« 映画『枯れ葉』 | トップページ | 湘南モノレールに乗って »

2024年1月26日 (金)

チョコ難に遭った和菓子たち2024

もう6年も前の2月のことだ。「人権ならぬ和菓子権を無視されチョコレートを挟まされたり、チョコレートを詰めこまれたり、チョコレートまみれにされたり……おいたわしや! 和菓子! 災難ならぬチョコ難である。そんな悲劇の和菓子たち、おれが食べてあげよう」とおれは使命感に燃えてた。
2018年の記事⇒チョコ難に遭った和菓子たち
平成時代の記憶である。うっかりしてた。令和時代のいま、和菓子権はどうなってるのか。悲劇が継続ちゅうなら、おれが食べてあげよう。

1_20240124230801
こんにちは、町田です☆

2_20240124230801
町田名物ツインライナーことメルセデスベンツ・シターロかわい♡

そういうわけで小田急百貨店町田店の地下迷宮で悲劇の和菓子たちを救い出しました。

3_20240124230801
別名・全国のおいしいスイーツお買い物マラソンは約10分で完走(なんて便利)

それにしても贈答用途が主なお客さんなせいか、みんなパッケージがおすてき♪


①禅師丸本舗“ちょこっこ”200円:ジャンルお饅頭〈チョコ難度1☆☆☆☆★〉
4_202401242308015_20240124230801
コピーは「ころりとまるいチョコレート饅頭」干し柿っぽい皮はチョコよりココア風味が強く黄身餡と合わせても軽いのがおいしいチョコ難。
1個あたり126kcal、神奈川県川崎市麻生区で製造。

②銀座あけぼの“ちょこっと”540円:ジャンルおかき〈チョコ難度2☆☆☆★★〉
6_202401242308017_20240124230801
アーモンドかカシューナッツにチョコを挟んだ甘じょっぱさがおいしいチョコ難。1口サイズで個包装なのも全方位贈答仕様☆
12個あたり216kcal、岐阜県岐阜市福あられ本舗製造。

ジャンルは以下の認識で作者が分類した。
おかき…もち米(サイズ大)
あられ…もち米(サイズ小)
おせんべい…うるち米
かりんとう…小麦粉と砂糖

③赤坂柿山“プチハートチョコレート”194円:ジャンルおせんべ〈チョコ難度3☆☆★★★〉
8_202401242308019_20240124230801
千鳥柄のパッケージがかわい♡ まるっとコーティングで見た目よりもチョコの押しが強くおいしいチョコ難。
1袋あたり77.6kcal、富山県南砺市で製造。

④麻布かりんと“バレンタイン限定ショコラかりんと詰合せ”648円:ジャンルかりんとう〈チョコ難度4☆★★★★〉
10_2024012423080111_20240124230901
苺ショコラかりんと&ミルクショコラかりんと&ホワイトショコラかりんとの3袋が花柄パッケージにまとめられたセット。苺は苺風味が強いがそれぞれスパイスのごまとシナモンの香りがグー(`・ω・´)bでおいしいチョコ難。
1袋あたり265kcal、記載は販売者のみ。

⑤鎌倉五郎本店“鎌倉チョコサンドだょ”2P270円:ジャンルゴーフレットせんべい〈チョコ難度5★★★★★〉
12_2024012423090113_20240124230901
ふだんは半月だがチョコが入ると満月うさぎ印。ゴーフレットはフランス菓子では? というご意見には、作り手のグレープストーンが和菓子と言ってるので悲劇の和菓子認定とお答えする。けっこう歯応えのあるクランチチョコはココアビスケットとアーモンドビスケットと煎り大豆ミックスでしゃりしゃりを出した食感重視でおいしいチョコ難。
個装あたり75kcal、群馬県藤岡市藤五郎製造。

⑥和菓子村上“濃厚でなめらかなチョコ羊羹”145円2種&“加賀棒茶ショコラふくさ餅”253円:ジャンル羊羹〈チョコ難度6★★★★★★〉
14_2024012423100115_20240124231001
びっくりした。このビター、「羊羹どこ行った」「間違えて生チョコ買った?」というチョコ難度であった。なんと惜しげないチョコ難! でもカロリーは抹茶ショコラのがわずかに高いという。抹茶は「羊羹の抹茶ショコラ味◎」という安定感。ふくさ餅はほのかに加賀棒茶の香りがしてもちもちで控えめでおいしいチョコ難だった。
ビター151kcal、抹茶ショコラ153kcal、ふくさ餅198kcal、石川県金沢市で製造。


まとめ1:デパ地下でおいしいものが手に入る世界は風前の灯?
令和時代においては「百貨店の閉店ラッシュ」と「百貨店はオワコン説」が叫ばれてるらしい。インフラと物流は平和と安全の象徴であり、その凝縮型がデパート特にデパ地下だった。もちろんショッピングモールもアンテナショップも大型書店もレコード店も個人輸入店もセレクトショップもオンライン通販も平和の表現型である。ただデパ地下は物体としてぎゅうぎゅうなのだ。なんでぎゅうぎゅうなのかと言えばココが駅ビルだからである。ただそれだけである。徒歩電車バスだけで移動できる街がいいか、クルマ移動な街がいいか、というだけの話だ。スペースがないから高層建築になり「街のシンボル」とか呼ばれてただけで、クルマ社会だと店舗は横に広がるので画になりづらい=視覚イメージとしてシンボルとは認識されない、ということだ。建築物と記憶(行為および思い出)の間にネットワークが通ってるわけじゃない。それぞれ一長一短である。序列をつけなくていい。ただ今の内だろうな、とお買い物すればよい。

まとめ2:カカオポリフェノールが花粉症の症状を緩和するよの西洋医学VS糖分が多いチョコはアレルギー症状悪化するから避けろの東洋医学
2月にチョコレート商戦が展開されるのは花粉症大流行の関東エリアでは理にかなってると言えるかもしれない。東洋医学は真っ向から対立するご意見だが。まあどちらにしろ厳選して少しにしとけ、ということだ。

おまけ:チョコ難和菓子のおともに加賀棒茶。ふくさ餅と香りかぶりだったが。香りが飛んでしまうので開封後はやく飲み切りたいときは、ほうじ茶オレにしたりほうじ茶漬けにしたりしてもぐっ(`・ω・´)b。

16_20240124231001
平和の象徴・成城石井でも取り扱ってて便利☆

BGMはBill Evans×Jim Hall『My Funny Valentine』
アンダーカレント

« 映画『枯れ葉』 | トップページ | 湘南モノレールに乗って »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画『枯れ葉』 | トップページ | 湘南モノレールに乗って »

無料ブログはココログ