« 大和市郷土民家園 | トップページ | 東京大学総合研究博物館『骨が語る人の生と死』 »

2023年11月26日 (日)

巾木出隅パーツの代用品を手作りする

自宅で巾木のカドを破壊しやすい。パリッと割れる。家具の配置と動線が悪いのだろうが……、模様替えめんどくさい。掃除機もコードレスにすればいいのだろうけど……、充電めんどくさい。

1_20231126131501
めんどくさがってるうちにほぼすべての出隅がこの状態、切断面と釘がありのままの姿

巾木だけでなく壁紙の角もボロボロになってるが、いまは気にしないでもらいたい。このままでもケガするリスクないしおれは気にしてなかったのだが、訪問者が気にするので善処した。当初メーカーのHPをみたがよくわからず。次に巾木の出隅パーツで汎用品(じぶんで長さをカットするやつ)を買おうとしたんだけど、1個400円近くする。巾木1mより部品であるコーナーパーツのが高級。どうせまたすぐ割るのは目に見えてるので、通販で大量に取り寄せようかとおもったけど個人には販売してないやつだった。がっかり。
しかたがないので、カモフラージュですまそう。

2_20231126131501
使うのはココア色マスキングテープ、両面テープ、名刺サイズ厚紙、はさみの4点

両面テープはポピュラータイプだと2~3ヵ月で剥がれる(湿度による)、退去費を気にするかんじでなければ強力タイプのが適当かと思う。中央のは商品名「名刺カード」でダイソーで売ってる(た?)やつ。名刺には使えないだろ、という微妙な柔らかさで工作の使用に向いてるとおれは思う。

3_20231126131501
名刺カードを山折りにし出隅に押し当て

4_20231126131501
型をとる

5_20231126131601
不要部分をカットしてココア色マステを貼る

6_20231126131601
フチを内側に織り込み裏面に両面テープを貼る

7_20231126131601
完成(シワはあとで少し直した、床面に顔近づけることなんて掃除時以外ないからこの低クオリティでも遠目ではカモフラえてる)

まとめ:コスパは悪い
たまたま手持ちのマステ(カモ井8P1000円弱)と両面テープ(3M600円強)と名刺カード(110円)があればそうでもないが、最初からそろえるぐらいなら、ホムセンで1個400円出したほうがいいと思われる。ただ近くのホムセンでちょうどいい色がないとか、数が必要とか、どうせすぐ壊すしな、という向きには紙カモフラージュもありかもしれない。製作時間5分で数ヶ月は平気。濡れたり湿度高い部屋は都度貼り直すかんじ。割れないし簡単に捨てられるのがいいと思ってる。

3M超強力両面テープ
カモ井加工紙mtマスキングテープ8Pココア

« 大和市郷土民家園 | トップページ | 東京大学総合研究博物館『骨が語る人の生と死』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大和市郷土民家園 | トップページ | 東京大学総合研究博物館『骨が語る人の生と死』 »

無料ブログはココログ