってきました。

1_20220712002701
4月から値上がりしておとな500円

2_202207120027013_20220712002701
リス壁画に木漏れ日が差して夢のようです

4_202207120028015_20220712002801
本日のリス・メーターは「ハラヘリ」寄り「まあまあ」       ミトン+軍手のダブル提供になってた

タイワンリス放し飼い広場に入る注意事項が増えてた。そんなにトラブルがあったのだろうか、事故防止に念入りなだけならいいのだけど。平たく言うとリス、コンクリートを砕くガリガリ能力あり! 触るのはナシ! ということだった(たぶん)。齧歯目は歯の奥行きが長く、上顎・下顎全体が歯と言える超強力ニッパー。ウサギとはちがう。ガリガリされて困るもの(柔らかい服とか、高価なレンズとか、子どもの肌露出とか)は持ち込まないのが無難。デニム一択。

おれ個人のおすすめのやり方
1、購入したヒマワリ種はバッグにしまう(ポケットでは袋ごと強奪されるから)
2、リスが前後左右上下にいないことを確認し、ゆっくり歩きながら数粒をミトンに取り出す(立ち止まると以下同文)
3、残りのエサ袋をバッグにしまってからリス王のみなさんに種を差し出す(多い方を以下同文)
4、ミトンに出した分がなくなったら下僕「もうないですよ」と空のミトンをお見せするとリス王たちは解散する
5、1~4を繰りかえし、1袋なくなったら追加購入するか出口へ向かう(袋用ゴミ箱あり)
1度にお相手するリス王を1人~4人くらいまでに限定しつつ、なるべくすべてのリス王のお写真が撮りたいとこうなった。座って差し上げる場合も集まりすぎてしまった時は「もうないよ」感を出すとすんなり解散する。メーターがハラヘリの時は無礼講。

6_202207120028017_20220712002901
日向にはホモ・サピエンスもリスも見当たらない       草が繁茂してピッチピチ☆

8_202207120029019_20220712002901
数年ぶりのファーストリス・コンタクト            受け取って頂けた!

10_20220712002901
ラブリー♡

11_2022071200290112_20220712002901
基本日陰で腹ばいになってのんびり涼んでた           しかしタネの気配にヤル気アップ!

13_2022071200300114_20220712003001
両手を添えてミトン・キープちゅう☆           手乗りリスとなってミトン・キープちゅう☆     

15_2022071200300116_20220712003001
お尻を向けてパリパリ食べ……                終わった途端「おかわり!」←イメージ 


今日の一枚:ロープに絡まるじゅんこさん

17_20220712003001
ご自宅の庭なのにロープに引っかかって「なぜ前へ進めぬ?」とグイグイしててキュート♡
※この後とれました

ケヅメリクガメのじゅんこさん♂はアフリカ最大(世界では3番目)のリクガメでサハラ砂漠周辺が出身地である。猛暑のなか元気いっぱいだった。ケヅメリクガメは爬虫類好き憧れのペットである(法令上繁殖個体は飼育可)。問題は最大甲長約90cm、体重約100kg、寿命100年近く、しかも大食漢でずっと大きくなる……というたくましさである。ホモ・サピエンスの寿命と腕力と敷地が足りない。
そんなじゅんこさんについて土日祝11時頃/13:30頃「もぐもぐタイム」を開催してると張り紙してあった。
「※天候やじゅんこさんの気分によって予告なくイベントを中止・時間変更を行う場合もございます」
「じゅんこさんは寒かったり気分が乗らなかったりすると出てこないよ。会えたらラッキー!」
展示開催の是非はじゅんこさんのお気持ち。

じゅんこさんとお散歩♪

園内マスク着用はいいのだが湿気で息苦しく動画に撮影者のふーふーが入ってて消音したいところだがじゅんこさんの足音かわ

18_20220712003001
不在時用身代わりオブジェ

まとめ:手洗い場のソープディスペンサーにボタンが追加されてた

19_20220712003001
じゅんこさん公式マグネット♪

« シティーハンターが緑色な件 | トップページ | 野毛山動物園25 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シティーハンターが緑色な件 | トップページ | 野毛山動物園25 »

無料ブログはココログ