« 古都鎌倉の事件現場めぐり | トップページ | 大和市郷土民家園 »

2023年9月27日 (水)

羅生門に財務省現る

インボイス導入は10%(粗利9.1%)の増税=物価高政策に他ならない。価格に転嫁しないわけないだろ。+膨大な事務作業である。なんの罰ゲームなのか。しかも、すでに十二分に物価高なのに異次元緩和はやめないらしい。もしかして財務省素人集団なんじゃないかと思ってる。いますぐ全員クビにしたほうがいい。もしもバカじゃないのなら、悪意をもってベネズエラの窮状を目指してるということになる。

1_20230927033501

2_20230927033501

横山源之助『日本の下層社会』1899年


坂口安紀『ベネズエラー溶解する民主主義、破綻する経済』2021年

どちらも読みごたえのある良書だった。


まとめ:芥川龍之介『羅生門』における「檜皮色の着物を着た、背の低い、痩せた、白髪頭の、猿のような老婆」に見えてじつはボロボロガリガリだけど現代の若者なんじゃないのか
いい加減国政選挙に投票行って路線変更させないと、戦地に送り込まれるか、外国に移住あるいは難民として寄る辺なき身となる可能性がかなりある。日本の若者は窮地に立たされてる。奴隷になりたいと願ってるなら、おれは止めないけど。老い先短い老人どもはどの道あまり変わらないからいいけど。

« 古都鎌倉の事件現場めぐり | トップページ | 大和市郷土民家園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古都鎌倉の事件現場めぐり | トップページ | 大和市郷土民家園 »

無料ブログはココログ